TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 南キャン山里、ロケの天候運の無さを明かす「ダウンタウンと共演で大雪」

南キャン山里、ロケの天候運の無さを明かす「ダウンタウンと共演で大雪」

2014.04.24 (Thu)
2014年04月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、フジテレビ系の番組『とんねるずのみなさんのおかげでした。』の「きたな美味い店」の収録に参加し、その際に春の温暖な気候から一転、ひどく寒い日に収録日が当たってしまったことについて語っていた。

そこから、山里は以前にダウンタウンと共演した際にも大雪になり、天候に関して「好きな人と絡むときに運がない」と明かしていた。

クイック・ジャパン 104
クイック・ジャパン 104

前の記事:南キャン山里、とんねるずにハマりたくて共演前に猛勉強「過去の放送を徹底研究」からの続き

山里亮太:番組に出る準備してて(南キャン山里、とんねるずにハマりたくて共演前に猛勉強「過去の放送を徹底研究」)。番組収録の日になったのよ。朝、集合場所があって。直前まで、『ケンイチ』(BS日テレ)って番組があって。それが機械トラブルとかで、ちょっと押しちゃったのよ。

「ヤバイ」と。「これ、遅刻ちゃう」って思って。遅刻なんか、俺の中で許されないから。急いで、『ケンイチ』も盛り上がって終わって、時間押しちゃったから急がなきゃいけないなって思って。それでタクシーに乗り込もうとしたら、変な人に絡まれちゃってさ(笑)

いきなりムービー構えられて、「最近、面白くない山里さん、面白いことどうぞ」って。本当にさ、2004年以来だけどこれ使って良い?久しぶりにこのセリフ言うよ?「日本が銃社会だったら撃ってるよ!」…久しぶりだね(笑)

2004年、みんなが言ってたの。「彼のツッコミは1つもはずさないね」なんて言われてたヤツ、使っちゃったけどさ。そんなこと言われながらタクシーに乗り込んで。またそういう時に限って、道に迷うのよね。

その運転手さんが「ここだと思うんですけどね」って言われて降ろされたの、どこだと思う?墓地だからね。よくわからない墓地に降ろされちゃって。「違うんじゃないですか?」って言って一生懸命探して。でも、ギリギリ間に合って。

ここ最近、暖かったじゃない?それで、好きな人と絡むときに運がないのよ。スゲェ寒かったんだよね。金曜日。急に、谷間のように寒かった時あったじゃん。みんなが「寒い、寒い」って。『みなさんのおかげでした』のプロデューサーの 安西(義裕)さんがデッカイ声でチンピラみたいに「寒ぃよ!なんだよこれ、やべぇよ」なんて言って暴れててさ(笑)

ヤバイなぁ、これどうしようって思って。それでタカ(石橋貴明)さん来られたから挨拶して。「寒いね」なんて話をして、俺のせいかな、なんって思いながら。それでノリ(木梨憲武)さん来て、「お、山ちゃん」って。普通に山ちゃんって呼ばれるからね。「よろしくねぇ」なんて言って。肩の力の抜け方が、カッコイイのよ。

そこからよ。台本をずっと読み込むの。ガッチガチで。するとよ、周りのよくテレビに見切れてるスタッフさんが「真面目過ぎるよ」って取り上げるの(笑)取り上げたりしてるところに、この番組でも作家やってる小川(浩之)さんが現場にいるから、助けてくれるのかなぁって思ったら、小川さんもやっぱりあっち側の人だね。取り上げる側なんだね、ニコニコしちゃってさ。

昔、南海キャンディーズが世に出させてもらった頃、ダウンタウンさんと番組に出させていただいた時もそうだったのよ。「フレンドリー・ダウンタウン」って企画が昔あってね。そのダウンタウンさんと若手芸人が、ダウンタウンさんのどちらかにタメ語を使いながらロケする時があったの。

これもね、春先だったの。その時に、春の珍事ってくらい大雪が降ったの。まぁ空気悪くなっちゃってね。しかも、そのロケも今までは浜田さんに敬語を使ったらビンタって指示だったのが、俺の回から初めて、松本さんに敬語を使ったらビンタって指示だったんですよ。

松本さん、ビンタはちょっと苦手って話になって。低周波治療器でやっていこうって話になって。それで、俺が敬語使っちゃったら、低周波やるんだけど、それが伝わりが遅くて、敬語使っちゃって「あぁ…」って思ってから3秒くらい経ってから「痛っ」って感じで、そのロケも変な感じにしちゃってね。

そのときの収録にあったことが、頭によぎるわけ。プロフィールに書いてある『ジャズバーでセッション』っていう、若手によくあるウケ狙いの特技…アレがリンカーンのスタッフさんに伝わってて。「最後、松本さんと浜田さんに、ジャズ、聴かせてあげてよ」って言われて、もう断れないじゃん。若手だし。「アレ、ジョークなんです」って言えないから歌って、松本さんが「これなんやねん」って言って帰った…っていうトラウマが一瞬、よぎったんですよ(笑)

【関連記事】
南キャン・山里「石橋貴明に遭遇して鳥肌が立つ」

南キャン山里、とんねるずにハマりたくて共演前に猛勉強「過去の放送を徹底研究」

南キャン・山里「とんねるずが生放送に出るワクワク感」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 南海キャンディーズ,山里亮太,とんねるず,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:南キャン山里、とんねるずの番組で「山里、腕時計を買う」が決定か

前の記事:南キャン山里、とんねるずにハマりたくて共演前に猛勉強「過去の放送を徹底研究」