TOPナイナイのANN/岡村隆史のANN ≫ ナイナイ岡村が証言、とんねるず石橋が『いいとも』でダウンタウン松本のもとへ乱入した舞台裏

ナイナイ岡村が証言、とんねるず石橋が『いいとも』でダウンタウン松本のもとへ乱入した舞台裏

2014.04.04 (Fri)
2014年04月03日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(毎週木 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、フジテレビ系の番組『笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号』で、とんねるずの石橋貴明が、ダウンタウン・松本人志のもとへ乱入していったその舞台裏について語っていた。

天狗のホルマリン漬け
天狗のホルマリン漬け

岡村隆史:奇跡の瞬間。もう、何からおしゃべりしましょうか。

矢部浩之:何を聴きたいですか?(笑)

岡村隆史:そもそもの構成からいきますか。構成表、順番みたいのがありまして。

矢部浩之:台本やね。

岡村隆史:台本、あるんですけど、誰も台本開けてないですよね。紙一枚あって「この順番です」っていうのが置いてあったんですよ。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:見たら、吉永小百合さんのブロックがあって、その後に①明石家さんま、②ダウンタウン、③ウッチャンナンチャン。ここで、言うたら1つブロック終わりやったんですよ。それで、ちょっと空いて、次にナインティナインって書いてある下から、爆笑問題、とんねるず、笑福亭鶴瓶…って書いてあるんですよ。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:これは、言うたら、色んなところで話題になってるから言いますけど、「不仲説」だとか、「大人の事情」やとか、色々あるのかも分かりませんけども。

矢部浩之:スタッフの気遣いやね。

岡村隆史:そう、気遣いなんですけど、さんまさん、ダウンタウンさん、ウンナンさんまでクリアすれば、「後はもうガーって行けるでしょ」っていうことやったんですよ。

矢部浩之:「ナインティナインで、ワチャってしよう」っていう。

岡村隆史:ワチャって。そこからは、大人の事情。不仲説、そんなの関係ないから、ワチャっていこうよってなってたんですよ。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:それで、普通にスタンバイしますよね。吉永小百合さんのブロックになって、さんまさんが出て行って、『日本一の最低男』のコーナーが始まって、それで僕ら(石橋)貴明さんの楽屋に居たんですよ。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:貴明さんの楽屋にいて、色々喋ってたら、おぐ(小倉伸一)…『スマスマ』のディレクターさんが、呼びにきたんです。「ナイナイさん、用意してください」って。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:「ちょっと早いなぁ」って思って。まだダウンタウンさんも出てはらへんかったし。「ちょっと早いなぁ」って思って、でもスタンバイなんやぁって思って。

矢部浩之:さんまさん、(時間)押すやろうって予想はしてたよね。

岡村隆史:うん。「やけに早いなぁ、スタンバイ」って思ってたら、おぐ(小倉伸一)が「貴明さんも、スタンバイお願いします」って言ったんですよ。そしたら貴明さんが、「早くない?まだ。まだでしょ?」って。貴明さん、その時点では、パンツ一枚だったんですよ(衣装担当のスタッフに「シワになるから、脱いでおいてください」と言われたため:石橋貴明の闘志を燃やさせていた、松本人志「とんねるずと共演でネット荒れる」発言)。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:パン一の状態やったんですよ。僕らが用意して、オシッコ行って、上に上がった時に、ダウンタウンさんが、ウンナンさんと一緒に入ってきたんですよ。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:それは聞いたんです。「ダウンタウンさんとウンナンさん、時間がないから2組同時に出るようです」って。「それはエエねんけど、俺らのところからリセットするのツライなぁ」って思って。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:一旦、全員ハケて、俺らからスタートするってなったら、これは厳しいなぁって思ってたんですよ。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:ほんなら、なんか分からへんけど、僕らの前をとんねるずさんが走って行ったんですよ。

矢部浩之:前室をね。

岡村隆史:「え?」ってなって。「何?何?」って。

矢部浩之:また大きい2人やから。迫力あるのよ(笑)

岡村隆史:ザーって行ったから、「何なん?」って言うたら、中からスタッフが出てきて、「とんねるず、行くよ。とんねるず、行くよ」って(笑)「行くってどういうことですか?順番は?」って言ってたら、ダーって出て行ったの。ほんなら、その横を今度は爆笑問題さんがワーって抜けていって。「え?爆笑さん?」って。「マイク、マイク!」って。そこから、「マイクを早くつけてくれ!」って言ってて。

矢部浩之:どんどん抜かされて行ったの。

岡村隆史:「あれ?」って思って。ほんで、とりあえずマイクついたから、バーって行こうと思ったら、まだ田中(裕二)さんがいたんですよ。目の前におったから、「これは太田さん出てるし、田中さん先に出てからやな」って思って、田中さん待ってから、モニター見て、「もうエェかな」って思って、俺は出ていったんですよ。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:本来の順番は、ウッチャンナンチャンさんの後に、仕切り直してから、僕らからスタートっていう感じやってんけど。

矢部浩之:3組帰ってからね。終わってからね。

岡村隆史:そう。でも、アレ、よくよく考えると、全ては松本(人志)さんやと思うねん。

矢部浩之:へっへっへ(笑)

岡村隆史:松本さんが「とんねるず」って単語出さなかったら、とんねるずさんの乱入、無かったかもしらんのよ。何故ならその時、パンツ一枚やったから。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:パンツ一枚で、流れを見てはったから。もしかしたら、どこかで乱入しようって思ってたかもしれへんけどね。「長い!」って言って、出ていったかも分からへんけど…あの松本さんの「とんねるず…」っていうのが無かった、乱入は無かったかも分からん。

