TOPにけつッ!! ≫ 千原ジュニアそっくりな女が登場する漫画『ギャングース』

千原ジュニアそっくりな女が登場する漫画『ギャングース』

2014.03.26 (Wed)
2014年03月24日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』(毎週月 25:23 - 25:53)にて、お笑い芸人のケンドーコバヤシが、肥谷圭介 著(ストーリー共同制作 鈴木大介)の漫画『ギャングース』(モーニングKC)について語っていた。

ギャングース
ギャングース(1) (モーニングKC)

ケンドーコバヤシ:ジュニアさん、漫画とか最近、読まないですか?

千原ジュニア:漫画ですか?読んでないですね。

ケンドーコバヤシ:オススメの漫画あるんですよ。

千原ジュニア:はい、はい。

ケンドーコバヤシ:読んでる方もいらっしゃるかもしれませんけども。『ギャングース』って漫画があって。モーニングで連載されてるんですよ。ノンフィクション本をもとに漫画家してるんですけども。軽く説明すると、少年院に入ってた3人で、身寄りも戸籍もないような3人が、就職できない。自分らで"ギャングース"っていうチームを結成して、サギ団体などを叩いて、お金を巻き上げて、自分らのお金にする。悪から奪うっていう。

千原ジュニア:なるほど。

ケンドーコバヤシ:ギャグ混じりで、それでいて熱い漫画なんですけど。

千原ジュニア:はい。

ケンドーコバヤシ:本当に、東京ではこんなこと起こるんやなって思うくらい、取材に基づいて書かれてる本なんで、勉強になるというか。「こういうの来たら気をつけてください」って漫画なんですよ。

千原ジュニア:はい。

ケンドーコバヤシ:情報収集を、キャバクラでやるんですよ。飲んでて、羽振り良さそうなヤツが入ってきたら、聞き耳を立てて。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:なぜか、"ギャングース"の隣には、ブサイクな女の子しか付かないんですよ。

千原ジュニア:はい。

ケンドーコバヤシ:聞き耳を立てて、「○○市で、最近、老人の多い街がある」みたいな。「これはオレオレ詐欺をしとるな」みたいな。メモって。

千原ジュニア:はい。

ケンドーコバヤシ:その中で、ブスな女の子が、「ねぇねぇ、○○しようよ~」とか言って。「うるせぇな!」って怒鳴るんですけどね。その一番ブスな女の子に、「うるせぇな!この千原女!」って言われるんですよ(笑)

千原ジュニア:はっはっはっ(笑)

ケンドーコバヤシ:顔面、ジュニアさんそのもの(笑)ジュニアさんが、巻き髪してドレス着て出てくる(笑)「うるせぇな!この千原女!」って(笑)

千原ジュニア:うわぁ、実写化出たいわぁ(笑)

ケンドーコバヤシ:真っ先に決まりますよね(笑)

千原ジュニア:絶対やん。よっしゃ、一本拾った!(笑)

ケンドーコバヤシ:多分、近いうちに映画化されるんじゃないかって、よくできた話で。

千原ジュニア:あぁ、そう。

ケンドーコバヤシ:勉強にもなるし、怖さもあるし。

千原ジュニア:へぇ。

ケンドーコバヤシ:ぜひ読んでください。

千原ジュニア:俺、数々そういうのに出てきてるんですよ。「モデル、俺やろ」みたいな。たとえば、『稲中卓球部』も、3人集めたら、俺やろ(笑)

ケンドーコバヤシ:稲中顔ですね(笑)僕もたまに、モテないオ○ニーばっかりしてるような役で出ますね(笑)

千原ジュニア:へぇ。歌舞伎町でも無料案内所で、「ここ、めっちゃ安いで」みたいな看板になってるらしいな(笑)

ケンドーコバヤシ:2人がイラストになってね(笑)

【関連記事】
千原ジュニア、10人以上の後輩芸人を巻き込んだ兄弟ゲンカをしていた

千原ジュニアも感心するベッキーの気遣い「ベッキーは本物」

千原ジュニア、高須クリニック院長による整形手術を受けていたと告白


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 千原ジュニア,ケンドーコバヤシ,ギャングース,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  にけつッ!!
次の記事:織田信成、浅田真央への厳しすぎる採点を批判「回転不足って、どこ見とんねん!」

前の記事:能町みね子、Wikipediaの生まれ年が2003年になったワケ