TOPケンドーコバヤシのテメオコ ≫ ケンドーコバヤシ、台湾のバラエティ番組でスベらされる「ツッコミ文化のない台湾」

ケンドーコバヤシ、台湾のバラエティ番組でスベらされる「ツッコミ文化のない台湾」

2014.04.16 (Wed)
2014年04月14日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』(毎週月 25:23 - 25:53)にて、お笑い芸人のケンドーコバヤシが、台湾のバラエティ番組からオファーされ、出演したと語っていた。

緊急特別番組 容疑者ケンドーコバヤシ逮捕 ~事件の真相に迫る・完全版~
緊急特別番組 容疑者ケンドーコバヤシ逮捕  ~事件の真相に迫る・完全版~ [DVD]

ケンドーコバヤシ:この間ね、僕、台湾行ってきたんですよ。

千原ジュニア:ほぉ。

ケンドーコバヤシ:台湾に、ロケで行くとかじゃなくて、台湾の番組にゲストで呼ばれたんですよ。

千原ジュニア:ほぉ。

ケンドーコバヤシ:その番組のトップ演出家みたいな人がいて。その人が、日本のお笑いを好き過ぎるんですよ。メガネ掛けて、恰幅の良い短髪の人なんですけど。僕が「おはようございます」って入っていったら、「あぁ!おぉ~!」みたいな。

千原ジュニア:うん(笑)

ケンドーコバヤシ:「写真、一枚、良いですか?」みたいな。通訳さんを通じて話をしたんですけどね。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:台湾のバラエティにゲストで呼ばれて。マネージャーに訊いたら、「バラエティって聞いてます」と。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:それで行ったら、台湾の最新のファッションとコスメを紹介する番組で(笑)そこに、この演出家の人が、あまりにも日本のお笑いを凄く好きでいてくれてて。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:台湾のめちゃめちゃハンサムなイケメンの俳優さんと、台湾のディーバみたいな女性がゲストに呼び込まれて。

千原ジュニア:はい。

ケンドーコバヤシ:それで、「今日のファッションのこだわりは?」「今日はね、季節を先取りして薄着で来たんだけど、どうかな?」みたいな。ひな壇があって、大学生のオシャレに敏感な男女20人がいて。

千原ジュニア:うん(笑)

ケンドーコバヤシ:「さぁ、今日は特別編です。またまた日本のゲストがやってきました」って。前に、(田村)淳も呼ばれたみたいなんやけど。

千原ジュニア:台湾で番組もやってたみたいやな。

ケンドーコバヤシ:そうなんです。台湾で物凄い人気なんです。「ロンブーの淳さんにつづいて、日本のトップイケメン芸人がきてくれました!」って(笑)

千原ジュニア:トップイケメン芸人?

ケンドーコバヤシ:「トップイケメン芸人だと?」と思いながら(笑)ほんなら、出囃子がパリコレみたいな曲で(笑)しゃあない、気取って歩かなって思って(笑)

千原ジュニア:飲み込まれてもうたな(笑)

ケンドーコバヤシ:飲み込まれて(笑)ほんまに、皆さんにどうにかして観て欲しいんですけどね。台湾に友達がいる方とかで、録画頼んで観て欲しいんですけどね。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:果敢に頑張ったんです。

千原ジュニア:おぉ。

ケンドーコバヤシ:ずっとボケたんですよ。ボケの要らない番組で。「今日のファッションのこだわりは?」って訊かれて、「今日はね、全部、母親に縫ってもらいました」って。

千原ジュニア:おぉ(笑)ちゃんと放り込んだ(笑)

ケンドーコバヤシ:放り込んだんですよ(笑)ほんなら、台湾の番組って、カメラの向こうに、キーボード奏者がいるんです。それで、なんかあったときに「♪ホワ~ンホワンホワン!ピローン」みたいなのが鳴るんですよ。

千原ジュニア:あぁそうか。ツッコミって文化がないから。

ケンドーコバヤシ:ツッコミ文化がないから。

千原ジュニア:それがツッコミなんやな。「ここが笑うところですよ」みたいな。

ケンドーコバヤシ:そうなんです。「今日は、母親に縫ってもらいました」「♪ホワ~ンホワンホワン!ピローン」…大学生シーンみたいな(笑)何人かと目があってね(笑)

千原ジュニア:うん(笑)

ケンドーコバヤシ:「とびきりファッションショー」みたいなコーナーがあって。日本から衣装を一式送ってもらってて。それに着替えてくれ、と。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:台湾にイケメン俳優と、「ガチンコファッション勝負です」って。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:僕は、よく履くチノパンとハット。それで、まず台湾の人が、ベースボールキャップを斜めにかぶって、イチローが履いてるようなピタピタのスパッツ。それに腰巻き巻いて。ピチピチのスーツ・ジャケット、グラサンで出てきて。「今日は、スポーティーを取り入れてみました」みたいな。たしかに、パリコレに出てるみたいなんですよ。

千原ジュニア:はい。

ケンドーコバヤシ:僕は普通な格好で出てくじゃないですか。それで、台湾で初めてパリコレに出た人、みたいな人が審査員でいて、「彼のこだわりはなんですか?」って訊かれて。

千原ジュニア:おぉ、きたよ(笑)

ケンドーコバヤシ:そこで頑張って。「今日のポイントはハットです。このハットを見て欲しいので、今から下、全部脱ぎます」って。

千原ジュニア:おぉ!

ケンドーコバヤシ:「♪ホワ~ンホワンホワン!ピローン」…シーンみたいな(笑)最後はいい加減、司会者の人も「この番組は、ファッションを勉強する番組なんですから、ちゃんとやってください」って言われて、「…えーっと…シャツのこの辺が気に入ってます」って(笑)でも、果敢に頑張りました。

千原ジュニア:でも、しゃあないよな。こっちは芸人として呼ばれてんねんから。ちょっと説明不足やなぁ。

ケンドーコバヤシ:お化粧品をみんなで試すコーナーもあって。僕、ほっぺた塗られたんですよ。「どうですか、ケンコバさん。いつもの化粧品とどうですか?」って言われて(笑)いつも化粧なんかしないから(笑)「いやぁ、いつも日本では、ヤギの血を塗ってるんですよねぇ」…「♪ホワ~ンホワンホワン!ピローン」シーンって(笑)

千原ジュニア:それに悪意あるんちゃう?(笑)

ケンドーコバヤシ:ジュニアさん、日本のバラエティ番組をめっちゃ観て、オファーかけてる人なんで、俺のカタキとってください(笑)

【関連記事】
ケンドーコバヤシ「リアクション芸の神・出川哲朗のカッコよさ」

ケンドーコバヤシ「芸人になるために生まれた人間」

ケンドーコバヤシ「紙パンツが結びつけた夫婦の話」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ケンドーコバヤシ,千原ジュニア,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ケンドーコバヤシのテメオコ
次の記事:フット岩尾、ブサイク顔が万国共通でウケる「小さい子に顔指されて『WHY ?』」

前の記事:千原ジュニアが語る、『いいとも』出演に間に合わなかった時にも怒らなかったタモリ