TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 金爆・歌広場淳、南キャン山里のラジオ出演の様子を分析して山里赤っ恥

金爆・歌広場淳、南キャン山里のラジオ出演の様子を分析して山里赤っ恥

2014.06.12 (Thu)
2014年06月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーの歌広場淳をゲストに招いて対談を行っていた。

ゴールデンボンバー 歌広場 淳
ゴールデンボンバー「ホントに全国ツアー2013~裸の王様~ 追加公演 at 国立代々木競技場第一体育館 2013.10.7 feat.歌広場 淳(本編Disc)

以前は山里のラジオ番組などを聴いてはいなかったが、歌広場は山里のラジオ番組に突然乱入出演を果たしてから(参照:山里亮太のラジオ番組に金爆・歌広場淳が突然登場「今度、一緒にライブ行きましょう」 / 南キャン山里、金爆・歌広場淳のラジオ番組乱入の裏側を聞いて唖然)、山里の番組を聴くようになったという。

歌広場は、昼のTBSラジオの番組である『たまむすび』に関しても聴くようになり、中でも映画評論家・町山智浩が登場する「アメリカ流れ者」のコーナーがお気に入りであり、そこでの山里のとあるクセについて語っていた。

「テンションが次第に上がっていく町山さんを制御するため、赤江珠緒さんが進行に必死になっているところで、山里さんが一言、つまらないことを言って和ませてくれる」「物語の核心に近いところで、『あっ…』と言って、分かったフリをする」など、山里にとっては言われたくないであろうことを次々に、歌広場は明かしていた。

山里亮太:押し付けがましいかもしれないけど、歌広場さんが緊張しちゃいけないかなって思って、来る直前、しっかりとスベらせてもらったから。

歌広場淳:あぁ、いつも通りですね。

山里亮太:ふふ(笑)

歌広場淳:凄い嬉しいです(笑)

山里亮太:あの、歌広場さん、ちょっと待ってね。いつも通りって評価は、やめてもらって良いかな?

歌広場淳:いやいや(笑)僕ね、この間、出してもらったじゃないですか。

山里亮太:そうそう。

歌広場淳:それまで、僕は山里さんのこと、好きでもなければ嫌いでもなかったんですよ。

山里亮太:ふふ(笑)

歌広場淳:本当に、ゼロ。

山里亮太:無だった?(笑)

歌広場淳:無だったんですけど、(乱入でゲスト出演したため)やっぱり興味を持ったじゃないですか。

山里亮太:あの時ね?

歌広場淳:そうです。『不毛な議論』、聴かせていただいてますよ。

山里亮太:あの時から?

歌広場淳:そうなんですよ。

山里亮太:ありがとう。

歌広場淳:そしたらね、最初の15分は面白くないねぇ(笑)最高ですよ!(笑)

山里亮太:はっはっはっ(笑)

歌広場淳:安心します。

山里亮太:あそこはね、みんなが「前説」って言うからね。

歌広場淳:あぁ、そうなんですね(笑)

山里亮太:俺の中では本編だと思ってるけど、みんなは「前説」って言って、「本編(子供達をせめないでのコーナー)」が始まるのを待たれちゃうんだから。

歌広場淳:でもね、やっぱり自分で番組を持ってるんだなって、スロースターターぶりながらも、面白くなっていく。

山里亮太:歌広場ちゃん、俺、自称・ロケットスタートを切ってるつもりだったんだけど(笑)

歌広場淳:あぁ、そうなんですか(笑)そんな風には、全然見えなかったですけどね(笑)

山里亮太:ボルトばりのロケットスタートだと思ってたんだけど。

歌広場淳:あぁ、そうですか(笑)

山里亮太:歌広場さんは、「サキュバスのコーナー」からでしょ?

歌広場淳:サキュバスも面白いですね。でも、こんなこと言っちゃなんなんですけど…

山里亮太:何?何?

歌広場淳:『不毛な議論』でこんなこと話させてもらうのも、申し訳ないんですけど、山里さんの真価が発揮されてるのは、『不毛な議論』ではないと思いますね。

山里亮太:ちょっと待ちなさいよ。

歌広場淳:いやぁ、これね…言って良いんですかね?

