TOPアッパレやってまーす! ≫ 千原ジュニア、高校野球で丸坊主が必要とされる理由を語る「思春期に一番イヤなことをする踏ん切り」

千原ジュニア、高校野球で丸坊主が必要とされる理由を語る「思春期に一番イヤなことをする踏ん切り」

2014.08.20 (Wed)
2014年8月19日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00 - 23:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、第96回 全国高校野球選手権を観ていて「やはり、ハンカチ王子(斎藤佑樹)は凄い」と思ったと語っていた。

『当たり前』の積み重ねが、本物になる 凡事徹底 前橋育英が甲子園を制した理由


その理由としては、「みんな汗にまみれて、土にまみれて。泥だらけになって。ホンマに泣きながらやってる中…『暑いなぁ』って、ハンカチ出して拭くって、めちゃくちゃメンタル強い」ということのようだ。

ジュニアは、「そのうち、日焼け止めを途中で行う選手も出てくるのではないか」と冗談っぽく言っていたところ、おのののかは「いつか坊主が完全にいなくなるってあるんですかね?」と疑問を呈した。

ジュニアは、「結局、『坊主じゃなかったら野球のレベルもっと上がる』って言うけど、坊主を思春期にするっていう、一番イヤなことを踏ん切られへんヤツは、踏ん切ったヤツには勝たれへんのやろな」と、甲子園で勝っていくようなチームには、それ相応の覚悟と決断が必要であり、丸坊主は、その一つの現れではないか、と指摘していた。

一方でジュニアは、「『髪の毛が長いと、なぜ野球をしてはいけないのか分からないので、辞めた』って、卒業アルバムに書いてたヤツが言うセリフちゃうけどな」と自嘲気味に言っていたが、年齢を重ねる上で、丸坊主の必要性などについて改めて思うこともあるようだ。

千原ジュニア:8点くらい一回に獲られて、結局、12-10で勝った試合もあったやん。

山本吉貴:はい、大逆転。

千原ジュニア:空気みたいなの凄い分かるな。プロ野球観てても分からん感じの。俺が観てる時は、8-4の時点やってんけど、「これ、4点の方が勝つやろな」って。押せ押せムードでな。

山本吉貴:はい。

千原ジュニア:あんな分かりやすいというか。

桂三度:へぇ。

山本吉貴:急にストレート入らんようになったりとか。

千原ジュニア:うん。

桂三度:なんでそんなに、8点もあるのに、プレッシャー掛かるのかな?

千原ジュニア:そら、5万5千人くらいから見られて、「うわぁ~」言われて…

山本吉貴:8点勝ってる方を「勝て」って思わないじゃないですか。

桂三度:うん。

山本吉貴:何も知らんかったら。ほんなら、段々、球場が。1回で4点返しましたから。「これは、ひょっとしたら」って空気になるんでしょうね。

千原ジュニア:結果、負けて…そんな汗にまみれて、土にまみれて。泥だらけになって。ホンマに泣きながらやってる中、その中でやっぱりハンカチ王子(斎藤佑樹)って、ぶっ飛んでるよな。

山本吉貴:うん(笑)

千原ジュニア:あそこで、「暑いなぁ」って、ハンカチ出して拭くって。めちゃくちゃメンタル強いよな。

桂三度:うん、急ぐこともなくね(笑)

千原ジュニア:野球選手がハンカチ持ってるって。

山本吉貴:そうですね、たしかに。もう、拭って終わりですよ。

千原ジュニア:うん。周りにも言われたやろ。「お前、なんでハンカチなん?」って。小学校の時に、オカンに「ハンカチ持って行き」って言われて、「男が、なんでそんなもん持っていかなアカンねん」って言うてた、ハンカチやで。

桂三度:うん。試合前に、「ハンカチ入れてる?」「うん、入れてる」って確認して(笑)

千原ジュニア:凄いメンタルやと思うわ。最初、「アイツ、マジか?」って思ったやろな。相手チームも。

桂三度:焦るよな(笑)

山本吉貴:「何してん?」って(笑)

千原ジュニア:「ハンカチで、汗拭いてるで」って。そのうち、そういう変わった人、出てくるんちゃう?冷えピタ王子とか。

桂三度:それはもう、体弱ってるやん(笑)ナメられるよ、敵に(笑)

千原ジュニア:サンバイザー王子とかさ(笑)

桂三度:紫外線避けて(笑)

千原ジュニア:アネッサ塗るヤツとか(笑)

山本吉貴:ピッチャーはクリームとか塗ったらダメですよ(笑)投げるときの抵抗とか変わるんで。

千原ジュニア:じゃあ、スプレーで(笑)

おのののか:でも、いつか坊主が完全にいなくなるってあるんですかね?

千原ジュニア:あぁ…あるんじゃない?

山本吉貴:髪の毛伸ばしかけて、「結局、坊主に戻りました」とかね。ありましたね。

千原ジュニア:一時ね。結局、「坊主じゃなかったら野球のレベルもっと上がる」って言うけど、坊主を思春期にするっていう、一番イヤなことを踏ん切られへんヤツは、踏ん切ったヤツには勝たれへんのやろな。

山本吉貴:なるほど。

千原ジュニア:「髪の毛が長いと、なぜ野球をしてはいけないのか分からないので、辞めた」って、卒業アルバムに書いてたヤツが言うセリフちゃうけどな(笑)

桂三度:そうなんや(笑)

千原ジュニア:これを…成長って言うんやろな(笑)

【関連記事】
伊集院光、甲子園での市立和歌山・山根内野手による一塁送球の原因を分析「2バウンド目の変則回転」

ザキヤマ、甲子園のドラマチックさを表現した名言「甲子園に途中で帰って良い試合はない」

千原ジュニア、松井秀喜にまつわる賛否両論の伝説を語る「5打席連続敬遠、オールスターでの選手交代」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 千原ジュニア,斎藤佑樹,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:『有吉の夏休み2014』が放送決定-オードリーも参加、有吉vsアンジャ渡部のLINE仲間を巡る争い

前の記事:千原ジュニア、篠崎愛のアカペラで歌う『最後の雨』を賞賛