TOPバナナマンのバナナムーン ≫ バナナマン設楽、ももクロファン・モノノフの分類を語る「シャレノフ、マジノフ…」

バナナマン設楽、ももクロファン・モノノフの分類を語る「シャレノフ、マジノフ…」

2014.07.26 (Sat)
2014年7月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・バナナマンの設楽統が、ももいろクローバーZのファンの総称である「モノノフ」に分類がある、と語っていた。

ももクロ流 5人へ伝えたこと 5人から教わったこと
ももクロ流 5人へ伝えたこと 5人から教わったこと

設楽や、放送作家・オークラの独自の分類ではあるが、その分類とは、以下の4つに分けられているという。
シャレノフ:お洒落なファンのことで、カルチャーを発信する中心的な存在のファン。その人物がファンを公言することで、「ももクロって良いな」と思わせるモノノフのことである。
マジノフ:一般的なももクロファンのこと。
キモノフ:周囲から気持ち悪がられているような、いわゆるアイドルオタクと思われているファンのこと。
クソノフ:モノノフからも「ファンを辞めてくれ」と思われているファンのこと。
このような分類ができるのではないか、と語っていた。

ちなみに、この日の放送回に登場した設楽はシャレノフ、南海キャンディーズ・山里亮太はキモノフ、オークラはハゲノフ(ハゲたモノノフ)、キングオブコメディ・高橋健一はチカノフ(痴漢冤罪の経歴があるため)と名付けられていた。

また、設楽は、クソノフに該当するのは「アンジャッシュ・児嶋一哉」であると名指ししている。

設楽統:現場でももクロと会ったことないの?

山里亮太:(ドランクドラゴン)塚地(武雅)さんが、一回、現場でドッキリで会っちゃって、凄い後悔してるって。

日村勇紀:モノノフのみんなの前に、ももクロちゃんが登場しちゃったりってないの?

キングオブコメディ・高橋健一:何もないです。

設楽統:でも、普通の人と違って、芸能界で仕事してるってことで、向こうも、高橋くんの存在は知っちゃってるんじゃない?

高橋健一:いや、全然。

設楽統:知ってるよ。

高橋健一:オークラさんのことは、知っててくださってるって前に言ってましたけどね。

設楽統:ハゲノフのオークラはな。モノノフの言い方が分かれてるの知らない?ももクロファンのこと、モノノフって言うじゃない?

山里亮太:はい。

設楽統:オークラが、ハゲノフでしょ。

日村勇紀:ハゲノフって?(笑)モノノフの中で、ハゲてる人をハゲノフっていうの?(笑)

オークラ:僕が分類した中に、ハゲノフはなかったですけど(笑)

日村勇紀:急にハゲノフって出てきたの?(笑)

設楽統:オークラが昔、分類したのが、一番良いとされてるのが、シャレノフで。

日村勇紀:洒落てるモノノフかな?

オークラ:その人が「モノノフ」って名乗ることで、ももクロがオシャレになるっていう。その人が好きだったら、良いものなんじゃないかなっていう。そういうジャンルに所属してる人で。

設楽統:一番良い。

オークラ:たとえば設楽さんとか。

設楽統:ありがとう(笑)じゃあ、俺はシャレノフで良いのね?(笑)

オークラ:カルチャーを発信してるヤツがももクロ好きだって言ったら、シャレノフですよ。

日村勇紀:流行の発信ね。

オークラ:芸能界の上にいる、代表している人ですね。

設楽統:いやいや。

日村勇紀:他にもあるの?

オークラ:スタンダードに好きな人たちが、マジノフで。

設楽統:山ちゃんは、まだここじゃないの?

山里亮太:僕は、マジノフじゃないんですか?

オークラ:山里さんは、特別ですね。マジノフは、普通のモノノフで、大体、ここに入ります。

山里亮太:みんなそうですね。

オークラ:その次に、キモノフっていうのがあって。そいつがファンだって言うことによって、「なんだよ、アイツが好きだって…気持ち悪いな」っていうファンですね。足を引っ張ってしまうという。

設楽統:イヤな予感するね(笑)

山里亮太:ふふ(笑)

日村勇紀:そのキモノフに分類される人っているの?

オークラ:そうですね…ここのブースで言うと、山里さんで(笑)

山里亮太:いやいや(笑)

設楽統:でも、山ちゃんは自称というか、そういう気持ち悪いアプローチしてるもん。それは否めないよ。テレビでも、気持ち悪いアプローチで接してるもん。

山里亮太:それであちらが、少しでも良く映ってくれればね。

設楽統:ただ、ここにいるのはまだ良いんだよ。アンジャッシュの児嶋(一哉)はここじゃないんだから。

山里亮太:え?

設楽統:アンジャッシュ児島は、キモノフでもないから。

日村勇紀:もちろん、シャレノフとかでもないよね?

設楽統:違うよ。児島のジャンルは、クソノフだよ。

日村勇紀:それはなんですか?(笑)

設楽統:ファンを辞めて欲しいて、モノノフから思われる、クソみたいな存在のこと。何してんだよ、テメェって。

高橋健一:そんなことないんだよ(笑)

山里亮太:応援してくれてますからね(笑)

【関連記事】
バカリズム、ももクロを応援するファンたちのモチベーションを分析「より優秀なモノノフになるのが夢なのでは?」

バナナマン設楽、ももクロ国立ライブで絶叫してレス欲しがる「全然見てくんない!」

バナナマン設楽、ももクロライブでの話を盛った南キャン山里に粛清宣言


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : バナナマン,設楽統,山里亮太,ももいろクローバーZ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン
次の記事:南キャン山里、漫画家・堀道広が参加する夏祭りに出掛けるも人見知り「吉田松陰に話を聞いてもらう」

前の記事:ウーマン村本、ノブコブ吉村の大河ドラマ『軍師官兵衛』出演成功に「ノーギャラで良いからとアプローチして入る」