TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・田中、「タモロス」という言葉は自分が考えたと主張

爆笑問題・田中、「タモロス」という言葉は自分が考えたと主張

2014.05.04 (Sun)
2014年04月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二が、「タモロス」という言葉を自分が考えた、と主張していた。

「タモロス」とは、32年続いた『笑っていいとも!』が終了し、タモリが出演していない昼の番組を観ることで寂しく思うという感情を表す言葉である。元は、『あまちゃん』を毎平日観ていた人たちが、『あまちゃん』終了に伴い、寂しく思っていたということで考えられた「あまロス」という言葉であり、そこから「タモロス」なる言葉が流行りだしていた。

爆笑問題のニッポンの教養
爆笑問題のニッポンの教養 DVD-BOX (Vol.1~5)

太田光:今日、やくみつるさんに会ったんでね。

田中裕二:はい、今日会いましたね。

太田光:さっそく、俺のギャグを「流行語大賞」に提案するだけでもしてくれって頼んできました。

田中裕二:はい。多分、しないと思いますけどね(笑)

太田光:うん。まぁ、今のところね、STAP細胞あたりかなぁって話をしてましたけどね。

田中裕二:『アナと雪の女王』だね、今は。

太田光:あぁ、そうかぁ。それも上半期だからまだ分からないけど。

田中裕二:まだ分からないけどね。サッカーワールドカップとかもあるから、そこでまたあるかもしれないし。

太田光:あと、「タモロス」ね。

田中裕二:これ、俺ですからね。「タモロス」ね。

太田光:お前じゃないだろ。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:お前は、玉ロスだろ。

田中裕二:玉ロスなんだけど(笑)これは本当にね、俺が1月の段階で、3~4月に『いいとも』が終わる頃に、「タモロスって言葉が流行りだすよ」ってことを記者の皆に行ったんですよ。

太田光:記者の皆に?

田中裕二:取材を受けたじゃん。『いいとも』の取材。各紙、合同取材で、「タモロスっていいな。タモロスって言葉、きっと流行りますよ。俺が言いましたからね」みたいなことを言ったんですよ。絶対に流行るの、確信を持ってたから。

太田光:うん。

田中裕二:もちろん、「あまロス」があってのことだから、俺が考えたオリジナルの言葉だって思ってないけど、最初に公で言ったのは俺ですよ。取材だから、公っていえば公ですよ。

太田光:ホントにイヤだ。

田中裕二:なんで?(笑)

太田光:なんか、凄い本気…凄い本気だよね。卑怯だよ。

田中裕二:卑怯ってなんだよ(笑)タモロスってどうせ流行るんだろうけど、俺にしてみれば、どっちかといえば競馬の予想が当たった、みたいな。「このアイドル売れるよ」みたいな。

太田光:流行語を狙ってるの、俺だから。

田中裕二:えぇ。そうだけど(笑)

太田光:それを割りと真実味みたいなのを出して、そういうことを言ってさぁ…凄いイヤだよ。

田中裕二:分かりますけど、別に流行語大賞を狙ってるとか全然、ありませんから。

太田光:また、そういうこと言うでしょ。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:俺は狙ってるってキャラでやってるんですよ。でも、「俺は狙ってないけど、流行ってしまってるのは俺の言葉」みたいなのは…なんで俺への対抗意識で、上に行こうとするの?

田中裕二:してないよ(笑)

太田光:しかも、謙虚な姿勢で上に行こうって。ホント汚れきってるよな。腐れ切ってるよ、お前の精神は(笑)

田中裕二:そこまで(笑)本当に俺は、CMに出てる可愛い女の子がいて、「この女の子、売れるよ」って言った子が売れたのと同じなんだよ。

太田光:だから、たまたまみたいな。「お前を意識してじゃない」みたいなことも言うけど。

田中裕二:だって本当に…

太田光:だったら、もう、それは封印してくれ。二度と言わないでくれ。

田中裕二:わかったよ(笑)

太田光:二度と言わないで。そういうの、本当に腐れ切ってる。汚れてる。

田中裕二:何回言うんだよ(笑)

太田光:人間的に汚れてる。

田中裕二:もう分かったよ(笑)

【関連記事】
やくみつる「流行語大賞が4つになったワケ」

やくみつる「テレビを観ない流行語選考委員・姜尚中のズレた選考感覚」

やくみつる「流行語大賞の受賞者は、かなり前に受賞を知っている」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,田中裕二,太田光,タモロス,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:南キャン山里、後輩芸人と同居することに「後輩に慕われたくて」

前の記事:爆笑問題・太田、『アナと雪の女王』の主題歌に「May J.は要らないのでは?」