TOPやりすぎコージー ≫ 千原ジュニア、三又又三にトークをパクられる

千原ジュニア、三又又三にトークをパクられる

2009.07.14 (Tue)
やりすぎコージーDVD-BOX 92009年07月13日放送の「やりすぎコージー」にて、ノッチが『ボキャブラ天国』全盛期での危機について話していた。

「『ボキャブラ天国』のメンバーと、一緒に営業へ行くことになったんです。そのとき、乗っていたバスが急に対向車線を走り始めたんですよ。変だな、と思って運転手の方をみると、首が妙に傾いていた」

「何だこれは、と思って慌てて運転手の方に向かうと、口から泡を吹いていた。それで、『これは運転手が意識を失っている!』って分かったんです。それで、僕がハンドルを切って車線を戻して、ギアをシフトして、サイドブレーキをかけて停車させた」

「まるで、『スピード』のキヌア・リーブスのようだった」とノッチは語っていた。だが、話はこれで終わらなかった。以下のような後日談があったそうだ。

「実は、この話をまるで自分が体験して、自分で車を停車させたみたいに、三又又三が『踊る!さんま御殿!!』で話していた」と、ノッチがトーク内容をパクられた、と話していた。

このことに関して、同じく"被害者"である千原ジュニアは、「俺も三又又三に、トークをパクられた。しかも、同じように『踊る!さんま御殿!!』で話されてしまった」と語っていた。どうやら三又又三は、見聞きしたトーク内容を、あたかも自分で体験し、トーク内容を作り上げたかのように、パクって他番組で語っているようだ。

「しかも、そのパクったトークで、『今週の踊る!ヒット賞』をとっていた」と、口惜しいことになっていたそうだ。

【関連記事】
千原ジュニアと内田裕也の出会い

松本人志の結婚祝いパーティーでスベるジャリズム・山下


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  やりすぎコージー
次の記事:爆笑問題・太田が、自己嫌悪に陥ったワケ

前の記事:千原ジュニアと内田裕也の出会い