TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 本当は元気じゃない?小島よしお

本当は元気じゃない?小島よしお

2008.11.22 (Sat)
2008年11月22日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、タイ式マッサージに行ったときのことが語られていた。スッキリ!の後にがっちりマンデーを2本撮りした。疲れたので、加藤はマッサージ店に行ったのだという。

同行のチーフマネージャー・鈴木とは受付で別々に案内されたので、「一緒じゃないのか」と思ったが結局は同じ部屋に通されたのだという。一緒のコースを選んだのに、鈴木は仰向けで、加藤はうつぶせにさせられるという、適当な感じのマッサージは始まった。

加藤を担当したのは、角刈りっぽい頭の女性。膝の裏をグリグリと踏みつけられ、大腿をパンチされたのだという。気持ちいいどころか、かなり痛いマッサージだったそうだ。痛みで声を上げるたび、その担当していた女性は「へへへへっ」と笑うのだという。まるで楽しんでいた様子だった。

ようやく仰向けで普通のマッサージが始まると思いきや、股関節をグリグリと押されたのだという。かなりきわどいところまでマッサージされた、とのこと。「まるで罰ゲームのようだった」と加藤は語っていた。

だが、このままでは終わらなかった。さらに以下のようなことが起こったのだという。

声を上げると、外からのぞき込んだ女性がタイ語で角刈り女性に話しかけた。すると、その角刈り女性はさらに強くマッサージを始めた。「さらにやってやれ」と指令があったのではないか、と加藤は思ったようだ。さらにもう一人がやってきて、首をグイグイとやられたそうだ。加藤が痛みで悲鳴を上げると、その度に店の奥からは笑い声があがったそうだ。

マッサージを終えて、首のスジを違えてしまった加藤が外に出ようとすると、日本語の分かる男の店員が「今日は芸能人の日なんですかね」と言ってきた。聞くと、「今日は加藤さんも来て、その前に小島よしおさんも来たんですよ」と言ったそうだ。

「だから、小島よしおも疲れてるんだよ。『そんなの関係ねぇ』なんて言ってらんないんだよな。(疲れとは)関係なくないんだよ」と普段は元気いっぱいの小島も、やはり疲れとは無関係でいられない、と再認識させられたようだ。

【関連記事】
加藤浩次の吠え魂 トーク集

有吉弘行の「あだ名芸」で、菊川怜が号泣?


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:ウソチクの泉-第1回~第15回放送分

前の記事:加藤浩次が語る「錦織圭と福原愛の熱愛報道」