TOP単発番組 ≫ タカアンドトシ・タカ、『いいとも』最後のスピーチで劇団ひとりと「まさかのネタかぶり」していた

タカアンドトシ・タカ、『いいとも』最後のスピーチで劇団ひとりと「まさかのネタかぶり」していた

2014.04.23 (Wed)
2014年04月21日放送のニッポン放送系のラジオ番組『タモリの「われらラジオ世代」秘蔵版』にて、漫画家の久保ミツロウ、能町みね子が、フジテレビ系の番組『笑っていいとも グランドフィナーレ』で起きていた出来事について語っていた。

その中で、お笑いコンビ・タカアンドトシのタカが、ウソ泣きを披露しようとしていたところ、直前の劇団ひとりに、ウソ泣きをするネタの先を越されてしまい、仕方なく急遽、別のボケを用意したことが語られていた。

タカアンドトシ 本音か!!
タカアンドトシ 本音か!!

能町みね子:私が好きだった話は、芸人さんには「ここは真面目な話をしてください」ってスタッフさんは言ってたらしいんです。

上柳昌彦:あぁ、はい。

能町みね子:でも、スタッフさんはもちろん、芸人さんだから「ボケてきてしまうだろう」って予想済みな上で、「真面目にやってください」って言ったらしいんですね。

上柳昌彦:はい。

能町みね子:まず、スタッフさんの読みでは、アンタッチャブルの山崎(弘也)さんがボケてくるだろうって考えてたらしいんですけど、それよりも前に、バナナマンの日村(勇紀)さんがボケちゃって。

上柳昌彦:ボケてましたね(笑)

能町みね子:ちょっと予定外だったらしいんです(笑)

上柳昌彦:はっはっはっ(笑)

能町みね子:そこで、一気に芸人はボケる空気になってしまって。そこで困ったのが、タカアンドトシのタカさんだったらしいんですよ。

上柳昌彦:ふふ(笑)

能町みね子:タカアンドトシのタカさんは、とても真面目な方なんで、本当に真面目にやろうと思ってたらしいんです。だけど、みんなボケてるから、「俺はどうしよう」って思ったらしくって。

上柳昌彦:えぇ。

能町みね子:「よし、ここは真面目にやるフリをして、がっつりウソ泣きをしよう」って思ったら、直前に劇団ひとりさんが、ウソ泣きをしちゃって(笑)

上柳昌彦:得意のね(笑)

能町みね子:得意の芸をやっちゃって、「俺は何をしたら良いんだ」って(笑)もう困っちゃったらしくって、意味もなくトシさんを連れていくってことをやったらしいですね。

上柳昌彦:あぁ(笑)そのパターンをやったわけですね。

久保ミツロウ:いい話だぁ。

能町みね子:芸人さんって大変だなって思って(笑)

上柳昌彦:うわぁ、あの中で心理戦が繰り広げられてたんですね。

久保ミツロウ:ドキュメントで、もう一回、アレをやった方が良いんじゃないかって(笑)

上柳昌彦:「その時、日村の心境は」とかね(笑)

久保ミツロウ:そうそう(笑)

能町みね子:それで、鶴瓶さんに対しては、「3分でお願いします」って言ってたら、6分になったらしいです(笑)

上柳昌彦:あの人らしいですね(笑)

能町みね子:それはスタッフさんも予想済みで、「3分でお願いします」って言っておいて、スタッフさんも6分とっておいたらしいんです。

久保ミツロウ:ふふ(笑)

上柳昌彦:あぁ、なるほど(笑)

能町みね子:そしたら、6分ちゃんと(笑)

久保ミツロウ:本当に、裏のスタッフさんの読み、最高だなぁって思って(笑)

上柳昌彦:スタッフの証言も入れて、ドキュメンタリーで凄い良いの作れますよ(笑)

能町みね子:1年後くらいにやって欲しいですね(笑)

【関連記事】
ダウンタウンととんねるずの共演-『いいとも グランドフィナーレ』の舞台裏で何が起きていたか

タモリ、『いいともSP』の出来に大満足「スピーチだけで番組が出来るバラエティの凄さ」

バナナマン設楽、『いいとも』タモリへの挨拶で笑いをとりにいったワケ


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : タモリ,久保ミツロウ,能町みね子,タカアンドトシ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組
次の記事:千原ジュニア、初対面の女性にいきなり「ダウニー入れすぎ」と言われイライラ

前の記事:爆笑問題・田中、『いいとも』最後のスピーチで見せた正確な時間読み能力