山里亮太:良いよ。

歌広場淳:赤江珠緒さんの『たまむすび』のアメリカ流れ者のコーナーですよ。

山里亮太:町山智浩さんのコーナー?(笑)

歌広場淳:そうですよ。あの3人の絡みですよ。

山里亮太:ちょっと待って。あそこを評価してもらったのは初めてよ。

歌広場淳:あそこの山里さんが、一番面白いと思いますよ。

山里亮太:ちょっと待って…どこらへん?それ聞いておきたいな。

歌広場淳:やっぱり、お笑いをやってらっしゃるじゃないですか。それで、ポジション的にも生意気にもツッコミじゃないですか(笑)

山里亮太:生意気にもって(笑)心の声がチラチラ出てるな(笑)

歌広場淳:いやいや(笑)そのツッコミが、ちゃんと視聴者の声を代弁してるんですよ。

山里亮太:届いてますか?皆さん。

歌広場淳:しっかりと、僕の目には届いてて。一番面白かったのは、町山さんが、最初、ローテンションじゃないですか?

山里亮太:まぁ、言っても時間的にもアメリカで電話受けてるから、遅いんだよね、時間が。

歌広場淳:それがどんどん、テンション上がってきて、赤江さんがどんどん進行に必死になって。

山里亮太:なってく。

歌広場淳:それで、笑いのテイストがなくなった時にね、一言、つまらないことを言って、場を和ませてくれるんですよ。

山里亮太:違う、違う(笑)超ユーモア言ってなかった?

歌広場淳:いやいや。下ネタの時は面白いんですよね。下ネタの時は面白いんですよ。『キャプテン・アメリカ』の回は、一番笑いましたね。

山里亮太:何言ったっけ?

歌広場淳:赤江さんがね、「『キャプテン・アメリカ』は、一寸法師みたいですね」って。

山里亮太:変なたとえを言って、町山さんを困らせてたね(笑)

歌広場淳:そしたら、しっかりと「変なたとえだ」って、そのままのことを言ってて(笑)

山里亮太:ふふ(笑)

歌広場淳:「そんなたとえ、ないよ」って。その後、浦島太郎って表現して、それにも上手いことツッコんでくれて。普通のことを普通に言ってるのに、「あ、こんな面白い」って、空気感がしっかりしてるんですよ。

山里亮太:そこなんですよ。ツッコミの技術って、そこが真価問われるんですよ。

歌広場淳:そうなんですね。

山里亮太:でも、「そこで(自分を)売ってない」ってところもあったから、今、心拍数が変な上がり方してる。ワードセンスよ?ワードセンスで勝負してるんだから。

歌広場淳:あぁ、そうですか。

山里亮太:しかもね、町山さんとのやりとりが、本当にアメリカのディープな話になったときの、俺の存在の消し方ね。

歌広場淳:そう!分からないことには、反応しない。素晴らしい。

山里亮太:分からないことに背伸びして反応すると、ネットが荒れるって知ってるからね。

歌広場淳:でも、たまに物語の核心について触れたようなことを町山さんが言ったときに、「あっ…」って言った後、何も言わない。

山里亮太:そう。そこなんです。

歌広場淳:気づいたフリして(笑)

山里亮太:気づいてんの(笑)

歌広場淳:そうですか?

山里亮太:気づいて、町山さんに「気づいてますよ」アピールね。…この分析はどうやら、『たまむすび』の人に聞かれたら恥ずかしいヤツだ(笑)

歌広場淳:ディープに語ったら、いくらでも語れちゃうくらい、山里さんのことを好きになったってことですよ(笑)

山里亮太:それ、好きになったって話かな(笑)

【関連記事】
南キャン山里、金爆の中で影の薄い歌広場淳の悩みにアドバイス「少ない出番の中で出来る限り頑張る」

金爆・歌広場淳、「嵐・松本潤がシャンプーしてくれて告白してくる」という妄想をしていると発言

金爆・歌広場淳、嵐・松本潤への深すぎる愛を告白「共演の石原さとみさんを可愛いと思ったことない」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 歌広場淳,山里亮太,ゴールデンボンバー,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:有吉弘行、アンジャッシュ渡部にイライラした過去「これBEAMSだよ?」

前の記事:南キャン山里、オードリー若林の漫才スパルタ特訓に疲労困憊「7時間ボケ続けられた」