TOP単発番組 ≫ 南キャン山里、タモリが『いいとも』で必ずやっていたボケを明かす「本当のエンターテイナー」

南キャン山里、タモリが『いいとも』で必ずやっていたボケを明かす「本当のエンターテイナー」

2014.06.30 (Mon)
2014年06月29日放送のフジテレビ系の番組『ボクらの時代』(毎週日 7:00 - 7:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、タモリが必ずフジテレビ系の番組『笑っていいとも!』で行っていたというボケについて明かしていた。

タモリ
タモリ

タモリは、生放送が終了した直後、必ず「どうもありがとうございました…というわけで、ここでお客様用に、特別ゲスト。福山雅治さんです!」と言い、観客が沸いたところで、「んなわきゃあないでしょ」と言って爆笑を起こしていたという。

当然のことながら、共演者は「また同じボケ?」と思うかもしれないが、だがこれは、タモリが観客のためと考え、一番ウケるボケをやり続けていたのではないか、と山里は語っていた。

自分や共演者が飽きてしまったとしても、観客が何を一番おもしろいと思うかについて考え、それをやり続けることができる…そうした人物こそが、「本当のエンターテイナー」なのではないか、と山里は語った。

村本大輔:「同じ話ばっかりしてますね」ってツイッターで書かれたりして。「この話してください」って言われるからしてんのに。

西野亮廣:ふふ(笑)

村本大輔:ほんで、「同じ話ばっかりしてる」ってことは、俺の出てるテレビを毎回観てるってことやん?そういうファンは、ライブを楽しんだら良いし、僕は新しいファンを獲得するためにテレビに出るわけやから。

西野亮廣:うん(笑)

村本大輔:新しいファンのために、4番バッター的な一番良い話を出すのは、当たり前の話じゃないですか。

西野亮廣:ふふ(笑)

山里亮太:それで言うとさ、タモリさんが素敵だなぁって思う話があって。タモリさんって、『いいとも』の最後で、必ずやるボケがあって。

西野亮廣:ある。

山里亮太:絶対にウケるのよ。

西野亮廣:毎回、同じボケ。要は、生放送終わりまして、それで「どうもありがとうございました…というわけで、ここでお客様用に、特別ゲスト。福山雅治さんです!」って言って、お客さんが「ワァ~!」ってなるでしょ。そこでタモリさんが、「んなわきゃあないでしょ」って言うんやけど、それでドーンってウケるの。

山里亮太:そう。

西野亮廣:これを、もう何十年もやってるの。これは、お客さんで初めての人もいるかもしれんけど、共演者は「またやってんのかい」って目もあるやんか。でも、気にせずやってんの。

山里亮太:でも、それが本当のエンターテイナーなんだって。それはタモリさんが言ったわけじゃなくて、別の人が言ってるんだけど、「タモリさんは、その日出会った目の前の人たちが、面白いって思うために、何が一番良いんだろう?」って思ってるからなんだって。

【関連記事】
南キャン・山里「タモリさんの『人見知りは最高の才能』という話」

タモリ「やる気のある者は去れ」という言葉の真意「やる気のある者は中心しか見ていない」

明石家さんま、タモリに唖然とさせられた裏切り「タモリさん、真面目」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : タモリ,南海キャンディーズ,山里亮太,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組
次の記事:南キャン山里、相方の文句を言うウーマン村本を叱る「操り人形も、人形が無かったら観てもらえない」

前の記事:南キャン山里、初めて出演した番組が絶対に放送できないワケ「MCが田代まさし」