TOPTENGA presents Midnight World Cafe~TENGA 茶屋~ ≫ ケンドーコバヤシ、お笑いの実力と芸人としての成功は比例しないと語る「お笑いの実力は最低限なこと」

ケンドーコバヤシ、お笑いの実力と芸人としての成功は比例しないと語る「お笑いの実力は最低限なこと」

2014.08.23 (Sat)
2014年8月16日放送のFM OSAKAの番組『TENGApresents Midnight World Cafe~TENGA 茶屋~』(毎週土 25:30 - 26:30)にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、お笑いの実力と芸人としての成功は比例しない、と語っていた。

緊急特別番組 容疑者ケンドーコバヤシ逮捕 ~事件の真相に迫る・完全版~
緊急特別番組 容疑者ケンドーコバヤシ逮捕  ~事件の真相に迫る・完全版~ [DVD]

ケンドーコバヤシは、「お笑いの実力は最低限なことで、それがどうこうというのはもっと上のステージにはあるのかもしれないけど…あまり人生を左右するというほどでもないという、寂しさがあるから」と語っており、必ずしもお笑い芸人としての実力があることで、売れていくとは言えない、と語っていた。

さらに、同期での具体例で「現に、ウチの同期でいったら、たむけん(たむらけんじ)や陣内(智則)なんかは、実力は最悪だったから。それなのに仕事に溢れてるじゃないか」「俺と中川家の礼二ぐらいだったかな、多少みどころがあったのは」と語っており、現在、売れている芸人も、お笑い芸人としての実力があるわけではない、と指摘していた。

天竺鼠・川原克己:河合のことは、トータルで後輩だと思っています。

アインシュタイン・河合ゆずる:言うな、そういうこと。

ケンドーコバヤシ:同等とは見ていない?

川原克己:はい。

河合ゆずる:言うなって(笑)

川原克己:「何が同期やねん」と思いますけどね。

ケンドーコバヤシ:うん。

河合ゆずる:言うな、そういうこと。

ケンドーコバヤシ:どういうことを総合して、同期って見てないんだ?

川原克己:もちろん、お笑いの実力は、やっぱり下ですよね。

河合ゆずる:お前、やめろよ。

ケンドーコバヤシ:実力か?

川原克己:はい。

ケンドーコバヤシ:実力で言っているのか?

天竺鼠川原克己:はい。

ケンドーコバヤシ:これは、河合を援護するとは思わないで欲しいねんけど…

アインシュタイン河合ゆずる:はい。

ケンドーコバヤシ:お前を責めているとも思わんでな。

アインシュタイン河合ゆずる:はい。

ケンドーコバヤシ:お笑いの実力は最低限なことで、それがどうこうというのはもっと上のステージにはあるのかもしれないけど…あまり人生を左右するというほどでもないという、寂しさがあるからな。

アインシュタイン河合ゆずる:うん。

ケンドーコバヤシ:現に、ウチの同期で言ったら、たむけん(たむらけんじ)や陣内(智則)なんかは、実力は最悪だったから。それなのに仕事に溢れてるじゃないか。

河合ゆずる:そうですね。

ケンドーコバヤシ:うん。お前らからしたら、お世話になっている先輩だから言えへんだろうけど、お笑いの実力は、白帯や。

河合ゆずる:ははは(笑)

川原克己:ははは(笑)

ケンドーコバヤシ:俺と中川家の礼二ぐらいだったかな、多少みどころがあったのは。

稲田直樹:こちらからは何とも言えないです。

ケンドーコバヤシ:何とも言えないよな。黒帯とは言わないよ、自分のことだから。ただ5月くらいには見えたもんな、多少やれるのは俺と礼二ぐらいだな、と。

アインシュタイン河合ゆずる:ははは(笑)

ケンドーコバヤシ:思ったことを全部言えよ。

河合ゆずる:自分で言うんだな、と(笑)

川原克己:タムケンさんに関しては、たぶん帯もしていないですよね。

河合ゆずる:そんなこと言うなよ。戦おうともしていないみたいな。

ケンドーコバヤシ:座って見ているみたいな(笑)

河合ゆずる:ははは(笑)そんなことないでしょ。

ケンドーコバヤシ:ははは(笑)

河合ゆずる:そんなことないですよ。それはしっかり帯を締めていますよ。

ケンドーコバヤシ:蝶々結びをしていたけどな(笑)

河合ゆずる:ははは(笑)

川原克己:結び方を知らないんですね。

ケンドーコバヤシ:だんご結びとか蝶々結びとか。

河合ゆずる:本当に、このラジオで毎週のようにたむけんさんと陣内さんのことをイジってますけど、聞かれたら本当に喧嘩になりますよ(笑)いないところで。

ケンドーコバヤシ:まぁなぁ。喧嘩は嫌だな。あの2人との喧嘩がいや理由は、それぞれあるんだよ。

河合ゆずる:何ですか?

ケンドーコバヤシ:たむけんはデカイ、骨格が。

アインシュタイン河合ゆずる:単純に。

川原克己:骨太だし。

ケンドーコバヤシ:そうそう。骨太の奴は、パンチが強いから。

河合ゆずる:ははは(笑)本当の喧嘩をするとなったら、ですね。

ケンドーコバヤシ:陣内は小さいけど、気が強い。

河合ゆずる:ああ。

ケンドーコバヤシ:負けたと言わないから長引く。

川原克己:本当に喧嘩の話をしていたんですね。

ケンドーコバヤシ:そう(笑)だから喧嘩はしたくない。

【関連記事】
ケンドーコバヤシ、彼氏連れで「写真撮ってください」と言う女性の感覚に疑問「2人の世界におれや」

ケンドーコバヤシ、上京した理由は関西での仕事が無くなったからと発言「俺は、東京に逃げた」

ケンドーコバヤシ、小籔千豊のような口調になりゾッとする「お国のためになってから結婚せぇ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ケンドーコバヤシ,たむらけんじ,陣内智則,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  TENGA presents Midnight World Cafe~TENGA 茶屋~
次の記事:ケンドーコバヤシ、女性タレントにキスシーンを完全拒否された後輩芸人に同情「怯えて事務所社長に電話」

前の記事:ウーマン村本、『ナイナイのANN』終了に「枠が空いてヨダレが止まらない」発言で炎上