TOP水曜日のダウンタウン ≫ ダウンタウン浜田雅功・今田耕司、母校・日生学園での地獄の日々を語る「世間からの隔離」

ダウンタウン浜田雅功・今田耕司、母校・日生学園での地獄の日々を語る「世間からの隔離」

2014.08.07 (Thu)
2014年8月6日放送のTBS系の番組『水曜日のダウンタウン』(毎週水 22:00 - 22:54)にて、お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功、お笑い芸人・今田耕司が、厳しすぎる母校・日生学園第二高等学校での日々について語っていた。

Quick Japan (クイックジャパン) Vol.104 2012年10月発売号 [雑誌]


今田は以前、テレビ東京の番組『やりすぎコージー』の中でも、Wikipediaに記載されている自身の項目を検証するという企画の中でも、同学校の生活について語っていた。なお、今田自身は、全寮制の禁欲的な生活に耐えきれず、脱出に成功し退学している。

今回、元ジャイアンツ投手・橋本清が出演し、「PL学園はこの世の地獄」説を唱えていた。「二度と行きたくない。プロ野球の世界の方が楽」と語る寮生活について語っており、その比較のために、日生学園第二高等学校での生活について今田にインタビューを行っていた。
vlcsnap-2014-08-07-09h56m11s51.png

凄まじい伝統

朝5時起床で、朝から体育館のぞうきんがけをやらされ、校外への外出は、月1度の帰宅時以外許されない。

今回、今田は「トイレ掃除は、便器を素手で磨かされる。それは伝統でしたね。学校の掃除係とか、そうでしょ?素手でしょ?違います?」と語っていた。浜田は、「汚れとかも、爪で削って落としたり」と、代々、そのような掃除方法を強いられていたことを明かした。

厳し過ぎる教師

「校長先生の話を聞く時に、物凄い数の生徒がいるんですけど、校長先生の目線からサッとそらしたら、校長先生が壇上から指を指すんです。その目をそらした生徒を。そうしたら、両脇から先生がやってきて…ペチペチペチって」と、気を抜くことを許さない厳しさについて語った。

厳し過ぎる寮生活

他にも生活のあらゆる面では厳しく管理され、「甘い物、お菓子類は一切、禁止やったんですよ。だから、砂糖とか貴重品なんですよ。外から帰ってきたら、身体検査ってどこの学校でもやってると思うんですけど、変なものを持ち込まないように、全生徒が身体検査をされるんですよ」という。

「外からお菓子とか持ち込めないんですけど、工夫して持ち込まなダメなんで。僕がやったのは、生活用品は親から送ってもらえたりするんで、手紙の中で、『マクラの中に砂糖の袋を綿の中に入れて送ってくれ』って。僕の場合は、いちごミルクのアメが凄い貴重品なんで、いちごミルクをマクラの中に仕込んだりして。普段お世話になってた人に、いちごミルクを持ち込むことに成功しましたってことで、配ったりしましたね」と、寮生活について語った。なお、今田は以前、「角砂糖1個あればクラスをシメれた」とも語っている。

また、「月に一回、面会日で親が一度会いに来るんです。…これ、学校の話ですよ(笑)そのときに、山の敷地内で親と自由な時間があるんですね。そこで、ケーキを手渡しでもらうんですけど、持ち込めずに処分せなアカンので、山の陰で食べて寮に戻る、みたいな」と、まるで刑務所のようなシステムの寮生活であったようだ。

厳し過ぎる上下関係

vlcsnap-2014-08-07-09h57m05s97.png
寮内での先輩・後輩の上下関係は厳しく、「先輩がみんな寝静まってからトイレに呼んでいただき、ご指導いただきましたよ。『こういうところがアカンぞ』ってことで、お腹を蹴られたりとか」と、"指導"が色々あったという。

また、浜田雅功に関しては、「浜田さんは、副学寮長。副学寮長っていえば、僕らからしたら、凄い人ですから」と言い、「浜田さんの場合は、学校出て、吉本に入ってから、それを僕にやってましたからね。風邪薬買ってくるので間違ったら、思いっきりドツかれたんですよ」と、卒業してからも、その片鱗を覗かせていたそうだ。

