TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ バナナマン日村の『加藤浩次=芸能界のゴリラ説』

バナナマン日村の『加藤浩次=芸能界のゴリラ説』

2009.06.06 (Sat)
バナナマン傑作選ライブ bananaman Punch [DVD]2009年06月05日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、バナナマン日村が大胆な仮説を立てたことを話していた。話の発端は、バナナマンの日村勇紀が主演する映画「最高でダメな男・築地編」の制作発表での会見だった。

加藤は「日村が、インタビューされていた。そこで、スッキリ!!のスタッフも取材に行っていて、『加藤さんに何か一言ありますか?』と訊かれていた」と話していた。「そこで日村は『加藤さんって、芸能界のゴリラなんですね。本人気付いてないと思うんですけど』と話していた」と語った。

その理由としては、「局で会って挨拶すれば、『ウォーウォー』って言って返してくるし。楽屋で挨拶しても『ウァー』って言うし。それで、局内をウロウロしているし」と話していた。

さらに、日村は『加藤=ゴリラ説』について、以下のような指摘を行っていた。

日村は「アンタらスタッフは、ゴリラ(加藤)に金を払ってるんだぞ」と話していたそうだ。「なんか気にくわないことがあれば、何かを投げつけるし」とさらに理由を述べていたそうだ。

この説に関して、加藤は「日村は、やっぱり面白ぇことを言うなって思って。でも、それも一理あるかなって思ったんだよ。俺、ゴリラが好きだし。やっぱり、何か共鳴するものがあるのかもしれない」と話していた。

「よくよく考えてみれば、昔『素っ裸牧場』ってテレビ埼玉の番組で、誰がゴリラに一番似せることができるかって企画をやったけど、俺が一番上手かったもんな」と振り返っていた。「俺は、やっぱりローランドゴリラになりたいな」とこだわりも見せていた。

【関連記事】
加藤浩次 「マツコ・デラックスの強烈すぎる人生経験」

ココリコ・田中 次男の名前は「ジンベイ」?


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:下積み時代、オードリー・若林が躊躇した「汚れ仕事」

前の記事:加藤浩次 夫婦生活のピークを語る