TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次 「スッキリ!!をやっていることの弊害」

加藤浩次 「スッキリ!!をやっていることの弊害」

2009.06.06 (Sat)
ブリヂストン ボリュームチップマルチソファー (クッション2個付) BFM-523(IV) アイボリー2009年06月05日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、スッキリ!!でキャスターを務めていることの弊害が出ていることについて語られていた。話の発端は、最近、家の家具が古くなってしまったことで、買い換えを検討している、ということのようだ。

「最近、家の家具がボロくなっているから、嫁とチビたちを連れて、家具や巡りをしている。それで、ソファーとかについて、『この家具は、なんだかゴテゴテしてるな…』といった家具の感想を店員にいいながら家具を選んでいた」と、そのときの様子について話していた。

「そんな中で、『このソファー良いね。すごいスッキリしている』などと何の気なしに話した」と、なにやらイヤな予感のすることを話していた。

その加藤のスッキリ発言に対して、どのようなことが起こったのか、以下のような様子だったそうだ。

「そうしたら、店員が『あっ…』みたいな顔をするんだよ。俺は心から素直にスッキリしてるなって思ったのにさ。それなのに、店員は『やっちゃいましたね、加藤さん』みたいな顔をしていた」と、何とも痛々しい発言をしたかのように受け取られてしまったようだ。

「嫁もそういう空気を察して、『やめなよ、浩次。そういうの』って止めようとした。俺は『別に、そんな意味で言ったんじゃねぇよ。普通の言葉だろう』って言ったんだよ。でも、嫁は『それでも、そういう意味でとられるじゃない。やめなよ、恥ずかしいから…』と制止した」と話していた。

「それから、家具屋でケンカよ。俺はそういう意味で言ったんじゃないのに。それで、思ったんだよ。スッキリ!!を始めて3年目。街中でスッキリって言うだけで、ニヤニヤされる人間になったんだって。でもさ、スッキリなんて普通の言葉だろ、出ちゃうよ」と話していた。

「番組名って怖いなって。それからは開き直って、いろんな家具屋で『このソファー、スッキリしてるな』って言うと、みんな引っかかるみたいでさ。今頃、『今日、加藤がきててさ、スッキリって言いまくってたのよ。どんだけ自分の番組が好きなのかしら』って言われてるんだろうな」と話していた。

【関連記事】
加藤浩次が語る 「めちゃイケの変化」

加藤浩次が語る 「安住紳一郎の才能」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:加藤浩次 夫婦生活のピークを語る

前の記事:ナイナイ矢部、オードリー若林、TKO木本の共通点