TOP祇園笑者 ≫ 『ホームレス中学生』で2億円を手にした麒麟・田村「突然、数億円をもらうと不幸になる」

『ホームレス中学生』で2億円を手にした麒麟・田村「突然、数億円をもらうと不幸になる」

2014.03.10 (Mon)
2014年03月07日放送の読売テレビ系の『祇園笑者』(毎週金 25:33 - 26:33)にて、お笑いコンビ・麒麟の田村裕(以下、田村)とキングコングの西野亮廣(以下、西野)が出演していた。そこで、田村が突如降って湧いたようなお金はすぐに消えてしまい、決して幸せにならないと語っていた。

田村は、自身の半生を描いた小説『ホームレス中学生』が大ヒットし、2億円もの印税が入ってきた、と公表している。その2億円は、すでに使いきっているという。

ホームレス中学生
ホームレス中学生 (幻冬舎よしもと文庫)

西野:僕はもう33歳なんですけど、ウォルト・ディズニーがミッキーマウスを生み出したのが32歳なんです(注釈:実際には、1901年にウォルト・ディズニーは誕生し、ミッキーマウスの第一作『蒸気船ウィリー』を1928年に公開しているため、27歳時にはすでにミッキーマウスは誕生している)。

田村:うん。

西野:ヤバイ、と。負けてるで、って思って。だからすぐに焦ってしまうんですよね。

田村:それやったら、急いだ方がエェよ。

西野:アイツ、ホンマに凄い。

田村:そりゃそうや。でも、可能性あると思うから、頑張った方が良いと思うよ。

西野:ウォルト・ディズニーですか?(笑)

田村:ディズニーだって、馬鹿にされたと思うよ。「将来、自分の作ったキャラクターで、世界中に遊園地作んねん」って。

西野:アニメーターさんですからね。ありえないですよね。

田村:馬鹿にされたと思うよ。だから、やった方がいいよ。やって、死んでからみんなに判断してもらったらエェやん。

西野:イヤやなぁ(笑)やっぱね、ちやほやされたいんですよね。

田村:生きてるウチに?(笑)

西野:生きてるウチに。めっちゃチヤホヤされたいんです。多分、みなさんが思ってる以上にチヤホヤされたいんです。

田村:それやったら、もうカネしかないよな。

西野:はっはっはっ(笑)

田村:俺は一度、2億円あったんですけど、まぁチヤホヤされたね。ホンマ凄いわ。飲み屋行ってみ。

西野:違うんですか?

田村:全然違うよ。

西野:お金があったら?

田村:全然違う。カネの力はイカツイ。ダメ(笑)無い方が良い。

西野:あぁ、変に勘違いしちゃうから。

田村:勘違いしちゃうし、無くなった時に落ちぶれるくらいなら、ハナから無い方が良い。

西野:凄いですよね、田村さんのお金に関する極端な経験は。

田村:極端やな。ダンボールから、とろけるステーキまで。

西野:ふふ(笑)

田村:そりゃあ、その幅は凄いよ。

西野:凄い落差ですよね。

田村:みんなね、「宝くじ当たって欲しい」って言うけど、何億とか当たったら、絶対に不幸になりますよ。

西野:あぁ、そんなもんですか?

田村:そりゃそうやで。使い方知らんねんもん。学校の授業で、「2億円の使い方」ってないねんもん。

西野:ないない(笑)

田村:そりゃメッチャ賢い人はいけるかも知らへんけど、だいたいの人は、「家を買って…」ってなんねん。仮に3億円当たって、1億円の家を買って、2億残ってます、その2億あるから、両親にも家を買おうかって。

西野:はい。

田村:5千万円の家をさらに買っても、さらに1億5千万円ある。それで「お金もあるし、商売でも始めようか」ってなって、何千万円使うってなるやん。それで段々、減っていくわけですよ。

西野:なるほどね。

田村:ある時、絶対にゼロがくるんですよ。常に増え続けるワケがないから。ましてや、自分で1からメッチャ勉強して、一発「俺は商売で当てんねや。よし、やるぞ!みんながやってへんこと見つけな!」ってなって始めた商売とは違うわけですよ。ポンってカネが入って「ほな、商売しようか。…ラーメン屋エェんちゃうん?」っていうのとはね。

西野:なるほどね。

田村:「内装、力入れて」ってやっても、味が追いついてへんから。もしくは、本人のバイタリティが追いついてなかったら、どっかで絶対に潰れるんですよ。先には、失敗しか残ってないんですよ。

西野:なるほど。2億を扱える能力がある人には、もう放っておいても2億入ってるんですよ。

田村:そうそう。

西野:無い人が、2億円を持ってしまうから、タチ悪いってことですね。

田村:周りも見る目が変わりますしね。家にスッゴイ、「マンション買いませんか?」ってパンフレット来るんですよ。

西野:はっはっはっ(笑)えぇ?

田村:何で情報くるか分からないんですけど、やっぱり来るんですよ。

西野:怖っ(笑)

田村:だから、100万円とか当たるのが一番良い。10万円でもね。10万円なんて、メッチャ嬉しいやん。

西野:嬉しい(笑)

田村:そんなんが一番エェねん。今ある生活のちょっと先にあるものが、突然手に入るくらいが一番良いんですよ。

西野:なんか凄いですね(笑)講演会みたいになってきましたね(笑)

田村:何もオモロないけどな(笑)

【関連記事】
バナナマン・設楽「とんねるずの『買う』シリーズとカネの価値」

有吉弘行「ビッグダディも結局はカネに群がる汚い人間になった」

おぎやはぎ矢作、IT長者などの成金が嫌いだと発言「遊び方がダサい。群がるのは質の悪い女」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 田村裕,西野亮廣,麒麟,キングコング,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  祇園笑者
次の記事:伊集院光、佐村河内ネタは飽きられているが触れたくなる「危険な誘惑」

前の記事:千原ジュニアも感心するベッキーの気遣い「ベッキーは本物」

本日の注目記事