TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次が語る 「めざましテレビ・大塚アナの役割」

加藤浩次が語る 「めざましテレビ・大塚アナの役割」

2009.05.02 (Sat)
君の好きなヒト   (CCCD)2009年05月01日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、自身も朝のニュース番組「スッキリ!!」をやっている加藤が、キャスターめざましテレビ・大塚範一アナの役割について語っていた。

「大塚さんは、良いよね。俺も、ああなりたいよ」と、大塚アナを羨むような発言から始まった。「笑ってらっしゃるし、あんなに綺麗な女の子に囲まれて。だいたい、7時55分くらいに1回ハシャいでいる。キャッキャ言っている」と、女子アナに囲まれている様子を羨ましい、と話していた。

また、「でも、すごいよね。元NHKアナウンサーなんだよね。その後で、めざましテレビとかやっている」と、その経歴に触れた後で、「あの(オデコの)ホクロとか、面白いもん」と容姿の事について語っていた。

この後で、大塚アナの「めざましテレビにおける役割」について以下のように語っていた。

「大塚さんがいると、女子アナたちを本当に綺麗に見せる。大塚さんがいることによって、絵面(えづら)が本当に綺麗に見える」と、大塚アナと女子アナたちの対比について語っていた。

「こんなことを言っては何だけど、ガマガエルみたいに見えるじゃない。だから、横にいる女性たちが、本当に綺麗に見える。お姫様みたいに。だから、周りの女性たちが、まるでガマガエルに囚えられたお姫様に見えるんだよ」と、上記の言葉の説明を行っていた。

「ジャバザハットに囚えられたレイヤ姫みたいになるんだよ。だから、上手いことできているな、と。バランスが良いな、と思うんだ」と語っていた。「俺なんか、中途半端だから。そんなブサイクでもなければ、格好良くないから」と、自身のことについても話していた。

さらに、「大塚さんに掛かった魔法が、早く解けると良いよね。お姫様のキスで、ガマガエルが王子様になる可能性もあるじゃない」と話し、「そう思ってみると、面白いよね。あのガマガエルが、ポンって変わる可能性もある」と、加藤は違った目線でめざましテレビを観ているようだ。

【関連記事】
加藤浩次が語る「笑福亭鶴瓶が慕われる理由」

加藤浩次「阿部寛はボケたがり」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:加藤浩次、日テレの楽屋でひとりHしていた

前の記事:ナイナイ岡村 「中堅芸人の危機問題」を語る