脱走を試みる者、多数

vlcsnap-2014-08-07-09h56m58s33.png
しかし、その厳しい生活に耐えかねて、今田は脱出を試みた。一年生の秋に一度目に脱走。ちなみに、脱出した生徒がいると、アラームが響き渡り、その生徒が見つかるまで、1年生は正座させられるとのこと。

電車賃を捻出するため、数千円を持ち込む際、「パンツの玉の裏に、小さく畳んで持ち込んだんですよ」と語った。それは夏頃の話で、いよいよ無理、と思った際に使おうと思ったという。

消灯してから、学校の体操着で1回、下見をしてあった1階のトイレの窓を開けて学校を出た。まず、山奥にあるため、車のライトが向かってくるということは、全て先生が捜しにやってきていると分かる。ライトから逃れるように草むらに隠れ、下半身は全て水に浸かってしまったという場面もあったそうだ。

最寄りの駅に行こうものなら、「脱出した生徒が駅にやってきている」と通報されてしまう。そのため、山を一つ越え、先の駅で電車に乗らなければならなかった。結局、2山越えて、途中で野宿しつつようやく電車に乗ることができた。

その駅に着いてからも、「いつ見つかるのではないか…」と思い、身を屈めていたそうだ。ついに電車が走り出したとき、一緒に脱出した仲間とともに、手を取り合って喜んだという。

大阪の実家に帰宅したところ、「一回、学校に辞める手続きに戻ってください」と言われ、戻った。教師は「お母さん。これからこの子が学校を続けるって言うまで、僕はこの子を殴ります」と言われ、5~6発目には「続けます」と言ってしまい、しばらく学園生活を続けたそうだ。だが、結局、冬休みの帰省をきっかけに退学したという。

浜田も脱走していた

一方、浜田も脱走を試みたことがあった。松本人志は、「浜田さんも一回、脱走したことがあったんです。『とりあえず、お金を持って迎えに来てくれ』って、鶴橋駅まで迎えに行って」と、当時のことを語っていた。

「お腹も減ってて、立ち食いうどん屋に連れてったったら、アッツアツのうどんですよ。僕、忘れられませんけど、腹減ってたんでしょうね。一すすりで食べましたよ」と、大変な思いをして脱走を試みた様子について明かしていた。

世間からの隔離

山奥に存在し、学校自体が世間から隔離されている。そのため、松本は「夏休みに帰ってきて、『まっつん、歯磨き粉が3色になってるぞ!』と驚いていた」と当時の様子を語った。

また、浜田は「我々も情報が全くないから。月1回、坊主にせなアカンから、髪が落ちても良いように、新聞を敷いてバリカンで刈るんですけど、それで始めて『石原裕次郎、入院してるやん!』って分かって」と、それほどまでに世間の情報が入ってこない、と語っていた。

女性への興味

光浦靖子の「思春期ですし、男子の女の子に対する気持ちとか、どこに持って行ったんですか?」という質問に対し、浜田は「帰省で家に帰れる時もあるし、戻ってくるときに、なんとか隠し持って入るわけです。当時、畑中葉子が裸になって。それを切り取って、洗面所の鏡の裏に全員が隠してて…夜中になって行ったら、みんなヤってましたよ」と、切ない思い出を語った。

【関連記事】
結婚できない男・今田耕司が結婚相手に求める厳しすぎる39ヶ条

雨上がり・宮迫「AKB48を引かせた今田耕司の一言」

今田耕司が語る、テレビ番組のキャスティング決定権「スタッフが呼んで良いか確認にくる」



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 今田耕司,浜田雅功,ダウンタウン,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  水曜日のダウンタウン
次の記事:南キャン山里、安田大サーカス・クロちゃんがアイドルをツイッターで口説こうとしていると警鐘

前の記事:南キャン山里、aikoからのラジオ番組に対する"クレーム"を明かす「せっかくradikoプレミアムにしたのに…」