TOP単発番組 ≫ 明石家さんまが語る、『いいとも』レギュラーを辞めた理由

明石家さんまが語る、『いいとも』レギュラーを辞めた理由

2014.04.01 (Tue)
2014年03月31日放送のフジテレビ系の番組『笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号』にて、明石家さんまがビートたけしの紹介で最後のテレフォンショッキングのゲストとして呼ばれ、タモリとトークを行っていた。その中で、明石家さんまが『笑っていいとも!』レギュラーを辞めた理由について語っていた。

本人vol.11
本人vol.11

明石家さんま:こうして喋るのもエェけど、僕とタモリさんというのはやはり、小さい円卓、テーブルで喋った方が良いんじゃないか、と。

タモリ:あぁ、そうだね。これ(テレフォンショッキングのセット)だとちょっと、不自然な感じだね。

明石家さんま:今の若い子は知らないでしょうけどね。だって、今から19年くらい前に、ここを去ってるんですから。ディレクターとケンカして、僕は辞めたんですけど。

タモリ:え?ケンカしたの?

明石家さんま:ディレクターとケンカして辞めたんですよ。

タモリ:誰?

明石家さんま:誰って、名前言ったらアカンがな(笑)

タモリ:今日、来てるかもしれない。

明石家さんま:来てないんじゃ…タモリンピック担当やった人。

タモリ:今日、ほとんどのディレクター来てるよ。

明石家さんま:だから、それは名前はエェから(笑)そこで、小さいこのスタジオで、障害物レースをやったんですね。

タモリ:おぉ、やったやった。

明石家さんま:やった?

タモリ:その時にね、そこで、真面目にやらずにウケようとしたんだよ(笑)

明石家さんま:そりゃウケようとしますよ、芸人やから。お笑いの人間やから分かってくれてると思うけど、障害物レースで、網があったんで。網の中に引っかかって、「さんまが獲れた!」って(笑)その時は、凄いウケたの。

タモリ:ふふ(笑)

明石家さんま:天井落ちるんちゃうん?ってくらい、ドッカーンとウケたんですよ。そしたら、タモリンピックは真面目にやってくれ、と。

タモリ:うん。

明石家さんま:「真面目にやってもらわなければ困るんです」と。「ちょっと待て」と。

タモリ:うん。

明石家さんま:「俺が真面目にやったら、俺の個性が死んじゃうでしょ」って話をしたんですよ。

タモリ:うん。

明石家さんま:「真面目にやらなければいけないってことなら、辞めます」って。それで辞めたんですよ。

タモリ:あぁ。オギリン?

明石家さんま:オギリンじゃない(笑)オギリンは違う(笑)

タモリ:オギリンは知らないと思いますけどね。モールス信号を打ちながら喋る人なんですよ(笑)

明石家さんま:そうそう(笑)赤坂通りのホテルで、外人同士がいちゃついてて、「Change me」って言って、蹴られたヤツなんですよ(笑)

タモリ:いちゃついてるっていうか、もっと先だったんだよ(笑)

明石家さんま:もう、テレビでは、いちゃついてた、で良いでしょ(笑)

タモリ:俺、まさかテレビのことであなたに注意を受けるとは思わなかった(笑)

【関連記事】
明石家さんま「テレビ東京の番組に二度と出ないと決意したワケ」

明石家さんま、中川家・剛のパニック障害も笑いで救う「おぉ、パニックマン」

ナイナイ岡村が語る、丸くなった明石家さんま「昔は『俺の番組潰す気か』と言われた」

マツコ・デラックスが語る、明石家さんまに言われて泣いて喜んだ一言


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,タモリ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組
次の記事:タモリ「カツラ疑惑が広まったのは、明石家さんまのせい」

前の記事:千原ジュニアが語る、タモリの『いいとも』起用という冒険