TOPよしログ ≫ NMB48山本彩、若手芸人を一気にファンにしていた神対応

NMB48山本彩、若手芸人を一気にファンにしていた神対応

2014.07.22 (Tue)
2014年7月15日掲載開始の『よしログ』にて、お笑いコンビ・ラフレクランの西村真二が、元々はさほどアイドルに興味がなかったが、一気にNMB48の山本彩のファンとなったという山本の"神対応"について語っていた。

AKB48 公式生写真ポスター山本彩
AKB48 公式生写真ポスター (A4サイズ) 第35弾 【山本彩】

お台場合衆国の熱中症対策で、ミストを撒くという「ミストマン8」に選ばれたという西村は去年も、ミストマンを担当していた。ちなみに、西村は広島ホームテレビに2008年入社しており、元アナウンサーで芸人という異色な経歴を持つ。端正な顔立ちで2007年ミスター慶應コンテストでグランプリを受賞しており、イケメン揃いのミストマンにも、全国オーディションを勝ち抜いて選ばれている。

昨年、ミストマンの楽屋とNMB48との楽屋が近かったという。だが、NMB48のメンバーはダンスの練習をしており、ミストマンが通りすぎても、彼らが誰であるかも知らず、会釈する程度であった。

だが、その時に山本はミストマンのことをどこかで知っていた様子で、「お疲れ様で…あっ、ミストマンだ!」と、楽しいノリで言ってくれたそうだ。

それ以来、アイドルにあまり興味のなかった西村の中で、山本彩は推しメンとなり、「今でもファン」と語っていた。

【関連記事】
AKB高橋みなみ、NMB木下百花にメルアド交換拒否されショック「なんてウザい人種」

ナイナイ・岡村が批判「NMB48の不甲斐ない結果」

よゐこ有野が予想、今年ブレイクするアイドルと効果的なプロデュース「亜里沙、日笠麗奈…」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : NMB48,山本彩,ラフレクラン,西村真二,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  よしログ
次の記事:ケンドーコバヤシ、宮川大輔がオネエの吉本社員を気に入ったと明かす「打ち上げでずっとお酌させる」

前の記事:バカリズム、男子校出身者たちで甘酸っぱいキャンパスライフを体験して失敗「相手の子が可愛くなかった」