TOPナイナイのANN/岡村隆史のANN ≫ ナイナイ岡村、ALSチャリティ「アイス・バケツ・チャレンジ」に違和感「本質とはズレてきてる」

ナイナイ岡村、ALSチャリティ「アイス・バケツ・チャレンジ」に違和感「本質とはズレてきてる」

2014.08.22 (Fri)
2014年8月21日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(毎週木 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の認知および支援を目的としたチャリティーの一環として行われている「The Ice Bucket Challenge(アイス・バケツ・チャレンジ)」について違和感を感じている様子だった。

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6
ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 207)

日本でも孫正義、ホリエモン、秋元康などの著名人が行っていることでも話題となったが、岡村隆史、矢部浩之はまだ指名されていないという。

岡村は、「本質とは、ちょっとズレてきてるんちゃうかなって」と語っており、さらには「ALSの認知度向上ということに関しては良いと思いますけど、なんかちょっとなぁって思いますけどね」と、チャリティの本質とズレたところでの盛り上がりを見せている、と指摘していた。

さらに、「もう選択してないじゃないですか。かぶることが…かぶりたいってところがあって。かぶって、また寄付もしてるし」と、チャリティ以外に、自身が注目を集めるために行われてる部分もあるのではないか、という側面もあるのではないか、と岡村は語っていた。

リスナーメール:今、世界的に「アイス・バケツ・チャレンジ」というものが大流行している。

欧米から始まったこのチャレンジは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の認知度向上のためのキャンペーンで、指名された人は、24時間いないに氷水をかぶるか、100ドルを寄付するか選択し、氷水をかぶった場合、次にチャレンジする3人を指名しなければならない。

この大流行は、ビル・ゲイツ、レディー・ガガなどの欧米の有名人たちが氷水をかぶる動画をアップすると、一気に広がり、日本でも孫正義、ホリエモン、秋元康などの多数の有名人が氷水をかぶった上で、100ドルも寄付している。

サッカー界でも広がりをみせており、ロナウド、ネイマール、メッシもチャレンジし、中でもネイマールはチャレンジ後にコロンビア代表のスニガを指名し、因縁の2人の共闘が実現したと話題を呼んでいる。

岡村さん、矢部さんはこのチャレンジの指名は来ていませんか?

岡村隆史:来ていません。

矢部浩之:来てないね。

岡村隆史:今、めちゃくちゃ大流行してますよね。

矢部浩之:凄いね。

岡村隆史:でも、ちょっと変な感じやな。

矢部浩之:そうですね。

岡村隆史:あんまり言うと、またアレなんで…ミッフィーですけどもね。お口、ミッフィーさせてもらいますけど。

矢部浩之:そうよ。

岡村隆史:本質とは、ちょっとズレてきてるんちゃうかなって。

矢部浩之:その感覚はあるんちゃう?最初。理由・目的を聞いて、「なるほど」と。

岡村隆史:ALSの認知度向上ということに関しては良いと思いますけど、なんか「ちょっとなぁ」って思いますけどね。

矢部浩之:うん。でも、指名されたらね。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:名前挙げられたら…

岡村隆史:でも、十分広がってるしね。こんだけ大流行してれば…大流行?パフォーマンスが大流行?…なんかなぁ。

矢部浩之:目的は表現されてますけど。

岡村隆史:うーん…ちょっとなぁ。なんか、ちょっと違う気がすんねんなぁ。あんまり言わへんけど。レディー・ガガの見たけど、黙ってかけてた。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:これ、指名されんかっても、やっても良いの?だって、指名されて回ってきてるもんちゃうの?

矢部浩之:そうされてるよね。

岡村隆史:指名されてないにも関わらず、勝手に始めて、誰かを指名するのおかしない?

矢部浩之:指名されてない人もやってるんちゃうかな。そっから指名しだしたり。

岡村隆史:認知度向上のために、自ら氷水かぶって、指名しはんねん。それ、変やな。…アレ、変だな。おかしいな。…ってなれへん?なんかで見て、たとえばレディー・ガガの動画観て、「こんなんあんねや」って。でも、レディー・ガガは全然違う人指名してるわけやん。それでも、レディー・ガガのヤツ観て氷水かぶって、3人指名するって(笑)なんか、システム的に変な感じじゃない?

矢部浩之:うん。

岡村隆史:指名された人、「ワー」ってなれへんかな?

矢部浩之:なってる人もいるでしょう。

岡村隆史:エエのか?自分発信でやっても良いシステムになってるんやろな。

矢部浩之:指名されても、しない人もいるでしょうね。

岡村隆史:みんな、もう選択してないじゃないですか。かぶることが…かぶりたいってところがあって。かぶって、また寄付もしてるし。

矢部浩之:100ドルね。お金持ってる方はね。

岡村隆史:うーん…って。パフォーマンス先行型やからね。

矢部浩之:こういうのに、慣れへんからやろな。

岡村隆史:こういう文化が、日本にないもので…それがスっと入ってくるから。そう考えたときに、「アレ?変だな?おかしいな」ってなっちゃうよね。

【関連記事】
ナイナイ岡村、野々村竜太郎 議員の号泣会見に「芸人養成所の教材にすべき」

『ナインティナインのオールナイトニッポン』が9月25日をもって終了も岡村「来週、聴いてもらったらわかります」

岡村隆史「『明日、ママがいない』が中止になったらテレビの未来はない」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ナインティナイン,岡村隆史,アイス・バケツ・チャレンジ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN
次の記事:ナイナイ矢部、「常滑親善大使」から知らぬ間に降ろされていて残念「お知らせとかない」

前の記事:『ナインティナインのオールナイトニッポン』が9月25日をもって終了も岡村「来週、聴いてもらったらわかります」