矢部浩之:あの形じゃなかったかもね。

岡村隆史:そうじゃなかったと思う。ほんで、「とんねるず」って言葉が出たから、その瞬間にパンツ履いて、マネージャーさんに「ノリタケに『行くぞ』って言ってくれ」って言って、マネージャーさんがノリタケさんのところに行ったら、ノリタケさんも服を着てたみたいで、行く気満々やったらしくって。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:行くついでに、太田さんに「殴りこみに行くぞ」って(実際は、「太田、行くぞ!」だったようだ:爆笑問題・太田、『いいともSP』出番直前の石橋貴明は「殴り込みに行くみたいな顔」)。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:「殴りこみに行くぞ!」って言われたから、爆笑さんもしゃあないやんか。

矢部浩之:東京勢やな(笑)

岡村隆史:東京勢。だから、とんねるずさんと、爆笑さんは東京を背負って、出て行った感じやったわ。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:でも、多分、松本さんが言わなかったら、実現してなかったんかなぁって。

矢部浩之:俺らだけやな、何も背負ってなく(笑)一番最後に(笑)おまけや。

岡村隆史:おまけ。

矢部浩之:4番目に出るって書いてあったから、「出なアカン」っていう。

岡村隆史:そう、とりあえず出たけど、もうあんなんってさ、俺らが素人の時に観てた人たちが、あそこにいるわけですよ。

矢部浩之:凄いわ。

岡村隆史:凄いんですよ。あんなのって無くて。一回、俺らが河田町にフジテレビあったときに、チョコチョコ出てくる話ですけど、『春の祭典』(1994年『FNS番組対抗!なるほど!ザ・春秋の祭典スペシャル』)で、さんまさんがいて、ダウンタウンさんがいて、とんねるずさんがいてって。それを俺ら、ぎりぎり見れてんねん。

矢部浩之:緊張感あったね。

岡村隆史:緊張感あった。せやけど、凄いじゃないですか。本来ならば、交わることの無かった人たちが、『いいとも』っていうか、タモリさんっていう人がいたからこそ、あそこにザッと並んだという。

矢部浩之:凄いよね、タモリさん。フジテレビの歴史の凄さもあるし。

岡村隆史:もうないですよ。式年遷宮じゃないですけど、50年ないですよ。

矢部浩之:ないわ。

岡村隆史:もうみんな死んでるし。

矢部浩之:集まらへんな。

岡村隆史:最後に、アレを見れたんですよ、テレビで。これは『いいとも』のおかげやし、タモさんのおかげっていうのもあると思いますけどね。

矢部浩之:舞台上って、客席には同世代の芸人さんもおって、上の芸人さんも座ってはるじゃないですか。席に座ってる人の顔って、こっち側からしか見えないんですよ。

岡村隆史:昔のレギュラーの方とかね。

矢部浩之:みんなね、お客さんの顔。「なんじゃこら」っていう。

岡村隆史:ホンマ。

矢部浩之:もし、僕らが座ってたら、その顔になってるし。あれは凄いなぁって。

岡村隆史:俺はもう、客席見てないで、みんなの顔見ててん。「揃ってる、揃ってる」みたいな(笑)「どうなんの?これ」って。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:あの時に、あれだけのメンバーがきたら、収集つかないじゃないですか。あの時に出たカンペって、何か知ってます?

矢部浩之:生放送で(笑)

岡村隆史:あれだけのレジャンドがいるときに、細いペンで全員に出したんですよ。カンペ。そのカンペ、一枚だけですけど、あんだけの人たちが集まるとどんなカンペが出るかというと、「みんなで仲良く話しましょう」ってカンペが出たんですよ。

矢部浩之:凄いね(笑)幼稚園や(笑)先生が子供にいうような。

岡村隆史:あの面々を前にして出せるカンペって、それしかなかったんですよ。もうホンマに(笑)「みんなで仲良く話しましょう」ってカンペ(笑)……貴明さんがマイク付けて出て行くとき、めちゃめちゃ怖かった。エグい顔してたわ。そのことも言うたら、貴明さんはなんでか分からへんけど、さんまさんのことを「明石家さん」っていうから、「明石家さんがどうとか、ダウンタウンがどうとか、もう良いじゃん、別に」って。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:「みんなでやれば良いんだよ。こういうことなんだよ。…でも、楽しかったぁ」ってずっと言ってた。よっぽどやったんやろな。

矢部浩之:そうやなぁ。前室で「やってやるよ!」って舞台行きはったからね(笑)

岡村隆史:なんかやっぱり、あんねんな、そこが。若頭っぽいところが。

矢部浩之:アスリートメンタルやね。それを聞かされた俺ら、その後、もう…(笑)やってやるよ、とかじゃないし(笑)

岡村隆史:いや、とにかく凄い。凄い、こんなん並ぶのが凄いなぁって。


【関連記事】
とんねるず石橋、ダウンタウン松本との不仲説を否定「番組一緒にやりたい」

石橋貴明の闘志を燃やさせていた、松本人志「とんねるずと共演でネット荒れる」発言

爆笑問題・太田、『いいともSP』出番直前の石橋貴明は「殴り込みに行くみたいな顔」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : とんねるず,石橋貴明,木梨憲武,岡村隆史,矢部浩之,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN
次の記事:ナイナイ岡村・矢部、『いいともSP』で帰ろうとするダウンタウン松本・浜田を引き止めていた

前の記事:おぎやはぎ小木、「ディズニーランド」のオリエンタルランドに新卒入社していた