TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次 「光浦靖子『いいとも』出演時に、わざと花を贈らない」

加藤浩次 「光浦靖子『いいとも』出演時に、わざと花を贈らない」

2008.11.29 (Sat)
2008年11月28日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、光浦靖子と加藤浩次の微妙な関係について語られていた。話の発端は、光浦靖子が11月27日放送の『笑っていいとも』にテレフォンショッキングでゲスト出演していたこと。

その際、あらかじめ加藤は光浦がテレフォンショッキングに出演することは知っていた。だが、花輪をあえて贈らなかったそうだ。そのため、タモリも不思議に思ったのか、「どうして加藤の花がないんだ?薄情だな」と言っていた、とのこと。

そもそも、加藤は光浦とプライベートで食事や飲みにも行く仲だそうだ。加藤の家族とも一緒に行動することもあった、とのこと(だが、子供はなついておらず、光浦が抱こうとすると泣き出してしまうそうだ。その上、いきなり吐いて光浦の服を汚してしまった、というエピソードも話されていた)。ところが、加藤は「わざと」花輪を贈らなかった、と語っていた。

どうして贈らなかったのか、その一端となるような話を、加藤は今回の放送で以下のように話していた。

「光浦が、カラオケに行くと薬師丸ひろ子さんの『あなたを・もっと・知りたくて』を必ず歌う」と加藤は話し始めた。その理由として、「自分のことを、薬師丸ひろ子さんに似ていると思っているんだよ」と、話していた。

「まったく似てないよな。それなのに、自分のことを薬師丸ひろ子さんに似ていると思っている。そういうところがあるんだ」と、少し思い上がっているようなところが光浦にはある、と加藤は話していた。

実は、こういうところが加藤にとっては受け入れられないところのようで、友達でありながら、少し厳しく当たってしまうそうだ。「だから花を贈らなかった。知ってて、わざと花を贈らなかった」と、加藤はその理由を話していた。

【関連記事】
加藤浩次の吠え魂 トーク集

森三中・村上の結婚後、黒沢がしていること


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:ウソチクの泉-第16回~第30回放送分

前の記事:加藤浩次 マツコデラックスとキスする?