TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 南キャン山里、DDTプロレス肛門爆破マッチの真相を激白「俺の爆破で華を添えられるなら」

南キャン山里、DDTプロレス肛門爆破マッチの真相を激白「俺の爆破で華を添えられるなら」

2014.08.21 (Thu)
2014年8月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、17日に両国国技館で行われたDDTプロレスの「両国ピーターパン2014 人生変えちゃう夏かもね」で、男色ディーノの代わりにリングに立った様子について語っていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

山里は、男色ディーノが"体調不良"ということで急遽、代わりにリングに立つことになった。まずは大喜利対決でマッスル坂井と戦い、スベリ芸に逃げることもなく、真正面からぶつかりあった。

その後、ようやく復調を見せた男色ディーノが現れ、マッスル坂井vs男色ディーノの戦いの火蓋が切られることとなった。今回は、「インポータントサムシング爆破マッチ」という、互いに大事なものを賭けて、10分以内に決着が付かない場合、その大事なものが爆破されてしまうというルールであった。

ディーノは、「大事なもの」として、親友である山里の肛門を挙げた。また、マッスル坂井も「親友である男色ディーノの大事にしている山里の肛門」を大事なものとして挙げ、いずれにせよ10分以内に決着が付かない場合、山里の肛門は爆破されてしまうということになっていた。

時間ロスや、「良い試合って、実はスローに見える。ということは、最初からスローにしたら、めちゃくちゃ良い試合に見えるんじゃないかってことで始めた」ということから"スロー展開な試合"が行われたことで、あえなく10分が過ぎ、結果、山里の肛門は爆破されてしまった。

多くの控え選手が見守る中、「もう、爆破は避けれない。俺の爆破で華を添えられるならって。尻に刺されて爆破されるわけですよ」と腹をくくった山里は、刺されるロケット花火を受け入れ、衝撃と痛みに耐えるしかなかった。

だが、ゲイレスラー・男色ディーノの親友ということもあってか、山里は「これがね…悪くない。プレイとして良いのかなって」と何かしらに目覚めたのではないか、ということを発言していた。

山里亮太:(マッスル坂井との)大喜利対決がまず、始まるんだけど。それで、坂井選手が、大喜利がめっちゃ強いのよ。これ聴いてたら、来週、大喜利甲子園っていう企画やるから、ぜひ送ってほしいんだけど。

大喜利対決するわけ。これは、ガチンコで。逃げることもできるけど。スベって、「こんなはずじゃなかった。俺が本業なのに、負けたらダサいよ」っていうアクションを2~3入れれば、スベりキャラの方で、大喜利を逃げることができるの。

でも、その時に変な使命感があるんだけど。俺がもしここで、大喜利をスベって逃げるってやると、「今、みんなが俺をディーノだと思ってるのに、男色ディーノをスベらせることになっちゃう」っていう変な責任感があって。

正直、いつもだったら最初のお題に関しては、圧倒的にマッスル坂井選手がウケてるの。一個目の答えを出しあったときに、マッスル坂井選手がウケてるから。俺のヤツが、そんなにウケてなくて、ポイントもそんなに獲れなかったの。

本来なら、そこでスベりキャラで逃げるんだけどね。でも、男色ディーノのベルトに、俺が泥を塗るのは親友としてどうなんだろうって思って。ノーリアクションでいったの。それで次のお題で、どんどんポイントが動き出して。

大喜利に答えてるじゃん。俺にポイントが入らないと、セコンドの大石真翔選手が「ディーノ、どうしたんだよ!」って言うわけ。それで、俺がペンで書いてて、マッスル坂井選手が答えてたら、「ディーノ!急げディーノ!」って言うの。もう、1秒1秒が幸せで。その時には忘れてたよ、俺の肛門が10分後に爆破されるって。

早くディーノ選手が来なきゃいけないわけ。最後の最後、答えてポイントが入った瞬間に、マッスル坂井選手が、「この大喜利のキレ…さては、お前、ディーノじゃないな!」って言うの。

その時に、カッコイイんだよなぁ。俺は、「今、気づいたの?」って言うわけ。そしたら、セコンドの大石真翔選手が悔しそうにリングを叩きながら「なに!」って。お客さんが一斉に何をするか。「えー!」って。「ディーノじゃなかったんだ!」って。

「貴様、だましやがって!」って倒されて。STFっていう必殺技で、関節技をかけられてる時に、「待て!」って声が聞こえるわけよ。そしたら本物のディーノ選手が来るわけ。そしたら、客席が「ウワー!」って。俺も「ディーノ!」って。

「改めまして、男色ディーノ!」って紹介されたとき、紙テープが飛ばないのよ。なんでか分かる?全部、俺に使っちゃってるから(南キャン山里、DDTプロレスファンがレスラーと一緒にプロレスを作り上げる精神に感動「泣きそうになった」)。

紙テープがこないっていうことは、全員、男色ディーノファンも俺に紙テープを使ってるっていうことだから。凄くない?

それで、ディーノ選手が戦うわけ。時計を見たら、あと3分で肛門が爆破されちゃうんですよ。それで、連れてかれて。「ディーノ、信じてる!」って。それで、戦いが凄いの。スローなの(笑)

スローで戦ってて。情熱大陸のテーマ『エトピリカ』に合わせて。ゆっくり戦うの。それで、あえなく爆破セレモニーの時間がくるわけですよ。

元々、このスローっていうプロレスを取り入れたのは、マッスル坂井選手で。理由は、めちゃくちゃ良い試合って、実はスローに見える。ということは、最初からスローにしたら、めちゃくちゃ良い試合に見えるんじゃないかってことで始めたっていうね(笑)

10分経ってしまう。爆破セレモニーですよ。俺はそのまま、星誕期(偉真智)選手とかに連れていかれてね。両国の外ですよ。尻にロケット花火を刺されて。その時、映ってないんですけど、練習生とか、手の空いてるレスラー、実は全員来てるんです。僕の周りに。

僕が刺されてる。羽交い締めにされてね。その悲鳴に重なるデッカイ声で、試合してないレスラーの人たち、練習生の人たちが、「山里さん、生き様、見届けさせてもらいます!」って。「プロレスを一緒に盛り上げてもらってありがとうございます!俺たちも頑張ります!」って、口々に言ってるんだよ。

それで、時間がない人は、「最後まで見れませんけど、ありがとうございました!」って入れ替わっていくわけ。これはもう、爆破は避けれない。俺の爆破で華を添えられるならって。尻に刺されて爆破されるわけですよ。

めっちゃ痛いよ。めっちゃ熱い。だけどね、親友の命をかけた試合に華を添えられるならって。正直、今も痛い。でもね、なんだろうな…ぶっ刺されて。ロケット花火を肛門にぶっ刺されて、火をつけられて爆破されるんだよ。

これがね…悪くない。プレイとして良いのかなって(笑)

【関連記事】
南キャン山里、男色ディーノの代わりにリングに立った経緯を説明「時間を繋いでくれ、と」

南キャン山里、DDTプロレスファンがレスラーと一緒にプロレスを作り上げる精神に感動「泣きそうになった」

南キャン山里、男色ディーノとマッスル坂井という2人の天才の違いを解説「山里とオードリー若林」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,,マッスル坂井,男色ディーノ,DDTプロレス,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:南キャン山里、鈴木みのるの一言に感動「俺の試合の方が、もっとカッコ良いけどな」

前の記事:南キャン山里、男色ディーノとマッスル坂井という2人の天才の違いを解説「山里とオードリー若林」