TOPやりすぎコージー ≫ 千原ジュニア 九死に一生を得た話

千原ジュニア 九死に一生を得た話

2007.11.25 (Sun)
2007年11月25日放送の「やりすぎコージー」にて、千原ジュニアがオートバイ事故で生死をさまよった話をした。

話は、26歳の時に遡る。事務所に雑誌で掲載するアンケート用紙を提出しに行った時、リットン調査団が、カラフルな花の中に顔を入れてにこやかに笑う写真があって、いたく気に入り、やけに印象に残っていたという。

アンケート用紙を提出後、オートバイに乗って帰っていたら、タクシーと衝突。地面に叩き付けられ、自分の頭の周囲には、血だまりができていたという。その後の危機的な状況のことを、以下のように語っていた。

救急車で運ばれ、病院に到着。緊急治療室で治療を受けることになった。その際、奇妙な夢をみたのだという。一面に綺麗な花畑があり、目の前には川が流れていた。まさにそれは、「三途の川」のようだったという。

よく分からずに歩いていると、川の対岸から、奇妙な2人が手招きをしていたという。その2人とは、花の着ぐるみをきた、あの写真のままのリットン調査団だったという。

その瞬間、「向こうに行ってはダメだ!」と思い、奇跡的に命が助かったという。

【関連記事】
オオカミ少年 片岡正徳の九死に一生話

ナイナイ岡村 vs 大泉洋の攻防 2回目


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  やりすぎコージー
次の記事:99(ナイナイ)岡村が、よゐこ有野に嫉妬?

前の記事:オオカミ少年 片岡正徳の九死に一生話