TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 陣内智則 「松村邦洋が遺したメッセージ」

陣内智則 「松村邦洋が遺したメッセージ」

2009.04.25 (Sat)
デブの真実2009年04月24日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、陣内智則がゲスト出演した。先月離婚が成立した陣内は、「(離婚が明らかとなって)一番最初にメールをくれたのが、松村邦洋さんだった」と話していた。

「松村さんとは、何度か共演してもらった仲。あとは、タイガースが好きだということもあって、仲良くさせてもらっている。その松村さんが、最初にメールをくれて、『陣ちゃん、色々あると思うけど、まぁ頑張ろう。陣ちゃんの味方もいるから』という内容だった」と陣内は話していた。

「それから、すぐにメールを返したけど、松村さんからの返信はなかった。その理由は、東京マラソンで倒れていたからだ、ということをニュースで報じられて知った」と、陣内はその時の様子を振り返って話した。「心配で、何回もメールをした。そのとき意識不明の状態だった」と続けて話した。

その後の松村との関係は、以下のようなものだったと陣内は話していた。

「あのまま、もし松村さんが亡くなってしまったりでもしたら、あのメールが非常にメッセージ性のあるものになっていたと思う」と、一歩間違えれば、まるで遺言のようなメールになっていたかも知れない、と陣内は語っていた。

「それから、あまりメールをやりとりしていなかったけど、今日メールが松村さんからあった。そこには、『頑張ろう。陣ちゃん、生きているだけで本当に幸せだから』と書かれていた」と、松村からのメールで非常に感動させられた、と、陣内は語っていた。

【関連記事】
陣内智則 「離婚後1ヶ月間の最悪な生活」

陣内智則 「ピーポくんへのオファーが増えた理由」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:伊集院光が語る「草なぎ騒動に対するコメンテーターのヌルさ」

前の記事:陣内智則 「ピーポくんへのオファーが増えた理由」