TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 南キャン山里、バカリズムとともに本仮屋ユイカを絶賛「ああいう子と結婚したい」

南キャン山里、バカリズムとともに本仮屋ユイカを絶賛「ああいう子と結婚したい」

2014.09.04 (Thu)
2014年9月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、女優・本仮屋ユイカについて絶賛していた。

本仮屋ユイカ 写真集 『 AIR 』
本仮屋ユイカ 写真集 『 AIR 』

NHK総合テレビ『伝えてピカッチ』で共演したところ、本仮屋ユイカが7歳の子供に「まだ、お正月7回しか迎えてないんだ」と言ったという。そこでバカリズムは、「お正月7回っていうってことは、家族で集まる楽しい日っていう認識がある、と。その楽しい日っていうのを、お正月って出すことによって、家族は絶対に優しいし、家族にも優しくしてるはずだ」とプロファイリングを行い、良い家庭で育ってきた感じがする、と語っていたという。

番組に関してもよく観ており、出演者の山里たちが思いもよらなかった分析を披露しており、しっかりと番組のファンであることも伝わってきたそうだ。

こうしたことから、「ああいう子と結婚したい」とバカリズムとともに言い合っていたという。「本仮屋ユイカ、最強説」と、現在イチオシであると山里は語っていた。

山里亮太:本仮屋ユイカちゃん、『ピカッチ』来たとき、本当に可愛かったわ。何が良いって、絶対に良い家庭に育ってる感じが凄いのよ。

たとえば、その日、本仮屋ユイカちゃんチームと、対戦相手の俺らのところに、7歳の男の子がいてね。「へぇ、7歳なんだ…じゃあ、まだお正月7回しか迎えてないの?」って言ったの。

ここなんですよ。バカリズムさんと喋ってて、本仮屋ユイカが、いかに可愛いかって。バカリさんのプロファイリングが凄いなって思ったんだけど、あそこで「誕生日7回」って言うのは、結構、自分中心というか、祝ってもらえてる。真ん中の人間の発想になる、と。

お正月7回っていうってことは、家族で集まる楽しい日っていう認識がある、と。その楽しい日っていうのを、お正月って出すことによって、家族は絶対に優しいし、家族にも優しくしてるはずだ、っていうプロファイリングされて。

あと、『ピカッチ』をめっちゃ観てるっていう。大体、芸能人なんていうのは、「観てます」って絶対に言うんですよ。これは大人として当たり前ですよ。でも、「観てます」って言って、あんまり観てない人、多いのよ。

一番それが素敵だったのは、大島麻衣ちゃんね。大島麻衣ちゃんは、「『三色ショッピング』、いつも観てます」って言って、ボール出したときに、「何それ?」って言いましたからね(笑)

その逆パターンよね。何が凄いって、バカリズムさんの凄さを分析するっていうところを、俺達が知らないところまで分析してんのよ。バカリズムさんの指示の出し方とか、立ち居振る舞い方とか。

結果、バカリズムさんとなった話が、「ああいう子と結婚したい」って話になって。その逆に、ああいう子に、どんな人と結婚したくないかって話になったら、「野球選手とか、役者さんとかはイヤだな」って。「バカリさん、芸人はどうですか?」「芸人はイヤでしょ。だって、ひょっとしたら俺達もイケたかもしれないってなるじゃん」って。

それで、バカリさんと「一番結婚して欲しくない芸人は誰か?」って、同時に言ったら、「せーのっ、若林!」ってなったの(笑)「俺、一緒にやってたのに」ってなるからね。…本仮屋ユイカ、最強説ね。

【関連記事】
千原ジュニア、本仮屋ユイカに冷たい態度をしてしまい後悔「せっかく待っててくれたのに」

南キャン山里、田中みな実と和解していた「何もなかったかのような態度」

南キャン山里、バラエティでの活躍が光る おのののかを絶賛「コメントが上手い」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 南海キャンディーズ,山里亮太,本仮屋ユイカ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:TMR西川貴教、AKB渡辺麻友をゲストに迎え緊張「AKSからの視線が…」

前の記事:南キャン山里、おぎやはぎ・バナナマンの合同ラジオ企画に乱入「ハライチ澤部の登場を台無しに」