TOPオレたちゴチャ・まぜっ! ≫ ノブコブ吉村、オトナのオモチャを段ボール2箱分も所有していた「ドイツ製も購入」

ノブコブ吉村、オトナのオモチャを段ボール2箱分も所有していた「ドイツ製も購入」

2014.06.30 (Mon)
2014年06月28日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽加藤・よゐこ有野のオレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(毎週土 26時00分 - 28時45分)にて、お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇が、オトナのオモチャを段ボール2箱分も所有しているほどのコレクターであると明かしていた。

戦え!キャプテンボニータ
戦え!キャプテンボニータ [DVD]

吉村は、数多くのオモチャを所持し、「LEDで光るローター」なども持っているそうだ。さらには、ドイツ製のオモチャも所有し、「ドイツ製は、老舗の技」「ドイツ製は、パイオニアというか新しいジャンルを切り開く」と熱く語っていた。

共演のアイドル・早川真理恵からは「専門家に見えてきました」と言われ、ひとしきり笑った後に吉村は、「専門家ですよ」と自負していた。

有野晋哉:吉村が、オトナのオモチャを集める人って知って。

吉村崇:あぁ、なるほど。

遠藤章造:え?オトナのオモチャ、集めてるの?

吉村崇:僕、そうです。集めるの好きなんで。

有野晋哉:ダンボール2箱持ってんねんって。

遠藤章造:へぇ…最近の推薦、なんかある?

吉村崇:最近…

有野晋哉:アレ、1個1個、名前あるの?

吉村崇:あぁ、ありますよ。もちろん。そうじゃないと買えないじゃないですか。

遠藤章造:そっちの世界は分からんわ。どんなんがあるのかって。

吉村崇:まず、相手を喜ばせるのか、自分が喜ぶのか。それと、リアルさを求めるのか、インテリアとして使うのか…

遠藤章造:リアルさでしょ。

吉村崇:リアリティだったら、ありますね。何個か。

有野晋哉:LED付きとか出だしてるの?

吉村崇:ありますよ。

有野晋哉:あぁ、あんねや(笑)

吉村崇:ライト付きみたいなの。

遠藤章造:何それ?LEDを、どこにどう使うの?

有野晋哉:どこにLED付いてんの?(笑)

吉村崇:ローターあるじゃないですか。それだったら、内部が光ったり、先についてて、見やすくして。

遠藤章造:光ってどうすんの?

吉村崇:暗いところですることもあるから、的をはずさないように(笑)

有野晋哉:便座のほのかライトみたいなこと?

吉村崇:あぁ、そうですね。

遠藤章造:そんなん、あんねや。

有野晋哉:頭打ちなんじゃない?電動がついて…

吉村崇:日本も頑張ってるんですけど、ドイツも凄いですよ。

遠藤章造:そうなん?日本が一番凄そうやけどな。

吉村崇:日本も凄いんですけど、世界展みたいなのがあるんですよ。

有野晋哉:オトナのオモチャショーみたいなのがあんの?(笑)

吉村崇:あるんですよ。

遠藤章造:敗戦国は、そういうの流行るのかな?(笑)

吉村崇:めちゃくちゃ頑張ってくるんですよ。日本も強いんですけどね。

遠藤章造:それは、日本人も「おぉ」って唸るようなのをドイツも作ってくるの?

吉村崇:そうですね。

有野晋哉:ドイツ、何が凄いん?

吉村崇:結構、パイオニアというか新しいジャンルを切り開くというか。日本は、近未来的にしようとするんですけど、ドイツは老舗の技というか(笑)

有野晋哉:漆塗りみたいな感じ?(笑)かぶれるで(笑)

吉村崇:面白いですよ。

有野晋哉:早川さんは、ドイツ製と日本製、どっちが良い?(笑)

早川真理恵:分からないですけど(笑)吉村さんが、そういう専門家に見えてきました(笑)

吉村崇:ふふ(笑)

遠藤章造:専門家でしょ?

吉村崇:専門家ですよ(笑)

有野晋哉:テレビで一切、出せへんけど(笑)『メレンゲの気持ち』で言えば良かったのに。

吉村崇:出せるわけないでしょ(笑)

遠藤章造:芦田愛菜ちゃんもいたから、「オモチャ好き?」って訊けばよかったのに(笑)

吉村崇:そんなこと言ったら、胸倉掴まれますよ(笑)

【関連記事】
有吉弘行「ラスベガスのポールダンスバーでオードリー・若林と遭遇」

有吉弘行、ノブコブ吉村と仲が良いと番組スタッフに勘違いされて困惑「吉村、共演NGです」

有吉弘行「海外旅行で浮かれまくるノブコブ・吉村に呆れる」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 平成ノブシコブシ吉村崇,有野晋哉,遠藤章造,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オレたちゴチャ・まぜっ!
次の記事:千原ジュニア、チームしゃちほこのために書いた歌詞を作曲家・蔦谷好位置に笑われる

前の記事:明石家さんま、『さんまのまんま』は本当にゲストが誰か分からず迎えている「打ち合わせや楽屋挨拶なし」