TOP単発番組 ≫ 神田沙也加、大のアニメファンで声優志望だったと告白「『アナ雪』のアナ役に決まり狂喜乱舞」

神田沙也加、大のアニメファンで声優志望だったと告白「『アナ雪』のアナ役に決まり狂喜乱舞」

2014.07.07 (Mon)
2014年7月7日放送の日本テレビ系の番組『しゃべくり007 007と歌の女王様2時間SP』にタレントの神田沙也加が出演し、映画『アナと雪の女王』のアナ役の声優に決まったときの喜びについて語っていた。

アナと雪の女王
アナと雪の女王 MovieNEX [Blu-ray]

沙也加は、大のアニメファンで、セーラームーンにハマり、シミュレーションゲームなどにも手を出していくようになったという。そして、好きなアニメを訊かれたところ、『ダンガンロンパ』『妖狐×僕SS』『マクロス FRONTIER』など、スラスラとアニメのタイトルを挙げていた。

「元々、裏方気質で、表に出ることを望まない」「本当は存在しないキャラクターに、魂を込めるということをやっていきたいと思った」という沙也加は、デビュー当時から声優志望であり、現在も声優になりたい、と語っていた。声優専門学校に通っていたこともあり、「会いたい人」として声優であり恩師の速水奨の名も挙げていた。

そんな沙也加が、アナ役に決定したと知らされたときは、「狂喜乱舞した」そうだ。オーディションを受けるだけでも記念になった、と思っていたが、ある日、プロデューサーとの打ち合わせ中、「Disney おめでとう」と書かれたケーキが運ばれてきたという。

飛び跳ねて少女のように喜ぶ様を沙也加は再現していた。その様は、まさに天真爛漫なアナそのもののようだった。声優志望で、その夢が叶い、さらには『アナと雪の女王』の成功もあり、神田沙也加の声優としての活躍が今後も見ることができるのかも知れない。

【関連記事】
森山良子、松たか子の『アナと雪の女王』主題歌が絶賛される理由を分析「ミュージカルシンガーっぽくなく、堂々と」

オードリー若林、『アナと雪の女王』を使ったボケにスタッフNGが出る「本番でやるなと言われた」

ピエール瀧、『アナと雪の女王』劇中歌 博多弁verを絶賛「博多が危機(笑)」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : アナと雪の女王,神田沙也加,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組
次の記事:伊集院光、野々村竜太郎議員の号泣会見が怖いと感じる理由「どうかしている人が議員になっている」

前の記事:サバンナ・八木、相方・高橋が『すべらない話』で披露した「犬との漫才」の裏話を語る