TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・田中、iPhone購入してLINEを開始するも「スタンプが買えず悪戦苦闘」

爆笑問題・田中、iPhone購入してLINEを開始するも「スタンプが買えず悪戦苦闘」

2014.08.06 (Wed)
2014年8月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二が、ガラケーからiPhoneに乗り換え、LINEを開始したことを明かしていた。

2013年度版 漫才 爆笑問題のツーショット


田中は、事務所のケータイを買い換えることになり、それに便乗してiPhoneに乗り換えたようだ。機械音痴であるという田中は、マネージャーに設定などを依頼し、ようやく使用できる状態になったそうだ。

ところが、元々、Macユーザであった田中は、PCで設定してあった「秘密の質問」の答えを忘れてしまい、LINEのスタンプが買えずに悪戦苦闘したという。電話案内を受け、ようやく「秘密の質問」の設定をリセットすることができたそうだ。

今回、田中が陥ったミスとしては、「秘密の質問」で、「憧れの職業は?」との質問に、「野球選手」にしたのか「プロ野球選手」にしたのか、ペットの名前をひらがなで入力したのか、カタカナで入力したのかなどを忘れてしまったことが問題だった。「秘密の質問」には、入力の表記までしっかりと分かるような質問にしておく必要があるようだ。

田中裕二:最近、俺もようやくスマホにしたんですよ。ガラケーをずっと使ってて。

太田光:遅いですね。

田中裕二:太田さんに言われる筋合いはないけどね(笑)

太田光:僕はパソコンですから。もっと上をいってますから。パソコンを持ち歩いてるんですから、全然レベルが違うんですよ。

田中裕二:太田さんのケータイってパソコンのことですからね。

太田光:そうですよ。

田中裕二:ガラケーも古くなって、それこそみんなメールじゃなくてLINEになってるから。知り合いとのやりとりも。

太田光:うん。

田中裕二:当然の如く、こんな機械音痴の男が、分かるわけないんですよ。だから、マネージャーの八木とか笹井とか、事務所のケータイを替えるっていうから、その機会に、一緒に同じiPhoneにして。

太田光:うん。

田中裕二:替えたんだけど、それぞれが別の悩みを抱えるのね。俺のiPhoneでは、できるけど、他のヤツのiPhoneはなぜかできない、みたいな。「設定違うの?」みたいな感じで、違いを探す、みたいな。

太田光:うん。

田中裕二:それでもなんとか落ち着いてできるようになるんだけど、最初のウチは…スタンプっていうのも、買うわけですよ。

太田光:無料のもあるんでしょ?

田中裕二:ありますね。だけど、売ってるのもあって。200円とかね。いっぱいあって。

太田光:うん。

田中裕二:漫画『タッチ』のシーンのスタンプとかもあってね。

太田光:「ちょっと。ちょっと、ちょっと」みたいな?

田中裕二:そっちじゃないです。みなみちゃんのね。

太田光:うん。

田中裕二:『モンスターズ・インク』のスタンプもあって。

太田光:それは無料でもらえないの?目玉(マイク・ワゾウスキ)やってるくせに。

田中裕二:そういうことじゃないですから。それで、せっかくだから買おうと思って。『What's Michael?』のスタンプですよ。それを買おうと思ったんだけど。そこでパスワードを入れたんだけど、なぜか信用してくれないの。

太田光:うん。自分だって?

田中裕二:俺だって信用してくれないの。パスワードは分かってるんだけどね。

太田光:パスワードは何?

田中裕二:言わないよ(笑)

太田光:はっはっはっ(笑)「katatama」?(笑)

田中裕二:そうじゃない(笑)僕は家のパソコンは、Macを使ってるんですけど、それでAmazonなんかの買い物をしてるわけですよ。それで、iPhoneだから連動してて。「お前、買い物って言ってるけど、パソコンでしか今まで買ってないだろ?iPhoneから買い物って、信用出来ない」ってことだと思うんですよ。

太田光:どうすればいいの?ベネッセに問い合わせればいいの?

田中裕二:ベネッセではないですけどね(笑)向こうから、「憧れの職業はなんですか?」って、本人確認の質問がくるんですよ。

太田光:野球選手でしょ。

田中裕二:それで「野球選手」って書いたんだけど、違うって(笑)何年か前に、Macを買ったときに入れたっきりだから、忘れてるわけ。

太田光:忘れても良い、絶対にこれしかないってことを入れるの、アレは。

田中裕二:うん。

太田光:「初めて飼ったペットの名前は?」とか。

田中裕二:それも微妙なんだよ。ピクちゃんなのか…(笑)

太田光:二択くらいだろ?

田中裕二:そうなんだよ。でも、ひらがなか、カタカナかって問題もあって。

太田光:あぁ、それはカタカナでしょ。

田中裕二:あと、憧れの選手も、「野球選手」って書いたのか、「プロ野球選手」って書いたのかも分からなくて。一字一句、違わないのを書かないと認めてくれないから。2問あるから、パーフェクトじゃないって返されちゃうの。

太田光:うん。

田中裕二:それで、「忘れた場合はこちらへ」ってところから電話をして。予約もして。それで、「スマホをお持ちでしたら、スピーカーモードにしてください」って言われるわけ。

太田光:なんで?

田中裕二:指示されたことをやりながら会話するから。でも、スピーカーモードにもできなくて。ちょっとキレ気味で「そのやり方がまず、分からないんですけど」って。俺の中で焦ってもいるし(笑)そこにたどり着くまでに色々してイライラしてるから。

太田光:うん。

田中裕二:やっとそこまで行ってるから、「それも分かりませんけど」って。

太田光:はっはっはっ(笑)

田中裕二:言われるままにやって。とにかくずーっと色々やって。結局、何をしたかって言うと、昔の契約したアンケートの答えだなんだを全部リセットして。本人確認をした上で、リセットして。

太田光:うん。

田中裕二:それで改めてアンケートを選んでやってくださいって。

太田光:まぁ、そこまでやらないと安全守れないんでしょうね。

田中裕二:もちろん、悪くもなんともないんだけど、まぁ大変でしたね。

太田光:個人情報を守るのは大変ですよ。

田中裕二:今回、俺が電話して言われるがままにやって大丈夫だったんですけど、ウチの親父は振り込め詐欺に引っ掛かってるから。

太田光:そういう状況だよね。

田中裕二:状況としては似てるわけじゃないですか。ウチの親父が引っ掛かったときには、「なんで、そんな…」って言うけど、今から20~30年後は、引っかかっちゃうよね。「教えて」って、お願いした人が、たまたま悪い人だったりとかね。

太田光:うん。

田中裕二:いくらでもそうなっちゃうって怖さを感じましたね。ようやく『What's Michael?』のスタンプ買えてね。

【関連記事】
ハライチ岩井、LINEアカウント乗っ取り犯とやりとりしたと告白「ちょっと泳がせてみようかなと」

明石家さんま、LINEで先輩に対してスタンプだけで返信する後輩に疑問「物凄い失礼」

南キャン山里、ヒャダインのLINEアカウント乗っ取りに「共演番組のテーマが『スマホの危険性』」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,田中裕二,LINE,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題・田中、LINEを始めたきっかけは劇団ひとり「田中さんにだけメール面倒」

前の記事:爆笑問題・田中、広陵高校・太田光選手の甲子園出場に不思議な縁を感じる「相方・太田が原伸次のファン」