TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次 「古谷一行とMEGUMI親子に会う」

加藤浩次 「古谷一行とMEGUMI親子に会う」

2009.05.30 (Sat)
ゴールデン☆ベスト2009年05月29日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、Dragon Ashのボーカル・降谷建志と結婚し、一児の母となったMEGUMI、そして義理の父である古谷一行と偶然にであったことについて語っていた。

「年一回なんだけど、地元の先輩と、同級生と東京であう会っていうのをやってるんだよ。それで、集まったときに、偶然、MEGUMIと古谷一行さんに会った」と加藤は話し始めた。

「店に着いて、2階の座敷に通された。その部屋は簾のようなもので区切られてて、3つくらいのテーブルが並んでいた。その一つの区画に座ったら、前の方のテーブルに、古谷一行さんがいらっしゃった」と、そのときの様子を語っていた。

「びっくりしちゃって。『おはようございます!』と挨拶したら、『ああ、おはよう。加藤くんとは、一度ドラマで一緒になったよね』と古谷一行さんは覚えていてくれた」と、話していた。ドラマ『ブラックジャックによろしく』で一緒に仕事をしたことを話しているようだった。

「『ああ、どうもお世話になりました』と言って、ちょうど隣をみたら、MEGUMIが子供を抱いていた。たぶん、親族の集まりだと思うんだけど、そのほかに年配の方たちもいらっしゃった」とそのときの様子を語っていた。

さらに、以下のようなことがあった、と加藤は話していた。

「MEGUMIは、末席に座っていてさ、かいがいしく料理を取り分けたりしているワケよ。なかなかそういうことはできないよ。でも、しっかりやっててさ」と、加藤はMEGUMIのそうした様子を褒めていた。

「それでMEGUMIにも挨拶してさ、俺も自分の席に着いた。そうしたら一緒に飲むことになってる先輩が『おい、浩次。あそこにいるの、MEGUMIだろ?』とカラミだしてきた。『いや~、えぇ、ちょっと挨拶してきたんですよ』とお茶を濁そうとした」と、加藤は話した。

「『ちょっと、じゃねぇだろ。さっき、加藤さんって呼ばれているの聞いたぞ。知り合いか?紹介しろよ』と、先輩が言い出してきた。その先輩って言うのは、不良で有名だった人で、逆らえない。ややこしいことになったな、と思いつつ『そんな…勘弁してくださいよ』と言いつつ何とか宥めた」と、そのときの窮地について語っていた。

「先輩が『何が加藤さん、だよ。偉くなったもんだな。スッキリっ!!とか言っちゃってさ』なんて言うんだよ。バツが悪くて」と、MEGUMIに加藤さん、っと呼ばれているだけでも、その先輩には気に入らなかったようで、ひとしきりカラまれたことを話していた。

だが、最後に「古谷一行さんが帰る間際になってさ、俺、挨拶しようと思ったんだよ。それで立とうとしたら、古谷さんが『いや、いいですよ加藤さん。そのままで。それでは、お疲れ様です。お先に失礼しますね、加藤さん』と言って帰って行った」と、どうやら今までの会話の流れを聞いていた古谷一行が、そう言ったことを語った。

「洒落の分かる人だよ。先輩たちも、『あのオヤジ、面白ぇな』って言ってた」と、加藤は語っていた。

【関連記事】
加藤浩次 「若手の頃、頑張るためのモチベーション」

加藤浩次 「スッキリ!!をやっていて困ること」

加藤浩次 「偽りばかりの人生」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:加藤浩次 「嫁は、家ではノーブラ」

前の記事:加藤浩次 「若手の頃、頑張るためのモチベーション」

本日の注目記事