TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、大きな影響を受けた母方の祖父「空襲を見て『綺麗だぞ』」

爆笑問題・太田、大きな影響を受けた母方の祖父「空襲を見て『綺麗だぞ』」

2014.06.18 (Wed)
2014年06月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、母方の祖父との思い出について語っていた。

笑う超人 立川談志×太田光
笑う超人 立川談志×太田光 [DVD]

島崎藤村の書生であったという祖父は、親戚の中で唯一、懐いていた存在だった。そんな祖父は、戦争中、東京に幾度となくやってくる空襲の中、燃える都市を見ながら興奮し、「綺麗だぞ!」という変わった人物だったそうだ。

太田は、祖父はよく遊んでくれて、一緒に蕎麦屋に連れて行ってくれる優しい祖父だった、と語っていた。「お母さんたちを呼んでおいで」と言われて、勢い勇んで蕎麦屋を出て行き、道が分からずに立ち尽くしているときも、その太田を発見して「偉いぞ。迷ったときは歩きまわらないのが正解だ」と言って優しく褒めてくれた、と振り返っていた。

田中裕二:おじいちゃんが島崎藤村の書生だったんだよね?

太田光:母親の父が、島崎藤村の書生だったんです。それは後から知るんですけどね。

田中裕二:知らないんだもんな、その時は。

太田光:僕は小さいころから、親戚づきあいもしてなくて。心を閉ざしてましたから。唯一、そのおじいちゃんだけは好きで。ウチに行くと…酒屋をやってるんですけど、おじいちゃんのところにバーって行って、懐いてたんですよね。

田中裕二:うん。

太田光:ウルトラマンごっことかやってくれるんですよ。おじいちゃんに飛び蹴りとかして(笑)

田中裕二:キツかったろうね、おじいちゃんも(笑)

太田光:「光、やめてくれ」って言いながらも、飛び蹴りして(笑)「ママ助けて~」ってウチのおふくろを呼んで(笑)「あんた、おじいちゃんに何してんの。おじいちゃん、死んじゃうでしょ」って怒られて(笑)

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:そういう感じで。でも、おじいちゃんはいつも優しくて。…ソバが好きでね。おじいちゃんと2人で、王子のおじいちゃん行きつけの蕎麦屋に行って。

田中裕二:江戸っ子っぽいね。

太田光:おふくろから聞くと、東京大空襲の中、姉妹5人くらいいるんですけどウチのおふくろだけなぜか、疎開せずに東京に残ってたらしいんですよ。おじいちゃんと2人で。

田中裕二:へぇ。

太田光:それで、空襲はしょっちゅうくる。そうすると、防空壕に行かなきゃいけないんだけど、おじいちゃんはおふくろだけ防空壕に残して、1人で飛び出して行っちゃうんだって。

田中裕二:ほぉ。

太田光:空襲を見に。「いよっ!」「たまや!」って。帰ってくると、大喜びで「綺麗だったぞ」って。

田中裕二:へぇ、凄いね。

太田光:「モボ(モダンボーイ)って若い頃は言われていた」っておばあちゃんが言ってましたね。若き日に島崎藤村を尊敬し、そこに。

田中裕二:へぇ。スゲェよな。

太田光:おじいちゃんが「光、蕎麦屋に行くぞ」って誘ってくれて、俺も喜んで行って。だけど、俺は、方向音痴じゃないですか。ましてや北区の王子なんか、正月くらいしか行かないから。

田中裕二:うん。

太田光:それでおじいちゃんと2人で行って、「お母さんたちも呼んでおいで。光、行けるだろ?」って言われて。「うん」って言うんだけど、行けるわけがないんですよ。熊木酒店っていう、ウチのおふくろの実家は、そんなに離れてないと思うんだけど、店を出た瞬間に、頭が真っ白に…頭が真っ白に…。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:ドアを閉めたはいいが、一歩も動けない。

田中裕二:分かる(笑)

太田光:店の前で一歩も踏み出せず、かといって帰るのも帰れず。ずっと立ち尽くす。

田中裕二:そう、立ち尽くす系なんだよね(笑)

太田光:ずっと何分くらいですかね、ずっと立ってて。

田中裕二:それ、小学校入学したときも一歩も動けなかったんでしょ?

太田光:そう。どっちに行ったらいいか分からなくて。どっちが校舎か分からず、一歩も動けず。

田中裕二:うん。

太田光:30分くらい経ったところで、当然、ウチのおじいちゃんは「こないな」って言って、家に電話して。「光が行ってないか?」「来てないわよ」ってことになって、「え?」って慌てて俺を探しにガラガラって開けたら、そこにいて。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:「光!」って。俺は恥ずかしくて。そしたらおじいちゃんが、「エライぞ」って言ってくれたんですよ。

田中裕二:あぁ、そう。

太田光:「お前はエライ。それで良いんだ。分からないときは動くな」って。

田中裕二:あ、それは凄いね。

太田光:「そこから動かないのが一番、エライ」って。

田中裕二:よく覚えてるね。

太田光:鮮明に覚えてますよ。その時のことは。嬉しかったし、ホッとしたり。「よし、よくやった」って言ってくれて救われたんだよ。「光、それで良いんだ」って。

【関連記事】
伊集院光、爆笑問題・太田のサッカーW杯での失言を危惧「恐らく余計なことを言うでしょ」

爆笑問題・太田、タモリの安倍首相への皮肉に「痛快だった」

爆笑問題・太田、石原慎太郎の過激な選挙応援演説に「引っ込めバカヤローと言いたい」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,田中裕二,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:「一冊に半年かかった」遅読の爆笑問題・太田が、島崎藤村、太宰治作品を読破した過程

前の記事:爆笑問題・田中、「偽原さとみ」こと落ドル・田代沙織との接点に驚く「弟が番組AD」