TOPバナナマンのバナナムーン ≫ バナナマン設楽、『いいともSP』タモリへの挨拶を最後まで迷っていた「もう取り返しつかない」

バナナマン設楽、『いいともSP』タモリへの挨拶を最後まで迷っていた「もう取り返しつかない」

2014.04.05 (Sat)
2014年04月04日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・バナナマンの設楽統が、フジテレビ系の番組『笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号』で、タモリへの挨拶を行うスピーチで、笑いをとりにいった決断をしたことについて語っていた。

bananaman live 2013 Cutie funny
bananaman live 2013 Cutie funny [DVD]

設楽統:(『笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号』で)タモリさんへの挨拶があってね。

日村勇紀:レギュラーたちが、タモリさんへ向けて。

設楽統:アレも、全員がしたわけじゃないんですよ。『いいとも』のレギュラー年数が長い人が、基本は持ち時間も長く、って決まってて。

日村勇紀:うん。

設楽統:俺らは、2人でこれくらい、っていうのが決まってて。

日村勇紀:うん。

設楽統:その後、タカトシとかは年数も長いし、1人ずつ、とかは決まってて。

日村勇紀:うん。

設楽統:そこまで別に、大したことじゃないんだけど…挨拶で、他のところでも俺らが流れを変えた、とかっていうのが言われたみたいで(バナナマン設楽、『いいとも』タモリへの挨拶で笑いをとりにいったワケ)。

日村勇紀:我々が3番目でね。…いいですか、リスナーからのメールいいですかね。

リスナーメール:『いいともグランドフィナーレ』観ました。バナナマンのスピーチも観ました。設楽さん、日村さん、あんたらカッコ良すぎるよ。淡々と設楽さんが話し始めたとき、何かが始まる予感がしてドキっとしましたが、日村さんのモノマネが始まった瞬間、鳥肌が立ちました。最後のセリフとともに、設楽さんが日村さんの頭を叩いた瞬間、震えました。しかも、スタジオが揺れるほどの大爆笑。もう一度言います。あんたら、カッコ良すぎるよ。

設楽統:いや、ありがとうございます(笑)これもね、「どうしようか?」って言ってたんだよね。

日村勇紀:ずっと言ってたの。

設楽統:あんな場で挨拶すること自体も緊張するし、イヤだし、会場にも芸能人がグジャグジャいるんだよね。

日村勇紀:一般の方もいるんだけど、芸能人が大半で。

設楽統:しかも、お笑いの先輩もいるんだよ。ヒロミさんだったり。

日村勇紀:鶴太郎さんもいます。

設楽統:リーダー(渡辺正行)もいるし。そういう人もバーっているから、普通の挨拶、しかも最後のところでは、どうなんだろうって思って。

日村勇紀:そう。ぶっちゃけ、どうしていいか分からない。

設楽統:そうそう。基本は、2人一緒に行くから、そんな長い時間じゃないし。

日村勇紀:「1分くらいでやってください」って言われてたんだよね。

設楽統:そんな感じで言われてて。一応、置きにいくか、攻めるかのパターンですよね。

日村勇紀:まぁね。

設楽統:ビビって置きにいくかってノリもあったんだけど。

日村勇紀:茶化すのも…っていうのがあったからね。

設楽統:ここでスベったり、変なことをしても取り返しつかないじゃん。次の特番で取り返すっていうのもないから。

日村勇紀:ラストだしね。

設楽統:そう。そしたら、俺ら前半の方だから、様子見もできないし。

日村勇紀:サッシー(指原莉乃)がトップ、2番がベッキーで、それで3番目に俺らなのよ。

設楽統:そう。それでさっき言ったレジェンドたちの共演ですよ。あの時は、もうみんな昂ってたよね。高揚してて。

日村勇紀:みんな興奮してて。

設楽統:それで、座ってるときに最終的に「あの挨拶の形でいこう」と。

日村勇紀:うん。「もう、やっちゃおうか」って。

設楽統:そこまでそんな、流れがどうこうってことじゃなくて。

日村勇紀:うん。

設楽統:でも、アレも怖かったね。ウケるかどうか。

日村勇紀:怖かったね。

設楽統:俺も、思いっきり叩いたもんね。凄い叩いた。日村さんも、「(思いっきり)きてね、きてね」って(笑)

日村勇紀:「頼む、設楽さんツッコんでくれ」って(笑)

設楽統:そんな事細かくは決めてないからね。

日村勇紀:立ち位置も決めてないからね。

設楽統:立ち位置、本当は俺、横でやりたかったのに、マイクが立ってる位置が、(ステージ端)ギリギリなのよ。それで、2人並べないんだよね。

日村勇紀:俺が立つと、設楽さんが落ちはしないけど、ギリなんだよね。

設楽統:本当に端っこだったから、縦になっちゃって。それが、逆に後ろに控えてる感じで、やりやすかったね。

日村勇紀:始めは俺が後ろに立ってて、入れ替わって、俺がマイクの方に行って、設楽さんが後ろに立ってて。後頭部を叩きやすい位置になって。

設楽統:うん。スゲェ思いっきり叩いちゃってね。まぁまぁ、結果、良かったかなって思うね。

日村勇紀:郷ひろみさんの「リーでした」っていうモノマネをやったんですよ。要は、関係ないだろっていう。

リスナーメール:火曜(『爆笑問題カーボーイ』)の爆笑問題さんと、木曜(『おぎやはぎのメガネびいき』)のおぎやはぎが、バナナマンのスピーチで笑いをもっていったことを、絶賛してました。その時の心境を教えてください。ちなみに、水曜の山里さんは、何も言ってませんでした。

設楽統:山ちゃん、関係ないもん。

日村勇紀:うん(笑)関係ないからね(笑)でも、お笑い芸人がみんな関係してますよね。

設楽統:今言ってきた通りだけど…なんか変な空間ではあったよね。「現実には、これが起きてるのか」って感覚で。

日村勇紀:そうだね。

【関連記事】
バナナマン設楽、『いいとも』タモリへの挨拶で笑いをとりにいったワケ

おぎやはぎ矢作、『いいともSP』タモリへのスピーチでボケたバナナマンを賞賛

ナイナイ矢部が語る、『いいともSP』の混乱状態を必死に仕切ろうとした爆笑・田中、中居正広


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : バナナマン,設楽統,日村勇紀,,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン
次の記事:バナナマン設楽が語る、『いいともSP』の混乱する舞台で何もしないタモリの凄さ

前の記事:バナナマン設楽が明かす、『いいともSP』でとんねるず木梨憲武が考えていた構成