TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 有吉弘行の「あだ名芸」で、菊川怜が号泣?

有吉弘行の「あだ名芸」で、菊川怜が号泣?

2008.11.15 (Sat)
2008年11月14日放送の『加藤浩次の吠え魂』にて、あだ名芸でお馴染みの元猿岩石・有吉弘行が、某女優を泣かせていたことを明らかにした。話の発端は、『悪魔の契約にサイン』収録中に、有吉が瞬間的にあだ名を披露する芸を行ったときのこと。

いつものように、誰であろうとお構いなしに、強烈な悪口の入ったあだ名で命名していた。もはや説明不要だが、品川庄司の品川には「おしゃべりクソ野郎」、ペナルティのワッキーには、「クソスベリ芸人」、南海キャンディーズのしずちゃんには、「モンスターバージン」などと命名しており、なぜだか妙に納得してしまう特徴を捉えたあだ名を付けている。

その芸を披露し、女優であろうがお構いなしの有吉は、あだ名を命名した。すると「その女優の顔が、一瞬変な顔になった」のだという。その場では、ウケたのだという。オンエア時間は短かったが、実際はそのコーナーはかなり長かったようだ。

一段落つき、次のコーナーに移った。すると、何やらすすり泣くような声が聞こえる。みると、先ほどの女優が泣き出してしまっていた。「どうしたの?」と聞くと、その女優は「さっき…言われた悪口がムカついて…」と言い出したのだという。

一気に盛り下がる現場。「有吉、謝れ」と加藤が言うと、有吉は「どうも…すいませんでした」と全く心の入っていない謝罪をしたのだという。すると女優は「あいつ、ムカつく!」とさらにご立腹になったようだ。有吉は「こっちも仕事なんだよ!」と怒りだし、火に油を注いでしまった。

収録が終わり、加藤は「一緒に謝ってやる」と、有吉を連れて女優の楽屋に向かったのだという。そこで、以下のようなことがあったそうだ。

楽屋に行くとスタッフが「ちょっと待ってくれますか」と止められた。どうやら、まだ泣いていたそうだ。10分間、楽屋の外で立たされていたそうだ。ようやく入室を許されると、泣きやんではいなかった。

「すみませんね、有吉も仕事なんで…それにね、本当に思ってたら、絶対に言いませんから。思ってもいないから言えるんです」と、加藤はフォローに入った。すると、女優は「そうですよね…そうですよね…」と言いながら、さらに泣いていたのだという。最終的には、「場の空気を悪くしてすみませんでした」と女優も謝ったのだという。加藤は、「鬱陶しかった」と本音を漏らしていた。

加藤は、「20歳くらいの女の子なら分かるけどさ、30歳代なんだぜ。しかも、マツコデラックスの誕生日だったから、サプライズパーティーをその後に控えてたのに…」と、やっかいなことに巻き込まれたことを明らかにしていた。

ちなみに、マツコの誕生日は10月26日であり、その近辺の放送日を考えると、11月5日(水)放送分のゲストである菊川怜(30)が該当する。有吉は菊川怜を泣かせてしまったのだろうか。

【関連記事】
加藤浩次の吠え魂 トーク集

マツコデラックス「加藤浩次をオカズにしたことがある」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 菊川怜,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:テリー伊藤「葉山エレーヌ の笑顔は…」

前の記事:ナイナイ岡村「ラジオで好きなことが喋れなくなる」