TOP爆笑問題の検索ちゃん。 ≫ 爆笑問題・太田が語る 「忌野清志郎との出会い」

爆笑問題・太田が語る 「忌野清志郎との出会い」

2009.06.13 (Sat)
忌野清志郎 ロッキングオンジャパン特別号―1951-20092009年06月13日放送の「爆笑問題の検索ちゃん。」にて、J-POPに関するクイズが出題されていた。その中の一つのテーマとして、忌野清志郎に関するクイズが取り上げられていた。

忌野清志郎の大ファンであるという太田は、初対面での印象は非常に強烈なものだった、と語っていた。話の発端は、雑誌記事で太田が「選挙なんかで政治や世の中は変わらない。だから、投票率なんか低くたって構わないじゃないか」といったことを書いたこと。

「その記事を清志郎さんが読んで、怒ったらしいと聞かされた。それで、清志郎さんが会って、太田さんに一言いってやりたいそうだ、と伝えられた」と太田は話した。それで、実際に喫茶店に呼び出されたのだという。

「それで、ずっと待ってたんですよ。喫茶店でちょこん、って座って。しばらくして、清志郎さんが店にやってきた」と太田は話した。

それから、以下のようなやりとりがあったそうだ。

「清志郎さんは、入ってくるなり、持っていたホラ貝を吹き出した。そして、『影響力のある君が、あんなこと(投票率なんか低くても構わないという意見)を公言してはいけない』って言い出したんだよ」と太田はそのときの衝撃について語った。

「何かを言うたびに、清志郎さんはホラ貝を吹くんだよ。俺が『政治家の首がすげ替えられても、政治や世の中なんて変わりはしない。でも、清志郎さんのトランジスタ・ラジオを聴いたとき、俺は頭を殴られたような衝撃を感じたんです。そんな衝撃を、政治家が世の中に与えられるわけがない』って言った」と、気圧される中でも、抵抗したと語っていた。

「そのときは、清志郎さんに一言いってやったって気負いもあった。若かったからね。でも、清志郎さんは『それでも、君がそんなことを言ってはいけない』といいながら、ホラ貝を吹いた。清志郎さんは、俺の話を全部聞いて、受け止めた上で、俺を諭そうとしていた」と、今は亡き忌野清志郎について語っていた。

【関連記事】
伊集院光と太田光が考える「映画監督の条件」

爆笑問題・太田の楽屋での様子


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の検索ちゃん。
次の記事:千原ジュニアが、長澤まさみにキスを拒まれる

前の記事:加藤浩次が語る 「意外すぎるドン小西の悩み」

本日の注目記事