TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ おぎやはぎ・矢作が、加藤浩次を先輩扱いしなくなったワケ

おぎやはぎ・矢作が、加藤浩次を先輩扱いしなくなったワケ

2009.07.18 (Sat)
おぎやはぎ BEST LIVE 「JACK POT」 [DVD]2009年07月17日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、イケてなかった高校時代の夏休みについて話されていた。そこでさらに、若手芸人時代のおぎやはぎ・矢作と一緒に海に行ったときの話もされていた。

「まだ、全然売れてなかった頃だよ。矢作と海に行ったんだよ。あいつも背中にシミみたいなのがあってな、汚いんだよ。海が似合わない。その二人で海に行った」

「俺の家から、双眼鏡を持って行ったんだ。その双眼鏡で、海を背にして砂浜の方を覗くんだ。それで、砂浜にいる女たちを見てた。それに気づいた女たちが『キャー!気持ち悪い』って声を上げた。それで、矢作を女たちの方に行かせる」

「それで、さっき悲鳴をあげた女たちに、『あの…さっき、あなたたちのこと可愛いと思って、覗いてたんですけど…』と言わせて、ナンパさせた。もちろん、そこでも『気持ち悪い』と言われていた」と話していた。

さらに、そこから以下のようなことがあったそうだ。

「当時はまだ、先輩後輩みたいのがあるからさ、ナンパしてこいって言われたら、それに従わなければならなかったわけですよ。それからしばらく、矢作はナンパを続けた。それから3時間くらいたってからかな、矢作が俺のところへ帰ってきた。そうしたら、俺は完全に寝てたんだよ」

「矢作は、『加藤さんが見てるから、おもしろがって見てくれているんだろうから』と思ってナンパを続けてたのに、帰ってきたら寝てるんだよ。しかも、周りにはカラスが囲んでいた。まさか死臭でもしてたのかって感じでさ」

「そこからかな、今までは先輩扱いしてたんだけど、それからは、俺のことを『浩次くん」とか呼ぶのに抵抗がなくなったみたい。ダメな人なんだって、そう思ったみたい。そんな先輩、敬う必要がなくなった、とか思ったのかな」と加藤は話していた。

【関連記事】
ナイナイ岡村 「マネージャーに甘えすぎな一面」

加藤浩次 イタイ恋愛を告白


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:爆笑問題・太田が、田原俊彦に説教

前の記事:加藤浩次 「イケてない子供時代」