TOPたまむすび ≫ 博多大吉、『an・an』に取材を申し込まれた驚きの理由「ジャニーズファンとして語って」

博多大吉、『an・an』に取材を申し込まれた驚きの理由「ジャニーズファンとして語って」

2014.06.19 (Thu)
2014年06月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00 - 15:30)にて、お笑いコンビ・博多華丸・大吉の博多大吉が、女性誌『an・an』の取材を受けたと明かしていた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話

若い女性向けの女性誌であり、俳優やモデル、そして若手芸人でもない43歳の自分が、なぜ取材を申し込まれたのか、と思いつつ指定場所に向かったところ、『an・an』の記者からは「ジャニーズについて語ってください」と取材目的をその場で聞かされたという。

大吉は、テレビ東京の番組『トーキョーライブ24時 ジャニーズが生で悩み解決できるの!?』で松岡昌宏、 相葉雅紀、堂本剛らジャニーズ事務所のタレントと共演し、さらにはラジオ番組『たまむすび』でも、ジャニーズタレントのライブBlu-rayも購入するほどのファンである、と公言していた。

さすがに漫才師として「ネタはどのように作られるんですか?」といった質問もあったそうだが、記事にはそのような記載はなく、全編ジャニーズについての話が掲載されていた。とどのつまり、一ジャニーズファンとして取材を受けたような状態であったようだ。このことに関して大吉は、「部室の陰みたいなところに呼び出されて、『○○君のこと好きなんだけど、どういう子?』って訊かれてる人」のような状態である、と喩えていた。

博多大吉のこの特集記事は、『an・an (アン・アン) 2014年 6/25号』に掲載されている。

博多大吉:雑誌に載っけてもらったんですよ。

赤江珠緒:何の雑誌ですか?

博多大吉:『an・an』。

赤江珠緒:おおっ(笑)ちょっと待って下さい(笑)

博多大吉:表紙に「美味しい体」って書いてある(笑)

赤江珠緒:すごくセクシーな「この夏みせる体の作り方」(笑)「美味しい体」(笑)

博多大吉:特集で、私インタビューの依頼がきたので。

赤江珠緒:ええ!?

博多大吉:私のチラチラみせる体を見てね…『an・an』側が、女性から見て素敵な体として私、選ばれたのかしら(笑)

赤江珠緒:たしか、先週でしたっけ?お腹をみせてくださいましたよね(笑)

博多大吉:プヨンプヨンのね(笑)

赤江珠緒:おじいちゃんのようなっておっしゃってましたよね、ご本人が。

博多大吉:だから着やせするタイプのやせ方もあるぞ、とね。そういうオファーできたのかなと思って。

赤江珠緒:マシュマロっぽいけど(笑)

博多大吉:『an・an』に載るなんて、考えられないわけですよ。

赤江珠緒:本当ですよ(笑)

博多大吉:若いお笑い芸人さんなら、まだ可能性もあるでしょうよ。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:もしくは、火曜パートナーの山ちゃん(山里亮太)のようにね、なんていうのかな…モテない系代表というか。

赤江珠緒:別枠がしっかりしていますから、アチラはね。

博多大吉:抱かれたくない枠とか、そういうので載る人もいるでしょうに。

赤江珠緒:確固たる地位を確立していますからね。

博多大吉:いたでしょうよ。私みたいな中途半端な年齢と言ってたらあれですけど…43歳で、なんで『an・an』からオファーがきたのかと思って。

赤江珠緒:確かに。

博多大吉:ちょっと見てもらっていいですか?

赤江珠緒:見ていいですか?…これね、表紙が本当にセクシーなんで(笑)

博多大吉:今日発売。

赤江珠緒:ちょっと色っぽいですけど、この付箋がついている…

博多大吉:付箋がついているところが、私なんですけども。

赤江珠緒:なんですか?「フーズ・ホット、この人に注目 博多大吉」(笑)

博多大吉:僕はさすがに毎週読んでいなかったんでわからないんですけど、『an・an』はいつからか、月1回一人をピックアップして白黒で、インタビュー 3 ページくらいやるのが今定番らしいんですよ。僕が「こんなページです」ってみせられた過去の『an・an』は、同じページに舘ひろしさんが載っていましたよ。

赤江珠緒:そうですか。これで何?どこ?不自然に外でタクシーを待っているみたいに(笑)

博多大吉:見て30秒ぐらいに、そういうこと言うのやめてもらっていいですか(笑)

赤江珠緒:ははは(笑)

博多大吉:吉本の本社の学校の中庭のところで、撮ったんですよ。

赤江珠緒:なるほど。それでちょっと遠い目を。

博多大吉:はい。

赤江珠緒:「東京タワーから生放送、しかも共演は大好きな人たち。夢のような2週間でした」

博多大吉:うん。ということで私のインタビュー記事がここから。

赤江珠緒:「背が高くハンサム、トークは知的、醸し出される色っぽさに夢中になる女子多数」

博多大吉:それはもうan・an編集部の方がつけてくれたキャプションだと思いますけど(笑)

赤江珠緒:はい。

博多大吉:2ページ…3ページくらい私載っているんです。写真とインタビューが。

赤江珠緒:わあ、すごい、本当ですね。

博多大吉:はい。

赤江珠緒:あれ、これ、たっぷりですよ。

博多大吉:ええ。かいつまんで言いますと、これ何のインタビューを受けているかというと。

赤江珠緒:何のインタビューです?

