TOPアッパレやってまーす! ≫ 千原ジュニアが語る、マンションを借りて生活費までくれた初恋の相手との別れ

千原ジュニアが語る、マンションを借りて生活費までくれた初恋の相手との別れ

2014.05.21 (Wed)
2014年05月20日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00-23:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、NSC(吉本総合芸能学院)に入学し、芸人になりたてで15歳にして経験したという初恋について語っていた。

15歳で恋愛経験もなく、同期で年上の芸人の助けを借りつつ、声をかけた女性は、年上のホステスだった。ジュニアは、その女性とクリスマスイブに付き合うこととなり、マンションを借りてもらい、生活費も世話になっていた女性と18歳まで交際を続けたという。そんな彼女との切ない別れについて、ジュニアは語っていた。

14歳
14歳 (幻冬舎よしもと文庫)

前の記事からの続き:千原ジュニアが語る、引きこもり状態を脱した15歳の初恋「クリスマスイブに結ばれた年上のホステス」

千原ジュニア:(初恋の相手と)付き合うことになって。

山本吉貴:へぇ~凄い。

千原ジュニア:ほんで、付き合うことになって。当時、バブルやし。若いホステスやったけど、物凄いカネ持ってた。

桂三度:うん。

千原ジュニア:「(付き合うなら)マンション、引っ越ししよう」って。

桂三度:自分も遊びに行きやすいしね。

千原ジュニア:うん。大国町にマンション借りて。

桂三度:真っ黒なマンションね。

千原ジュニア:うん。ほんでさ、ナニワの女って感じで。

桂三度:うん。

千原ジュニア:「ウチに任せておいたらエェねん」って。

山本吉貴:カッコイイなぁ(笑)

千原ジュニア:ちょいちょい、バイトとか行ってたけど、「やりたなかったら、やらん方がエェよ。だってアンタ、そんな時間あんのやったら、ネタ作った方がエェねんから」って。

桂三度:うん。

千原ジュニア:今、思ったら…ご飯食べてる時、お金ないやん。

山本吉貴:はい。

千原ジュニア:お金無いのに、ご飯食べに行くねんで、みんなで。バッファロー吾郎とか。夜中に。

桂三度:うん。

千原ジュニア:その子が、仕事終わるまで待っててん。それで、店に電話して。「○○でご飯食べてるから」「分かった」って、会計しに来てくれんねん。

桂三度:何歳やったっけ?J(笑)

千原ジュニア:俺、15歳(笑)

桂三度:いやぁ(笑)

千原ジュニア:15~18歳まで付き合ってて。バッファロー吾郎とか、なだぎ武とか、みんな仲良いし。

桂三度:そうか。

千原ジュニア:ご飯も食べさせてもうてさ。ほんなら、18歳くらいの時「今日、店で『古今東西 吉本芸人の名前』ってなったんや。ほんなら、そこで『千原兄弟!』ってお客さんが名前言ったんやぁ…凄い嬉しかってん」って言うてくれんねん。その頃、俺らもちょいちょいテレビ出だしたわけ。

桂三度:はい、はい。

千原ジュニア:ほな、自分で生活できるようになってんねん。

桂三度:うん。

千原ジュニア:ほんで、パワーバランス、おかしなんねん。

桂三度:うん。

千原ジュニア:それで、ギクシャクして別れることになってん。

桂三度:最終回や。

山本吉貴:切ない最終回やなぁ。

桂三度:シーズン1のな。

山本吉貴:シーズン1?続くの?

桂三度:ふふ(笑)

千原ジュニア:ほんでね、別れて3~4年くらい経ってたかなぁ。宗右衛門町歩いてたら、向こうから着物をバシーン来て、前髪グワーって上がった、完全にママに成り上がったっていう、その子が歩いてきたの。

桂三度:うん。どうする?

千原ジュニア:ほんで、ご飯食べに行ったけど。

桂三度:ほぉ。

山本吉貴:その世界で、頑張らはったんですね。

桂三度:そのときは、千原兄弟はテレビにバンバン、出てるときですか?

千原ジュニア:東京に行く前くらいやな。

山本吉貴:良い相方ですね。大阪の…なんかエェなぁ(笑)

桂三度:良いよね(笑)

【関連記事】
千原ジュニア、バイク事故により瀕死状態の中で兄・せいじが行った最低な行為

千原ジュニア、引きこもり時代に明るい世界を教えてくれた『いいとも』

伊集院光が語る「カフカ『変身』と不登校児の気持ち」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 千原ジュニア,桂三度,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:千原ジュニア、TOKIO松岡昌宏に謝りたいことがあると告白「気さくに話しかけてくれたのに人見知り」

前の記事:千原ジュニアが語る、引きこもり状態を脱した15歳の初恋「クリスマスイブに結ばれた年上のホステス」