TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次 「金を持つようになって、よゐこ有野が変わった」

加藤浩次 「金を持つようになって、よゐこ有野が変わった」

2009.07.11 (Sat)
コンティニューvol.362009年07月10日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、最近のよゐこ・有野の様子について語られていた。話の発端は、加藤がWiiスポーツ リゾートを購入し、最近のゲームの進化を実感した、ということだった。

「最近のゲームは、本当にテクノロジーが凄い。その一方で、昔のゲームも根強いファンがいる。それ(昔のゲーム)を使って、儲けているのがよゐこ・有野だよな。ゲームセンターCXのDVD、ものすごい売れてるんでしょ?」と皮肉混じりに話し始めた。

「最近、顔が全然違うもん。余裕出てきちゃって。一時期と、全く違うね。金があると、余裕が出てくるんだよね。何にも怖くないから、おかしなことを始めているからね」と、有野の最近の変化について話していた。

「水曜日、めちゃイケの収録で集まった。そのときに、レーズンパンが出てきたんだよ。それで、岡村が軽いボケで、有野に『レーズン付けておけよ』と言っていた。それは、有野の首に大きめのホクロがあるから、そういうボケをした」と、そのときの流れについて話していた。

それ以降の流れは、以下のようなものだった。

「みんな、有野の死にボクロに注目するじゃん。そうしたら、いつのまにかホクロが無くなってたんだよ。のど仏の近くのホクロが。たぶん、俺が『死にボクロ』って命名したと思うんだけどさ。『あのホクロには触れてはならない。触れると8つの不幸が訪れる』って噂つきで付けたんだ」と、有野のホクロについて語っていた。

「そのホクロが無いわけですよ。そうしたら、『どうしたんだよ?有野』ってなるじゃん。有野は『少しずつ除去していた。レーザーで、ホクロを除去する手術を受けた』と話していた」

「有野は『徐々に消えていったから、いつみんな気づくかな、と思って。ホクロって、実は中が結構深くある。だから、それをレーザーで色素を少しずつ消していく必要がある。だから、数週間かけて、少しずつ消していった。結構、痛かった』と言っていた」と、加藤は話していた。

「トレードマークを、いつの間にか無くしていた。今まで気づかなかった。人の目って、そんなもんなのな。髪を切って、失敗したなって自分では思っても、周りは全然気づいていないってことが結構あるんだよな。自意識過剰っていうか」

「お金を持ちだしたから、そういう変なことをしだすんだよな。だから、もうどんどん整形していけばいいのに。二重にしたりとかさ。…なんで、ホクロをとったのかな」と、有野のホクロ除去について語っていた。

【関連記事】
よゐこ・有野 首のホクロ除去手術を受けていた

加藤浩次と濱口優が心配する、有野の変貌っぷり


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:爆笑問題・田中 MR.BRAINの打ち上げに緊張する

前の記事:加藤浩次 「相方・山本との大阪ロケの思い出」