TOPナカイの窓 ≫ 南キャン山里らの同世代芸人、自分たちの世代は「尖って、ギラギラした野心がない」と分析

南キャン山里らの同世代芸人、自分たちの世代は「尖って、ギラギラした野心がない」と分析

2014.05.08 (Thu)
2014年04月30日放送の日本テレビ系の番組『ナカイの窓』(水曜日 23:59 - 24:54)にて、南海キャンディーズ・山里亮太、オードリー・若林正恭、ピース・綾部祐二ら「山里世代」の芸人たちが出演していた。

「山里世代」の芸人たちは、中居たちの世代とは異なり、自分たちは血気盛んに先輩・後輩関係なく仕事に向かったり、鋭いオーラのようなものを纏っていることもない、と分析。その世代間での違いについて語っていた。

前の記事:SMAP中居正広が語る、とんねるずの『ザ・ベストテン』に打ち勝った凄さからの続き

たりないふたり-山里亮太と若林正恭
たりないふたり-山里亮太と若林正恭【初回限定版】 [DVD]

山里亮太:『とんねるずのみなさんのおかげです』とか、僕らが小さいときに「この人たち、スゲェ面白いなぁ」って思って観てた時って、とんねるずさんとかが今の俺らと同じ年くらいですからね。

中居正広:もっと下の年齢じゃない?

陣内智則:もっと下。

中居正広:とんねるずが、30歳くらいじゃない?バリバリやってた頃って。だから、(山里世代は)「何やってんだ世代」じゃない?

山里亮太:その括り、やめて(笑)

中居正広:『ごっつええ感じ』とか『とんねるずのみなさんのおかげです』とか、23~24歳から、30歳くらいの間だと思うんだ。

若林正恭:『ガキの使い』が、25くらいで始まってるから。

綾部祐二:『ごっつええ感じ』が、26歳って言ってましたね。

中居正広:今の10歳くらい下の人たちがやってるってことなんだよね。…「何やってんだ世代」じゃない?

山里亮太:ちょっと、その括りやめてください(笑)でも、絶対にダメなのよ、今言ったスターと比べちゃ。

中居正広:欽ちゃんの世代があって、ビッグ3の世代があって、とんねるず、ダウンタウンの世代があって。

山里亮太:はい。

中居正広:とんねるず、ウッチャンナンチャン、ナインティナインくらいから、出ないもんね。

陣内智則:ウワッて大勢いる感じだもんね。

中居正広:『めちゃイケ』以降、ないもんね。

鈴木紗理奈:「中居世代」の芸人さんと仕事することが多いんですけど…「山里世代」の人たちって、全然怖くないんですよ。「中居世代」の芸人さんって、怖くて、もう喋りかけもできないし、本番以外で喋るなんてとんでもない。楽屋も一緒になったら、シャキってせなアカンって思うし。

魔娑斗:それは、年上だからっていうのもあるんじゃない?

中居正広:山里世代の下の人たちは、どう思ってるんだろうね?

綾部祐二:下の世代が、俺らに対してそういうことは…ないよね。

若林正恭:ないね。

陣内智則:たしかに分かる気がする。緊張感がある世代と、無くなってる世代ね。

鈴木紗理奈:逆に、気を遣って喋りかけてくれたりするんですよ。だから、芸人さんのイメージって、この世代と一個上の世代で、全く変わった。

中居正広:格闘技の世界はどうなの?

魔娑斗:俺は上のヤツを全員、食ってやろうと思ってたんです。実力の世界なんで。

中居正広:年上だろうが長くやってようが関係ない、と。

魔娑斗:強いヤツが偉いんだ、と。そういう気持ちはないのかな?

綾部祐二:そういう気持ちで入ってきたんですけど、一瞬で「敵わない」って。

若林正恭:僕らの世代は、ザキヤマさんとかにちょっと尖ろうものなら、楽屋で「おい、トンガリ」って。

陣内智則:潰されるんやな(笑)

若林正恭:そう。ファッションとか「服とか興味ないです」って言えば、「芸人たるもの、服にこだわるべからずみたいな?」って言われるし(笑)

中居正広:そこで踏み込まなきゃ勝てないってこと?

魔娑斗:勝てないし、そういうパワーのある人がいないわけですよ。

中居正広:この世代で凄いっていうのは誰?

若林正恭:(ウーマンラッシュアワー)村本(大輔)くんですね。

中居正広:でも、アイツも(上の世代に)気をつかうよ。俺らの顔色を伺うもんね。

若林正恭:そうですね。

陣内智則:だから、ホンマに「いったれ!」って感じじゃないよね。

山里亮太:「いったれ!」っていう人が、誰もいないんですよ。

綾部祐二:たとえば、先輩に「今日、先輩後輩関係ないいきますから!」って、本気でガチで思ってるヤツは、1人もいないんです。

中居正広:マジか。若い頃から?今、この年齢になったからってことじゃなくて?20代の頃は、「よし、今日はいったろうか」っていうのは?

綾部祐二:それもないです。

中居正広:マジで?

綾部祐二:感覚としては、「なんとか気に入っていただきましょう」っていう。そっちのほうが近いです。

中居正広:俺らは、光GENJIすごかったけど、光GENJIより上に行こう!って気持ちはあったよ。

綾部祐二:これを聞いて僕らが思うのは、「だから中居さん、今のこういうポジションにいらっしゃるんだな」ってしか思わないんですよ。そこで、出来る?

若林正恭:いや、できない。

陣内智則:僕らは二丁目劇場ってあったんですよ。千原兄弟さんがトップで、メッセンジャーさんとかいた時は、俺は一番後輩やったけど、先輩やろうが裏でケンカしてたもん。

中居正広:なるほどね。

陣内智則:ガチで、先輩関係あらへんわ!って。「あの返し、なんや?」とか。「あんなんで、笑いにならへんやろ」って。

中居正広:でも、志は一緒だからね。面白いものを作ろうっていう志は。

鈴木紗理奈:そういうの言った方が良いですよ。そういうの言わないから、綾部さんとかが言うことが、全然、リアリティ持って聞こえないんです。「熟女が好き」とか言っても…

綾部祐二:そこに繋がってくるんですか?(笑)

鈴木紗理奈:キャラ作りにしか聞こえない。だから、ガンガン行って欲しいんだけどね。

【関連記事】
オードリー若林、同世代芸人に突き抜けた売れっ子がいないことを危惧「南キャン山里と反省」

南キャン山里、ダウンタウンの世代と自分たちの世代の違いに愕然

オードリー・若林が明かす「南キャン・山里の隠れた努力」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,中居正広,綾部祐二,若林正恭,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナカイの窓
次の記事:南キャン山里が語る、同年代が先輩芸人のようになれないワケ「偉大すぎる前例へのコンプレックス」

前の記事:SMAP中居正広が語る、とんねるずの『ザ・ベストテン』に打ち勝った凄さ