TOPラジオ番組用語辞典 ≫ ラジオ番組用語辞典

ラジオ番組用語辞典

2013.03.23 (Sat)
このページでは、ラジオ番組中に登場する用語を解説しています。聞きなれないと意味が分かりづらい単語について解説を行い、ご理解にお役立ていただければと存じます。

なお、誤字脱字・誤り指摘、掲載希望、ご質問などに関しては、お手数ですが、ページ上方の「お問い合わせ」から、お知らせいただけますでしょうか。ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

ア行

奥田泰(読み:おくだたい):(オードリーのオールナイトニッポン)元・ハガキ職人で現在、『オードリーのオールナイトニッポン』構成作家。妻がいる身ながら、吉本興業の女性社員にキスをした、とナインティナインの岡村隆史にバラされていた(引用:ナイナイ・岡村が語る「吉本興業のコネ入社の実態」)。

カ行

ガンちゃん(読み:がんちゃん):(オードリーのオールナイトニッポン)お笑いコンビHi-Hiの岩崎一則のこと。

サ行

ズレ漫才(読み:ずれまんざい):(オードリーのオールナイトニッポン)オードリーの漫才スタイルのこと。若林の話に対し、春日が関係ない意味不明なツッコミやタイミングの悪い発言を行い、若林がツッコミを入れるというスタイルである。

サトミツ(読み:さとみつ):(オードリーのオールナイトニッポン)お笑いコンビ・どきどきキャンプのツッコミ、佐藤満春のこと。トイレのことに詳しく、トイレ芸人としても活動も行っている。現在、放送作家としても活躍しており、『オードリーのオールナイトニッポン』の構成作家を行っている。オードリーのライブで作家として参加している。

タ行

チーム付け焼き刃(読み:ちーむつけやきば):(オードリーのオールナイトニッポン)『オードリーのオールナイトニッポン』のスタッフのことを、オードリー若林正恭が呼ぶときの名称。企画をリスナーに丸投げするなどの傾向があったり、企画をあまり練らないといった傾向があるため、命名された。

ツチヤタカユキ(読み:つちやたかゆき):(オードリーのオールナイトニッポン)『オードリーのオールナイトニッポン』のネタメール職人であったが、そのネタの質や手数の多さに驚いた若林正恭が、「構成・放送作家にならないか?」とコンタクトをとったところから、しばらくの間、若林について見習いを行っていた。だが、挫折して現在は地元に帰っている(オードリー・若林「ツチヤタカユキが構成作家見習いを辞めた本当の理由」)。

ナ行

中村岳人(読み:なかむらたけと):(千原ジュニアのRPM GO!GO!)『千原ジュニアのRPM GO!GO!』のアシスタント。お笑いトリオ・Bコースでタケトの名前で活動していたが、Bコース解散に伴い、中村岳人 名義で活動している。

ハ行

バーヒデ(読み:ばーひで):(オードリーのオールナイトニッポン)モノマネ芸人・バーモント秀樹のこと。略してバーヒデと呼ばれる。本名、今岡正浩といい、ショーパブ『そっくり館キサラ』でオードリーとともにネタ披露を行っている。20年以上、持ちネタを一語一句変えようとせず、アドリブも挟まないため、通称「カセットテープ芸人」と呼ばれる。オードリーに番組中に電話を掛けられると、「大ドカン アーイ!」というギャグを行う。

マ行

マサジーさん(読み:まさじーさん):(バカリズムのオールナイトニッポンGOLD)『バカリズムのオールナイトニッポンGOLD』の構成作家である、放送作家・平松政俊のこと。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ラジオ番組用語辞典
次の記事:バナナマン・日村「ついに仮歯から本歯となる」

前の記事:03/22のツイートまとめ