TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次に、男好き疑惑があった?

加藤浩次に、男好き疑惑があった?

2009.02.08 (Sun)
極楽とんぼのテレビ不適合者 上巻~民放各局に拒否され実現できなかった企画集編!~ [DVD]2009年02月06日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、後輩芸人の間で「加藤はゲイなのではないか」という噂が流れていたことを話していた。その噂は、かなりの長い間、信じられていたようだ。

話の発端は、加藤の思いつき。加藤が「後輩芸人をからかって遊ぶ」ことを目的として噂を流した。だが、その手口は巧妙で、「自分でそうしたことを直接的に口にはしない。同期の芸人に『加藤には気をつけた方がいい。ココリコの田中もイカれているらしいぞ』などと噂を流させた」と話していた。

しかも、その噂を流してから、すぐには行動しない。何ヶ月か過ぎた後、普段は誘わない後輩芸人を飲みに誘ったそうだ。「後輩芸人からすれば、『とうとう来たか…』という心境なんだろうな」と加藤は語っていた。

「まずは、『飲み明かそうぜ』とか言って、終電の時間を過ぎさせる。その後に、急に酔った振りをして、『ごめん、眠くなった。(後輩芸人に)お前も終電が無くなって、帰れないだろ?オレの家に泊まりに来い』と言うんだよ」と、そのドッキリの経過を語った。

その後のことについては、以下のように話していた。

「部屋数もそんなにないから、同じ部屋に寝ることになる。しかも、『セミダブルのベッドなんだから、一緒に寝られるだろ?男同士なんだからいいじゃねえか』と誘った」と加藤は話していた。もちろん、ゲイ疑惑の話を聞いていた後輩は固辞しようとするが、それを許さなかったそうだ。

「一緒に寝ることになったら、すぐには手を出さない。2時間くらい、寝たふりをするんだよ。そして、まずは後輩の腹の辺りを触る。最初の内は『寝ぼけてるのか?』と思わせる。そして、徐々に股間の方へ手を持って行く」と、ここだけ聞くと、ホンモノなのではないかと思うような話をしていた。

「もちろん、後輩は『勘弁してください』っていうんだけど、『いいじゃねえか、少しぐらい』って言って揉んだ」と加藤は語った。実際、加藤はソッチの気があるのではないかと思わせるような話の内容だった。

【関連記事】
加藤浩次 「マツコ・デラックスの強烈すぎる人生経験」

加藤浩次 タクシーでの驚き体験


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:本当は腹黒い?石塚英彦

前の記事:加藤浩次 「偽りばかりの人生」