博多大吉:「ジャニーズ事務所の良さを語って下さい」っていうね。

赤江珠緒:ははは(笑)

博多大吉:うん。なんていうのでしょうね…

赤江珠緒:そうなんですか。

博多大吉:春、テレビ東京さんの番組をやらせていただいて、ジャニーズさんの方といろいろ絡ませてもらって。『たまむすび』でもよく言うでしょ?僕、「ジャニーズは良いですよ」とか。

赤江珠緒:そうですね。ジャニーズ特集もやりましたもんね。

博多大吉:「素敵だよ、大好きだよ」とか。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:…っていうのを聞いて、『an・an』が来てくれたみたいな。

赤江珠緒:なるほど、ジャニーズさんを斬る時に、この角度からもいってみようっていう。

博多大吉:う~ん、斬るつもりはまったくないんですよ。

赤江珠緒:せまる時に。

博多大吉:「一緒に好きなところを、言い合いっこしたい」みたいな。こういうニュアンスで来られたんです。

赤江珠緒:なるほど。

博多大吉:だから、僕それ知らなくて。「『an・an』の取材で、何月何日本社に2時間くらい時間をとった」とだけ。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:何を訊かれるかわからないんで、「抱かれたい男か?…抱かれたくない男とか…もしかして抱きたい女とか?」って。

赤江珠緒:なるほど。

博多大吉:そういうのを訊かれるのかなと思って、僕なりに結構、シミレーション立てて臨んだんですよ。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:「なぜ、今モテてるんですか?」とか。言われるのかなと思って。

赤江珠緒:なるほど。そしたら、「『ナナナ』は女の子風なのに、なぜおっさん声を?」っていう。

博多大吉:そうですね。

赤江珠緒:そんな感じですね。

博多大吉:うん、あのプロレスでいうとロックアップの体制ね。最初の組み合った時から、「ジャニーズについてどう思いますか?」っていう。

赤江珠緒:あぁ、本当ですね。

博多大吉:大分、面食らいましたけど。

赤江珠緒:「ジャニーズのBlu-ray買ったんですか?」っていう、記者さんが驚く質問とかね。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:そっちにすごく反応されてますね。

博多大吉:いろいろ言うと、「DVD持ってるんですか?」…とか。「持ってますし、最新のやつは僕、Blu-rayで買いました」とか。「え?Blu-ray?」とか(笑)

赤江珠緒:ははは(笑)

博多大吉:それぐらいの。

赤江珠緒:ファン同士の会話。

博多大吉:そうですね。それを1時間半くらいやったのかな。

赤江珠緒:あ~、そうですか。

博多大吉:「本当、今日はお忙しいところありがとうございました」って言われたんで。

赤江珠緒:だって全編、そうですね、質問にジャニーズさんのことが入っていますね。

博多大吉:いやいやいやと。その。

赤江珠緒:大吉先生、個人的な質問は?

博多大吉:ええ。モテる、モテないはもちろんですけど、一応、「漫才師としてネタはどうやって作っているんですか?」とか。「普段、どういう感じで仕事をしているんですか?」とか。

赤江珠緒:記事にはなってないですね(笑)一切ない(笑)もう最後の最後で、「それにしても大吉さんがジャニーズのファンだとはとにかく驚きました」っていう記者さんの締めなんですけど(笑)

博多大吉:はい。驚きました(笑)

赤江珠緒:驚きましたね、これ(笑)

博多大吉:僕も驚きました。だから、珍しくこういう仕事の時はゲラチェックしないんですけど、一応掲載前にみせて下さいって(笑)

赤江珠緒:ははは(笑)

博多大吉:僕、だって「ジャニーズいいですよね」っていう話しかしていなかったんで。

赤江珠緒:そうですよね。

博多大吉:これが『an・an』に載るわけないと思っていたんで。一応ゲラチェックしたら、本当にジャニーズのことしか載っていなかったんで。

赤江珠緒:なんだろう。大吉先生のこの惜しさ(笑)

博多大吉:わからない(笑)

赤江珠緒:惜しいですね。この『an・an』に載っているっていうこと自体は素晴らしいですよ、やっぱり。

博多大吉:すごい写真がね、かっこよく撮ってくれて。

赤江珠緒:写真もいいと思います。

博多大吉:うんうんうん。

赤江珠緒:だけど学校のね、なんかこうなんていうんですか、部室の陰みたいなところに呼び出されて、「○○君のこと好きなんだけど、どういう子?」って訊かれてる人じゃないですか、これ。

博多大吉:この主役にはなれないね(笑)アシストにまわる。

赤江珠緒:完全に(笑)

【関連記事】
博多大吉が語る、恐るべき田中みな実の女子力「銀座のホステスだったら月2億円稼げる」

博多大吉、西川史子のラブコール報じる記事に「西川先生がボケてスベってただけ」

博多大吉、好感度低い芸人・品川祐に「最後まで味方でいよう」と決心した出来事

博多大吉「キティちゃんのことを『節操無く誰とでも寝るネコ』と呼んでます」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 博多大吉,赤江珠緒,an・an,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:ナイナイ岡村、『オールナイトニッポン』放送1,000回目を迎え「あっという間」

前の記事:映画監督・井筒和幸が語る、男性のタマに左右高低差があるワケ「アメリカンクラッカー状態の防止」