TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 南キャン山里、男色ディーノの代わりにリングに立った経緯を説明「時間を繋いでくれ、と」

南キャン山里、男色ディーノの代わりにリングに立った経緯を説明「時間を繋いでくれ、と」

2014.08.21 (Thu)
2014年8月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、17日に両国国技館で行われたDDTプロレスの「両国ピーターパン2014 人生変えちゃう夏かもね」で、男色ディーノの代わりにリングに立った理由について語っていた。

キングオブプロレスリング 男色ディーノ
キングオブプロレスリング/第4弾BT04-052/C/男色ディーノ/ファイト一発!/レスラー

男色ディーノとマッスル坂井選手が戦うタイトルマッチで、山里は立会人を務めることとなっていた。当初は仕事が入っており、観戦できなかったのだが、急遽、その仕事がなくなったため、行けると男色ディーノに伝えたところ、「立会人をやってくれ」と頼まれたという。

親友の頼みであることもあり、山里は二つ返事で了承。インタビュアーを行うのかと思っていたところ、男色ディーノの調子が優れなかったという。トイレに駆け込もうとする男色ディーノは、自身の履いていた衣装を山里に渡し、「時間を稼いでくれ」と依頼した。

山里は戸惑ったが、迷った末にリングに向かうこととなったという。結果、「インポータントサムシング爆破マッチ」で互いに大事なものを賭けて試合時間10分を超えると、その大事なものが爆破されるという試合で、男色ディーノが大事なものとして挙げた山里の肛門は"爆破"されることとなってしまった。

山里亮太:肛門が爆破されちゃったんですけども。なんでそんなことになったかというと、17日の日曜日に、両国国技館で開催されました、DDTプロレス。「両国ピーターパン2014 人生変えちゃう夏かもね」ってことで、プロレスの興行があったんですよ。

両国国技館を、前売りで完売。そこで、なぜ私の肛門が爆破されたかというと…僕の親友である男色ディーノ選手。ここでも何回か言ってますけど、DDTプロレスの看板ゲイレスラーでございますけども。男色ディーノ選手が、試合をするということになりまして。

なんとか観に行きたいなぁって思ってたんですけど、その日、別の収録があるから行けないって言ってたんですけど、急遽、その収録が飛んで行けることになって。その連絡をしたら、「じゃあ、山ちゃん、立会人やってよ」ってことになって。

男色ディーノとマッスル坂井選手が戦う試合で。プロレス…中でもエンターテイメント性の高いプロレスを表現する2大天才がね、相まみえる、と。これ、どんな試合になるかって、ファンの方々もワクワク、ドキドキして楽しみにしてる。

そんな素晴らしいカードの立会人、これはもうありがたい、と。二つ返事でやるって言いましたよ。「何したら良いの?」「来て、見守っててくれればいいから」ってことで行ったわけですけどもね。

見に行って。「こちら、マッスル坂井選手の控室前でございます。試合前の話を聞いてみましょう」なんてインタビュアーの役割をしたりとか。「どうなんですか?…なるほど、頑張ってください」みたいな。「続きまして、男色ディーノ選手の控室でございますけども…」って、そういう話を聞くっていうところが僕の仕事だと思ってるわけ。

その試合形式が斬新で。「インポータントサムシング爆破マッチ」って言って、互いの選手がそれぞれ大事なものを、10分以内に試合の決着がつかなかったら、爆破されるっていう。それは、試合の展開をスピーディーにして盛り上げるためのルールで。

そこで俺は知るわけ。男色ディーノ選手の一番大事な物。それは、私、山里亮太の肛門だ、と。それで、マッスル坂井選手の大事な物は、親友である男色ディーノの親友である山里の肛門だ、と。つまりは、10分が過ぎれば、俺の肛門が爆破されるということを、俺は立会人で行ったはずなのに、そこで知る、と。

でも、俺は親友である男色ディーノのことを信じる、と。10分以内にカタをつけてくれる、と。男色ディーノ選手はずっと言ってたの。「大丈夫よ、山ちゃん。任せてくれ」って。俺はそれを信じてたわけ。

それで、試合が始まるわけだけど、俺はディーノ選手に「頑張ってください」って送り出すと、その日、ちょっと、調子悪そうだったわけ。それで、リングに向かう途中で、トイレに駆け込んじゃうわけ。それで、駆け込む直前で、履いてたパンツを俺に託すわけよ。「時間を繋いでくれ」と。

俺は、立会人で来ただけだ。でも、これは止められない。男色ディーノの格好をして、男色ディーノの曲とともに出るわけですよ。

【関連記事】
南キャン山里、大久保佳代子をプロレスデートに誘う「うなじが美味しそうに見えた」

オードリー若林、『ダイナマイト関西』登場VTRでインタビュアーの理詰めの質問で「プロレスっぽくするの失敗」

オードリー若林、『ダイナマイト関西』でケンドーコバヤシとの対決でプロレス活かせず「怖くて立てなかった」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,男色ディーノ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:南キャン山里、DDTプロレスファンがレスラーと一緒にプロレスを作り上げる精神に感動「泣きそうになった」

前の記事:ナイナイ岡村、内村光良と21年振りに共演「初の2ショット共演」