TOP単発番組 ≫ どぶろっく江口、ブレイクするに至ったカギは「下ネタを抑えること」と明かす

どぶろっく江口、ブレイクするに至ったカギは「下ネタを抑えること」と明かす

2014.07.12 (Sat)
2014年7月12日放送のTBS系の番組『王様のブランチ』(毎週土 9:30 - 14:00)にて、「買い物の達人」のコーナーに、お笑いコンビ・どぶろっくの江口直人、森慎太郎が出演していた。

もしかしてだけど
もしかしてだけど

どぶろっくといえば、雑誌の「女子中高生が選ぶ好きな芸人ランキング」で1位になり、さらには『もしかしてだけど』をCDとしてリリースするなど、下ネタながら女性にも人気のあるコンビとして知られる。

だが、2008年に『あらびき団』に出演した際には、ドギツイ下ネタソングを歌うことで知られていた。その曲については、お笑い芸人・東野幸治に「我が家の下ネタが軽く見える。坪倉君なんて爽やか」と評されるなど、一般ウケとは程遠いと考えられた。

その後、江口は(ネタ)曲作りをする上で、「このまま下ネタの曲を書いていても、女性ウケしないだろうと思い、下ネタを抑えるようになった」と語っていた。その工夫を行うことで、ブレイクすることとなったようだ。

【関連記事】
伊集院光、どぶろっく江口のカミツキガメが転落した件に「1度に押し寄せる驚きと恐怖の量の凄さ」

伊集院光、どぶろっく江口のカミツキガメ書類送検問題に関連し「単純所持でアウトになる漫画はどう判断する?」

伊集院光、どぶろっく江口のカミツキガメ紹介VTRに獰猛性を演出する番組に疑問「甲羅割れて元気ないのに」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : どぶろっく,江口直人,森慎太郎,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組
次の記事:おぎやはぎ矢作、"親しみやすい女子アナ"採用枠を提言「水卜麻美アナに続け」

前の記事:南キャン山里、東京大神宮の良縁祈願の常連として野菜をもらう「来年こそは、彼女と来ます」