TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、江角マキコの長嶋一茂 宅の落書き問題に「『私の何がイケないの?』って言ったの?」

爆笑問題・太田、江角マキコの長嶋一茂 宅の落書き問題に「『私の何がイケないの?』って言ったの?」

2014.09.03 (Wed)
2014年9月2日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、女優・江角マキコによるタレント・長嶋一茂の自宅外壁に「バカ息子」などと落書きさせたと報じられた問題について語っていた。

爆笑問題『2014年度版 漫才 爆笑問題のツーショット』


これは、江角が2012年12月、マネージャーに長嶋一茂 宅に「バカ息子」などとスプレーで書かせたと報じられている問題で、週刊文春に記事が掲載された。マネージャーは、江角が今春まで所属していた大手芸能事務所の社員で、同誌では落書きを認めるようなコメントを行っている。

太田は番組の冒頭、「江角マキコの友達の馬鹿ジュニアです」といつものように時事を交えた自己紹介を行っていた。田中も驚いたというこの記事。太田はさらに「俺も、あの手があったかってね。俺もマネージャーに頼んでね、お前の家の壁に『片タマ』って書いてやろうかと」と追い打ちを掛けた。

田中は、「発想として、まずないじゃないですか。どんなにムカついてても。直接ぶん殴っちゃった、ならまだ分かりますけども」と、スプレーで外壁に落書きするというイタズラの方法が凄いと指摘していた。

さらに田中は、江角マキコがくりぃむしちゅー・有田哲平とMCを務めるTBS系の番組『私の何がイケないの?』に絡め、「『私の何がイケないの?』って番組もやってますけどね」と、ややもすると高圧的なイメージのある江角が言いそうな、開き直ったかのような発言について皮肉った。太田も、「『私の何がイケないの?』って言ってるの?」とさらに応じて、この一件について爆笑問題らしい時事ネタのやりとりを行っていた。

田中裕二:どうも皆さん、こんばんは。爆笑問題の田中裕二です。

太田光:江角マキコの友達の馬鹿ジュニアです。

田中裕二:はっはっはっ(笑)ビックリですね。

太田光:俺も、あの手があったかってね。俺もマネージャーに頼んでね、お前の家の壁に「片タマ」って書いてやろうかと。

田中裕二:ふふ(笑)お前のマネージャーでもあり、俺のマネージャーでもあるから(笑)ダメでしょ、それは。

太田光:マネージャーに頼んで、「片タマ野郎」って。

田中裕二:やるわけないでしょ(笑)あんなことがあるんですね。ビックリしましたね。

太田光:驚きましたよ。面白い。

田中裕二:我々は面白いとしか見れないですけどね。大変なことでしょ。

太田光:大変なことですよ。

田中裕二:なかなか…

太田光:その嫌がらせはないですよね(笑)

田中裕二:ドラマ以外でね。

太田光:しかもニューヨークの黒人がやりそうな。

田中裕二:それはアートみたいなね(笑)そういうのもあるけど。しかも、有名人の人がっていうね(笑)

太田光:発想が凄い。

田中裕二:発想として、まずないじゃないですか。どんなにムカついてても。直接ぶん殴っちゃった、ならまだ分かりますけども。それは良くないことだけど、まだ分かりますよ。

太田光:凄いよね。

田中裕二:『私の何がイケないの?』って番組もやってますけどね(笑)

太田光:そうですか。「私の何がイケないの?」って言ってるの?

田中裕二:言ってたら大変ですよ(笑)そんなこと言ったら(笑)今回のことで、コメントは出してらっしゃらないと思いますよ。

太田光:開き直っちゃって?

田中裕二:そのことと関係なく、番組をやってるんですよ(笑)

【関連記事】
ナイナイ岡村、江角マキコにファッションチェックでダメ出しされる「そのTシャツで銀座はダメ」

ナイナイ・岡村「森三中・黒沢との恋愛を悩む」

ナイナイ岡村、岩城滉一を怒らせた後に逃げ回っていたと告白「会わないようにスタッフに依頼」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 江角マキコ,長嶋一茂,爆笑問題,太田光,田中裕二,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題カーボーイ、17年続けた小塙ディレクターが退任「子供の頃に聴いていた新ディレクター」

前の記事:バイきんぐ小峠、千原ジュニアのことが好き過ぎると告白「ジュニアさんを肴に飲んでベロベロに」