TOPオードリーのANN ≫ オードリー春日、サッカーW杯に便乗した所沢のキャバクラで大はしゃぎ「PKゲームで3回延長」

オードリー春日、サッカーW杯に便乗した所沢のキャバクラで大はしゃぎ「PKゲームで3回延長」

2014.06.02 (Mon)
2014年05月31日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰が、地元である埼玉県所沢市に帰り、そこで友人たちとキャバクラで大盛り上がりした、と語っていた。

そこではサッカーワールドカップに便乗し、女性たちが選手のユニフォームを着ており、「店長はザッケローニ」「私はこの店の司令塔だから本田圭佑」「私は身持ち固いから川島永嗣」などとそれぞれのポジションごとに関連したユニフォームを着ていた、と語っていた。

さらに、途中でPKゲームなるものがあった、と春日は明かした。そのPKゲームとは、ポッキー・キス(PK)ゲームのことであり、ポッキーを使ったゲームであり、そのゲームが楽しくて、春日は3回延長してしまった、と語っていた。

オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ
オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ

春日俊彰:この間、地元に帰ったんですよ。埼玉県の所沢に。

若林正恭:はい、はい。

春日俊彰:地元の友達と夜に飲んで。プロペ通りで。

若林正恭:はい、はい。

春日俊彰:盛り上がっちゃって。「良い店あるから」っていうんで、キャバクラ行ったんですよ(笑)

若林正恭:プロペ通りで(笑)

春日俊彰:最近、久しぶりだし、コサージュ以外に行かないから、テンション上がっちゃって。

若林正恭:うん。

春日俊彰:所沢って、田舎というか地方都市の雰囲気あるから、「地方のキャバクラ来た」みたいな感じなのよ。

若林正恭:分かる。

春日俊彰:店の感じも、寂れてるというか田舎な感じがして。

若林正恭:中野と比べると。

春日俊彰:中野よりも田舎な感じでね。そこに入ったら、今、日本代表が決まったじゃん、ワールドカップ。

若林正恭:あぁ。

春日俊彰:その店が、ワールドカップ応援フェアみたいなのやってて。

若林正恭:うん。

春日俊彰:しょうもないのよ(笑)所沢のキャバクラ(笑)大画面のスクリーンに、日本代表の試合が流れてて。ブブゼラ鳴らされてて(笑)

若林正恭:女の子と喋るのがメインなのに、流れてるんだ?

春日俊彰:そう。流れてて。女の子もみんな、ユニフォーム着てるんですよ。日本代表の青いユニフォーム。

若林正恭:へぇ。

春日俊彰:そこかしこに居るわけ。「岡崎慎司」とかさ(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:「香川真司」とかさ。

若林正恭:まぁ、普通に岡崎じゃないのにな(笑)

春日俊彰:名前を訊いても、その日はみんなその日本代表の名前なのよ。「岡崎です」とか。それで、私のところについたのが、「本田圭佑」なのよ。

若林正恭:あぁ。

春日俊彰:本田が付いて。それで訊いたの。「なんで日本代表がたくさん居る中で、本田にしたの?」って。そしたら、「私、お酒飲んでも全然酔わないんですよ。だから、酔った子たちを開放したりとか、このお店の司令塔なんですよ」って。

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:「あぁ、そうなの」って(笑)

若林正恭:ちゃんと意味はあるんだね。フィールド上の役割に沿って。

春日俊彰:そうそう。意味はあるんだなって。それで、「店長はザッケローニって名前でやってるんですよ」って(笑)地方のしょうもない感じね(笑)楽しいんだけどね。
若林正恭:うん。

春日俊彰:その後に来たのが、「大久保(嘉人)です」って。

若林正恭:ふふ(笑)それも意味あるの?

春日俊彰:「なんで?」って訊いたら、「私、この店で年が一番上なんですよ」って。

若林正恭:あぁ。そういう意味があるのね。

春日俊彰:「川島(永嗣)」とかもいて。「アフターも行かない、ディフェンスが強い」みたいな(笑)何かしらに掛けて(笑)

若林正恭:川島はイヤだな(笑)

春日俊彰:川島だけキーパーの(笑)

若林正恭:キーパーグローブはしてないの?それはさすがに、タバコの火が付けられないか(笑)

春日俊彰:うん(笑)楽しくなっちゃって、お酒も進んで。そしたら、店が暗くなって、「オーレーオレオレオレー」って音楽が流れて。でも、今はもうその音楽じゃないじゃん(笑)

若林正恭:もう聴かないよね。

春日俊彰:Jリーグ当初のヤツじゃん(笑)それで、なんだろうなって思ったら、ザッケローニこと店長が、「今から、PKタイムでございます!」って(笑)

若林正恭:ふふ(笑)何?何をやるの?

春日俊彰:「何?何?」って清武(弘嗣)に訊いたのよ。変わってたから(笑)

若林正恭:変わるね、選手(笑)フィールドは動いてるね(笑)

春日俊彰:ふふ(笑)水物だからね(笑)「何?PKタイムって」って訊いたら、「PKタイムっていうのは、1時間に1回ある、ポッキー・キス(PK)ゲームなの」って。

若林正恭:何かが入ったら、とかじゃなくてね(笑)

春日俊彰:「ポッキー・キスゲームで、PKなの」って。「これで折れずにゴールできたら、サービスあるんですよ」って。

若林正恭:はい、はい。

春日俊彰:ドリンクとかおつまみが出たり、とかって。それでやったら、私は綺麗にゴールして、盛り上がっちゃって。結局、3回延長したんですよ(笑)

若林正恭:スゲェ楽しかったんじゃん(笑)

春日俊彰:凄い楽しかったのよ(笑)

次の記事に続く:

【関連記事】
オードリー春日、CAから連絡先を貰える期待を裏切られる「イケるんじゃないかと」

オードリー若林が夜の店に行くようになったワケ「一晩限りの恋で修羅場になるから」

オードリー春日、熱すぎる"自分磨き"への思いを語る「国に禁止されたら亡命する」

オードリー春日、パプアの村長と仲良くなったワケ「温泉で2人とも剥けてなかった」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,若林正恭,春日俊彰,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:オードリー春日、姪の幼稚園参観日で涙するも「前日訪れた店のキャバ嬢である母親と遭遇」

前の記事:爆笑問題・太田、AKB川栄李奈・入山杏奈ら握手会襲撃犯に「卑怯だという感覚がない」