TOPナイナイのANN/岡村隆史のANN ≫ ペナルティ・ワッキーが、番組収録中に公然とヤラセ

ペナルティ・ワッキーが、番組収録中に公然とヤラセ

2009.03.14 (Sat)
ペナルティ単独ライブ2007 [DVD]2009年03月12日放送の「ナイナイのANN」にて、ペナルティのワッキーが、収録中に公然とヤラセを行っていたことを、ナイナイ岡村が明かしていた。話の発端は、先週の土日に収録が行われていた「DOORS」の収録中のトークだった。

もはや恒例となった特番「DOORS」の収録は、時間をかなり押して、日曜日の深夜までかかったのだという。矢部は、「やべっちFC」の放送のため、途中で抜けざるを得なかったが、岡村はその後も収録に参加していた。

岡村は「矢部が帰ってから大変だった」と漏らしていた。というのも、機材トラブルの整備のため、収録が中断されてしまったそうだ。この機材トラブルが問題となったのは、たっちの二人が原因だった。「悪たっちキャラ」で、ゲームに関してクレームを付け続ける、というコントを行っていたところ、本当にそれを心配したスタッフ達が集まり、チェックを行った。

再び収録が開始されると、また「反応しない」などと訴える"悪たっち"。そこで、スタッフたちがまた集まりだし、撮影は再び中断となってしまった。

収録は伸び、微妙な空気が漂う。ケンドーコバヤシは岡村に「こんな空気になるのなら、次のゲームに進んだ方が良いのでは?」と進言したそうだ。だが、結果的にはゲームは続いた。クレームをまたつけようとした"悪たっち"に、岡村も「もう、ええやろ!」と止めさせたそうだ。ちなみに、このクレーム・コントは、あまり受けていなかったようだ。

そして、このゲームをとある芸人がクリアしたが、その人物は収録を伸ばした"悪たっち"の首根っこを掴んで、「見たか!」と叫んだそうだ。

こんなトラブルもある中、DOORSの第3回および第4回の優勝者であるワッキーがゲームに参加した。そこで、以下のようなヤラセを公然とやっていたそうだ。

有吉と同じチームでゲームに参加したワッキー。二人の頭には、失敗したときに爆発するヘルメットが被されていた。どちらかが失敗しても、二人とも爆破されてしまう、というゲームだったようだ。

有吉が応援され、頑張っている中、ワッキーは不甲斐ない様子だったようだ。そこでワッキーが失敗してしまい、二人ともヘルメットが爆発する…と思いきや、ワッキーのヘルメットだけ爆発しなかった。有吉のヘルメットからだけ、爆発音が響いた。

ところが、ワッキーは『リアクションしなくては!』と思い、あたかも鳴っているかのように驚いて倒れ込んだようだ。そして、しばらくスタッフの様子をうかがうようにしながら、長めに恐る恐るリアクションをとり続けた。

だが、この"ヤラセ"を見逃さなかった岡村は、すぐにその点を追求した。「ちょっと待ってくれるかな、ワッキーのヘルメットだけ、爆発していない。それなのに、リアクションをとってるのはオカシイ」と指摘した。

「たしかに、僕のヘルメットは鳴っていなかった」とすぐに認めたワッキー。「だけど、それは僕の責任ですか?鳴らなかったのは、スタッフの責任ではないですか?」と、すぐに責任を回避するかのような発言をしたそうだ。

「今のはヒドイ。とんだ茶番だ」と、岡村は言って、リプレイを流させたそうだ。「ヤラセだと思われてしまう」と糾弾すると、一声にワッキーを攻める空気になった。

「1のものを100にすることができる」技術のリアクション。芸人にとって、それは重要であるといっても、「0を100にする」ような"ヤラセ"になってしまうことは、見逃すことができないようだ。

ちなみに、長い間リアクションしていたのは、「(自分のも)鳴ったのかも知れないし、いつ鳴るのか分からない。だから長くリアクションしていた」と、その理由を岡村に語っていたそうだ。

【関連記事】
ナイナイ岡村 「今の若手芸人は、大変」

ナイナイ岡村が小島よしおへ愚痴った


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN
次の記事:加藤浩次 「スッキリ!!をやっていて困ること」

前の記事:爆笑問題・田中「小倉智昭は恥知らず」