TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林が語る、ブレイクするまでに支えてくれた4冊のネタ帳「ズレ漫才が誕生する瞬間」

オードリー若林が語る、ブレイクするまでに支えてくれた4冊のネタ帳「ズレ漫才が誕生する瞬間」

2014.05.11 (Sun)
2014年05月10日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、芸人1年目から書き溜めていたネタ帳について語っていた。

番組の企画で、今までのネタ帳を全て持ってきて欲しい、と若林は依頼されたという。そのため、実家を訪れた若林は、数年にわたって書かれ、現在も捨てずにとってあるというネタ帳を持ち帰った、と語っていた。

その中に、「土」「種」「茎」「花」とタイトルが付けられたネタ帳があり、オードリーがM-1でブレイクしたきっかけとなったズレ漫才の誕生がそこに書かれていたことを明かしていた。

社会人大学人見知り学部 卒業見込
社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)

前の記事:オードリー若林が語る、若手時代の試行錯誤「芸人1年目のネタ帳に書かれていたこと」からの続き。

若林正恭:2006年のネタ帳を見ると…私、悩んでますね。

春日俊彰:うん。

若林正恭:1人でファミレスで悩んでて、書いてるんでしょうね、感情を。

春日俊彰:うん。

若林正恭:28歳の時ですね。「俺たちには、M-1もない。オンバト(爆笑オンエアバトル)もない。ホープ大賞もない。笑金(笑う金メダル)もない。エンタ(エンタの神様)もない。技術がない」って書いてあるんですよ(笑)辞めちまえよ(笑)

春日俊彰:救いがねぇな(笑)普通、最後になんかあるだろ(笑)

若林正恭:救いねぇな(笑)

春日俊彰:なんでも良いじゃん、それは。「体力がある」とかでも、なんでも良いじゃんね(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)救いがねぇなってツッコミだよね(笑)

春日俊彰:そうだね。周りが、テレビとか出てたけど、我々だけ出てなかったんだよね。何も出れないっていう。

若林正恭:そういうのが、イライラしてたんでしょうかね。

春日俊彰:うん、そうか。

若林正恭:テレビに出るための心構えみたいなのも書かれててね。テレビに対する考え方なのかね、「俺たちは、インターホンを押して、お辞儀をしてテレビに使ってもらうのではなく、突然、押しかけて使ってもらう」って書かれてるんですよ(笑)

春日俊彰:トンガリ過ぎだろ(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:ちゃんと押して、お願いしますって言って使ってもらえよ(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)トンガってるんですよ(笑)それで、やたら色んなところに「テレビに出るのが目標じゃない」って書かれてるんですよ(笑)

春日俊彰:出たいんじゃねぇか!テレビのことしか書かれてねぇじゃないか。出たいんじゃねぇか。「M-1も、笑金もない」とか言って(笑)

若林正恭お前、超テレビ出たいんじゃねぇかよ(笑)

春日俊彰:自分しか見ないネタ帳で、誰に強がってんだよ(笑)明日の自分に強がってるんだろうね(笑)

若林正恭:本当だね。27歳くらいの時ですよね(笑)

春日俊彰:そうしないと、やってらんないんだろうな。

若林正恭:ネタ帳1冊1冊にね、私も自意識過剰で今でいう中二病なんですかね。タイトルを付けてるんですよ。

春日俊彰:ネタ帳に?

若林正恭:インターホンのくだりが書いてあるネタ帳には、「インサイド」ってタイトルが(笑)

春日俊彰:どういう意味なのよ(笑)内角?えぐりこんで打つ、とかそういう意味?(笑)

若林正恭:よく分からないです(笑)その時の俺に訊いてくださいよ(笑)「お前、インサイドってなんだよ?」って顔を近づけて訊きたいですよ(笑)

春日俊彰:「ネタ帳、No.5」とかでも良いだろって(笑)

若林正恭:「枯渇」っていうタイトルを書いてるのもあって。それには、「あと100回舞台に立って辞める」って書かれてるんですよ。

春日俊彰:ほぉ。

若林正恭:カウントダウンされてるんですよ。

春日俊彰:あと何回ってね。

若林正恭(そっくり館)キサラも一部で、100回舞台に立って結果を残せなかったらやめる、みたいなことで付けてるんでしょうけど。

春日俊彰:うん。

若林正恭:ゼロになったら、やめちゃうってことなんだろうね。

春日俊彰:それまでに売れなかったらね。

若林正恭:それが「枯渇」ってタイトルだったんですけど。「枯渇させよう」って意味だったんでしょうね。ゼロになるまでの、舞台での結果が書かれてるんですけど。

春日俊彰:あぁ、全部出しきってやめよう、と。

若林正恭:面白かったですよ。ずっと見てたら、ゼロを通り越して、-24までなってるから(笑)

春日俊彰:辞めてねぇじゃねぇか(笑)辞めろよ、ゼロで(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:なんで辞めないんだよ(笑)

若林正恭:辞めろ、バカヤロー(笑)

春日俊彰:枯れ果ててんじゃねぇか、すでに(笑)

若林正恭:124回舞台に立ってるんですよねぇ(笑)

春日俊彰:うん(笑)

若林正恭:3部作になってるネタ帳がありまして。

春日俊彰:ネタ帳が?(笑)

若林正恭:タイトルを言いますよ。最初が「種」次が「茎」最後が「花」っていうネタ帳があったんですよ(笑)

春日俊彰:ふふ(笑)

若林正恭:それでね、「茎」が2005年10月くらいなのよね。2005年10月に初めてズレ漫才をやってるんですよ。これ、ハッキリしたね。

春日俊彰:あぁ。

若林正恭:2005年10月に、1発目のズレ漫才をやって、2006年の5月にデートのネタを作ってるんですって。それが「茎」でした。

春日俊彰:なるほどね。

若林正恭:「花」で、『ぐるナイ』出てました。

春日俊彰:あぁ、咲いたじゃない(笑)

若林正恭:咲いてました。

春日俊彰:その3部作、良いんじゃない?

若林正恭:良いかもしれませんね。

春日俊彰:結果が出てようやくね。…その「土」ってネタ帳は何?

若林正恭:「種」の1個前のヤツですね。

春日俊彰:4部作だったんだ。

若林正恭:4部作でした。「土」「種」「茎」「花」でしたね。

次の記事:オードリー若林、叶えることができた20代のネタ帳に書いた夢「若手時代にやりたかった仕事」に続く。

【関連記事】
オードリー・若林「若手芸人が彼女に依存するワケ」

オードリー若林が語る、南キャン山里の笑いにストイックな姿「常に追い求めてる人が纏うオーラがある」

オードリー若林、自分のモノマネ芸人を見て「自分のトゲトゲしさ」を痛感


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,若林正恭,春日俊彰,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:オードリー若林、叶えることができた20代のネタ帳に書いた夢「若手時代にやりたかった仕事」

前の記事:オードリー若林が語る、若手時代の試行錯誤「芸人1年目のネタ帳に書かれていたこと」

本日の注目記事