TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次 「とぶくすり時代、1本の出演料5千円だった」

加藤浩次 「とぶくすり時代、1本の出演料5千円だった」

2009.05.09 (Sat)
極楽とんぼのテレビ不適合者 下巻~あまりにも過激すぎて放送中止になったドキュメント編~ [DVD]2009年05月09日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、若手芸人時代のギャラの話をしていた。話の発端は、「年金が月1万2千500円しかもらえない」といった問題について話していたこと。

リスナーから、「1億円近い貯金をしているだろうに、庶民派ぶって…」と批判されて、加藤は「結構な額をもらっているけど、それにしても貯まらない。山本も、今、まったく金がないんじゃないか」と話していた。どうやら、収入と貯金額はかならずしも正比例しているわけではなさそうだ。

さらに、この問題に関して、「若いときに年金を払えなかった。ギャラが安かったから。将来不安だ」という話になった。さらに、構成作家の見習いをやっているリスナーからメールが届き、「加藤さんの年金の話を聞いて、将来が不安になった。就職した方がいいのだろうか」と、相談の内容について話されていた。

このことに関して、以下のように話していた。

「鈴木おさむや、秋元康などの大御所は別。莫大な印税をもらっている。一方で、中間の構成作家は大変。40歳で月25万くらい。たぶん、普通のサラリーマンをやっている同年代の人と比べれば、かなり低い。まぁ、好きなことを仕事でできている、っていうのはあるけど」と、構成作家について話していた。

「構成作家の駆け出しの頃は、給料なんかほとんど出ない」と加藤が言うと、同番組の構成作家・鈴木工務店は、「とぶくすりをやっている頃は、ギャラなんか出ませんでした。0円です。むしろ、『仕事を教えてやってるんだから、金を出せ』と言われた」と、その過酷な労働条件について話していた。

そこで加藤も、「とぶくすり時代、1本の出演料5千円だった。30分の深夜番組。月2万円しかもらえない。だから、俺はバイトをしながら番組に出ていた。そこからスタートした」と、テレビ業界も、駆け出しの頃は本当に大変だと語っていた。

【関連記事】
加藤浩次 「もらえる年金、月1万2千500円」

加藤浩次が語る「小室哲哉の転落」

麒麟・田村の100万部突破した小説は嘘?


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:世界のナベアツ、CMのギャラに不満

前の記事:加藤浩次 「もらえる年金、月1万2千500円」