TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林、『ダイナマイト関西』の入場で笑われたワケ「笑い飯・西田さんと同じパンツ」

オードリー若林、『ダイナマイト関西』の入場で笑われたワケ「笑い飯・西田さんと同じパンツ」

2014.06.29 (Sun)
2014年06月28日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、バッファロー吾郎が主催する大喜利イベント『ダイナマイト関西』に出場し、入場の際に観客から笑われてしまった、と語っていた。

社会人大学人見知り学部 卒業見込
社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)

プロレスラーのように、緊張感のある登場を行いたかったにも関わらず、クスクスと笑われてしまったことから、「ラジオのリスナーが来て、真剣な表情でいることを笑ってんのか?」と思ったが、実はそうではなかったという。

中央のステージに立つと、なんと対戦相手のお笑いコンビ・西田幸治が、全く同じ柄物ハーフパンツの色違いを履いていたのだという。若林はステージ上でようやく、観客が笑っていた理由について気づいたそうだ。

若林正恭:今日、『ダイナマイト関西』で戦って。笑い飯・西田(幸治)さんと当たってね。

春日俊彰:うん。

若林正恭:恥ずかしかったのが、今、ハイビスカスのハーフパンツ履いてるでしょ?

春日俊彰:素敵じゃな~い。

若林正恭:俺にしては、派手だろ?

春日俊彰:冒険してるじゃな~い。

若林正恭:全く同じ柄の色違いを、西田さんが履いてたんだよ(笑)

春日俊彰:はっはっはっ(笑)

若林正恭:俺、入場のときに、プロレスラーみたくキメたかったの。花道から歩いてくるのを。

春日俊彰:うん。

若林正恭:それで、西田さんは俺と違う側の花道から入場だったの。違う客席からの通路から。だから、それまで気付かなかったの、それまで。

春日俊彰:うん。

若林正恭:それで、俺、プロレスとかCSで観てるから、ダイナマイト関西は、色んなやり方をする人いるけど、入場の時とかは、ちょっとピリピリ感ある方が楽しいんじゃないかなって思うの。

春日俊彰:うん。

若林正恭:それで、答えでみんな笑えれば良いなって。

春日俊彰:うん。

若林正恭:だから、ちょっと真剣な顔つきで花道を歩いて行きたかったんだけど。真剣な顔つきでちょっとうつむき加減。俺の無の表情、人見知りキャラみたいなところが、パブリックだってところがあるから。

春日俊彰:うん。

若林正恭:歩いてたら、クスクス、クスクス笑い声が聞こえてくるの。

春日俊彰:うん。

若林正恭:「またリトルトゥース来てんのか?」って思ったわけ。「俺が真面目に歩いてんのを、見て笑ってんのか?」って。

春日俊彰:うん。

若林正恭:舞台上がった途端に、会場が全体がクスクス笑ってて。なんだろうかなって思ってパって見たら、西田さんが全く同じハーフパンツ履いてて(笑)普段、2人とも履かないようなタイプじゃない?(笑)

春日俊彰:うん(笑)ちょっと冒険した方向が同じだったってことか。

若林正恭:そうそう(笑)

春日俊彰:それをお客さんの方が先に気づいててってことね?

若林正恭:そうそう。

春日俊彰:恥ずかしいね。なかなかないけどね(笑)そんなこと。

若林正恭:舞台、上がって、無言で立つ時間も長いから、イジられることもなくって感じだったんだけど(笑)西田さんとは引き分けで、又吉くんと戦って、勝てたの。なんとか決勝に進めたんだけどね。

【関連記事】
『IPPONグランプリ』出場も果たしたオードリー若林、大喜利への熱い思いを語る

南キャン・山里が語る「IPPONグランプリでの戦い」

有吉弘行が語る「IPPONグランプリで活躍した反響」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,若林正恭,春日俊彰,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:カンニング竹山、自分の見た目で目指すオシャレの完成形は「ドン小西」

前の記事:『IPPONグランプリ』出場も果たしたオードリー若林、大喜利への熱い思いを語る