TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次 夫婦生活のピークを語る

加藤浩次 夫婦生活のピークを語る

2009.06.06 (Sat)
「汚れた舌」オリジナルサウンドトラック2009年06月05日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、加藤自身の夫婦生活について語られていた。話の発端は、リスナーから送られたニュースメールの投稿だった。

そのニュースメールの内容としては、「15歳若い女性と結婚できる男性は長生きする」といったものであった(マックス・プランク研究所調べ)。また、逆に「年上の女性と結婚した男性は早死にする傾向がある」といったことも指摘されていた。

この理由として「若い女性をより強く引きつけるのは体が健康でより社会的に成功した男性なので統計的に長い寿命をもつようになるのではないか」といったことがあげられていた。

このメールに対して、加藤は「たしかに、そうかもしれないな」と賛同。「でも、あとはエロスパワーが必要」と答えていた。それに関して、以下のような理由を述べていた。

「エロスパワーはすさまじい。そのパワーがあれば、体を鍛えようとも思う。逆に、体を鍛えているときはそのパワーが凄かった」と加藤は話していた。

また、「俺、一回マラソンやってたときがあったろ(27時間テレビにて)。そのときはもう、凄かったもんね」と、当時のことを話していた。「あの時は、一日10Kmくらい走っていた」とかなりハードなトレーニングを行っていたことを話した。

「それで、(夜の生活について)嫁に言われたんだよ。もう、何回でもイケたもんだから。嫁が『どうしたの!?浩次』って言ってたよ」と、そのときのパワーのすさまじさについて語っていた。ただ、「今は全然ダメ」と答えていた。

【関連記事】
加藤浩次 「嫁は、家ではノーブラ」

加藤浩次「とにかく、妻を抱く癖をつけろ」

加藤浩次 「深夜、香織が急にベッドに入ってきた」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:バナナマン日村の『加藤浩次=芸能界のゴリラ説』

前の記事:加藤浩次 「スッキリ!!をやっていることの弊害」